ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ドミニオン基本第二版 追加カード
0

    JUGEMテーマ:ゲーム



    基本2とか略してましたけど、基本第二版という言葉がありましたね。
    さて、前回に続き、その基本第二版の話を。
    追加となった7種のカードについて、そこまでプレイできてるわけでもないですが、所感を残しておこうかと思います。
    とはいえ、日本語版の発売がまだなので、日本語訳はオンライン版準拠で、これとは違うかもしれません、ということで。

    陶芸家(Artisan) コスト6 アクション
    コスト5以下のカードを獲得し、手札に加える。
    手札からカードを1枚選び、山札の一番上に置く。

    基本1で弱すぎて話題にもならない冒険者が消えた代わりに追加された、基本第二版唯一の6コスト。
    やっぱり金貨と比べられるわけですが、5コスト以下を無条件に獲得できるため、単純に一定の強さはありますね。
    このカードもですが、やっぱり全体的にコンボ寄りというか、村系カードが手に入るなら、この陶芸家を金貨よりも優先して獲得しても良いかもしれませんね。
    でも最初の6金はやっぱ金貨かなぁ、悩ましい。
    手札が「金金銀属陶芸家」の5枚とかに終盤なるなら、公領を陶芸家で獲得して、それをデッキに戻して属州買って、で9点プレイできますね。
    まあ、いつもの理想論で、あんま現実に起こらなそうだけども


    山賊(Bandit) コスト5 アクション、アタック
    金貨を1枚獲得する。
    他のプレイヤーは全員、自分の山札の上から2枚のカードを公開し、その中の銅貨以外の財宝カードを1枚廃棄し、残りを捨て札にする


    強化版泥棒、とか言われてますけど、財宝カードを盗むというか獲得する効果はなくなってるんで、プレイ感覚はもう全然違いますね。
    とりあえず金貨を獲得できるんで無駄打ちや、泥棒でよくあった銅貨を廃棄することで相手の圧縮を助けてしまう、ということはないです。
    でもなぁ庭園といいコンビだった泥棒がなくなったのは、庭園の弱体化と言えてしまうのでは…
    一方的に使われると、自分のデッキから必要な財宝カードが消えていくので、基本的に打ち合いになる傾向。


    先駆者(Harbinger) コスト3 アクション
    +1カードを引く
    +1アクション
    捨て札のカードを全て見る。その中の1枚を、デッキの一番上に置いてもよい。


    地味に基本第二版で、捨て札のカードを見ることができるようになりました、この先駆者のお陰で。
    そしてカードの再利用やら、前ターンに獲得したカードを次のターンに確実に使えるようになったりと、やはりコンボの流れが押されています。
    銀貨とどちらが良いか迷いますが、1枚ぐらい入れておいても無駄にはならないかなという印象ですね。
    捨て札がまったくないときに来られると、悲しみですが。


    商人(Merchant) コスト3 アクション
    +1カードを引く
    +1アクション
    このターンに初めて銀貨をプレイした時、+1コイン


    銀貨があれば、+1コイン、まあ基本的に銀貨があるだろうという想定の際に、デッキに入れると強いよね、という感じですね。
    デッキを回しながら、コインを生めるので、その手のデッキに良いという印象ですが、基本のみの環境でそれが起きるかというと怪しいような…?
    まあでも圧縮前提ですが、引いたカードが+2コイン生むなら、その時点で銀貨より強いわけですからね、サプライによってはすぐ一山枯れますわな。


    密猟者(Poacher) コスト4 アクション
    +1カードを引く
    +1アクション
    +1コイン
    カードが1枚も残っていないサプライ1つにつき、手札1枚を捨て札にする


    で、こっちは銀貨を使わずとも1コイン付いてます、というキャントリップ。
    空のサプライがあると捨て札にしなければならないので、後半不利な印象。
    とはいえ、それって基本環境だけで、後の拡張には捨てることで利用できるカードもあるんで、それで弱いってことはないんですが。
    地味にこれで捨てたものを先駆者で次のターンに、みたいなことできますね、やっぱりコンボの流れかなと。


    番兵(Sentry) コスト5 アクション
    +1カードを引く
    +1アクション
    デッキの上から2枚のカードを見る。
    その中から好きな枚数を廃棄し、好きな枚数を捨て札にして、残りを山札に好きな順番で置く。


    基本には礼拝堂という強力な廃棄カードがあるのに、まだこんな強い廃棄カード出て来るのか!と驚いたカード。
    書いてある文章より、実際に使った際の印象の方が強く感じますよね。
    こういうカードが出ると、やっぱりドミニオンって廃棄してナンボやな、とか感じます。
    とにかく出てたら最初の5金で買おう、って感じです。


    家臣(Vassal) コスト3 アクション
    +2コイン
    デッキの1番上のカードを捨て札にする。
    そのカードがアクションカードの場合、プレイしてもよい。


    いやー、これもコンボですねー、って感じですね。
    やはり上記のデッキトップを操作するカードと組み合わせて、コンボを繋げていきたいところ。
    地味に勝利点がめくれたとしても、それはそれで、というところですけども。
    アクションが増えていく場なら、銀貨より優先しても良いかもしれませんね、でも基本環境でどうなんだろうね


    全体見渡しても、やっぱりコンボの流れだなぁという印象ですね。
    その上で、後の拡張とのシナジーも、さっと思いつく程度にはいろんな効果がありますし。
    基本第二版、やっぱりいい感じだなー、って思いますのでオススメですよ、今からドミニオンやるのも、ってこの記事見てるのは大半経験者でしょうけどw

    | うたまん | ドミニオン | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    最近のドミニオンのお話
    0
      で、散々最近のゲームが、VRが、とか言っておいて、結局またドミニオンの話をするんですけども。

      本国アメリカでは、最新拡張のノクターン(夜想曲と名付けられるでしょう)が発売され、そして日本では初代ドミニオン(通称基本)の、2ndエディションが発売となります。



      この2ndエディション、まあ基本2とでもしときましょうか。
      一部カードが初代基本と代わってまして、既に私なんかは英語版を買ってプレイしているわけなんですけども。
      一方で我がサークルLEDのドミニオンプレイヤーの中にも、初代基本と基本2の違いを知らない人がいたりとか、なにせ初代ドミニオンがリメイクされて発売されるということで、この機にドミニオンを始めるという方もいたりとか。
      そんな話もあったので、せっかくだからLEDのドミニオンプレイヤー向けにでも、基本2のお話をして、ついでにドミニオンを始める人のお役に立てたらいいなぁ、と思って簡単にまとめてみます。
      なお、簡単なまとめじゃなくて、詳しいことを知りたい方は、ドミニオンwikiを見た方が、話が早そうですw


      まずは、基本1と基本2の違いについて

      収録カードが一部違っております。

      基本1にしか入っていないもの
      木こり、宰相、祝宴、泥棒、密偵、冒険者

      基本2にしか入っていないもの(暫定的にオンラインでの名称にて表記)
      陶芸家、山賊、先駆者、商人、密猟者、番兵、家臣


      ま、色々意見はあると思うんですが、基本的には基本1で不人気だったカードがなくなって、新カードが追加になっていますよ、という感じです。
      そして、今にして思えば、という前提は必要ですが、基本1はあまりに金貨が強すぎた、というゲームバランスだったので、そこを改善するようなカードが入ってきた、という印象ですね
      ドミニオン用語的には、財宝プレイとか、ステロプレイが強かったので、コンボプレイを強化するようなカードが増えたという印象でしょうか。


      で、どちらも変わらないよ、という点について

      基本1、基本2、どちらもそれだけ買えば、ドミニオンをプレイできます。
      ドミニオンのルールについて、大きく変更はありません。


      なので安心して、どちらからでもドミニオンを始めていただければ、と思います。
      (まあ、今基本1の方はまさかのプレミア価格になってるんですけども…)

      そしてこのドミニオンは、日本で「基本」と呼ばれている通り、以降の拡張のカードを語る際に、前提知識として使われる言葉に盛り込まれているカードが多いです。

      +2アクションのカードを「村系」と呼んだり
      廃棄したカードのコスト+2までを獲得、という効果を「改築系」と呼んだり
      他プレイヤーの手札を3枚まで減らす効果を、「民兵効果」と呼んだり
      廃棄の効果は「礼拝堂」と、ドローの効果は「鍛冶屋」と比べられたり、などなど

      ドミニオンプレイヤー同士の感想戦では、普通にこういった用語が出て来るので、やっぱり基本のカードは抑えておくべきだろうなぁ、という印象でございます。
      ま、経験者としては、こういう専門用語使わないで説明できるようになりたいな、とも思う所存ですけど、なにせ便利なのでね…

      そしてこれ以降は、基本2の新規カードを含めて、基本全体のカードについてでも語っていけたらいいかなぁとか考えております。お楽しみに?
      | うたまん | ドミニオン | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      最近の、というか今年のゲームの話
      0
        久々ドミニオン絡みじゃない記事更新。どうも、うたまんです。
        相変わらずドミニオンやってるんですけど、それ以外のことを書こう、と思って気付いたんだけど、これあれだ、タイミング的にも2017年の振り返り、みたいになりそうです。

        この一年何をしていたか、というとまあ自分のサークルやってたよね、というのが一番大きなこととして出てくるんですが。

        このブログに関することでいうと、前年である2016年の末から、ペルソナ5をやってました。
        このペルソナ5が、本当に面白くて、なんというか人狼やらアグリコラやら、そしてもちろんドミニオンやらのアナログゲームを始めてからというもの、どうしても「デジタルゲームってあんま面白くなくなっちゃったな、卒業かな」とかいう考えが頭を過るようになってたんですけど、それを一変させてくれました。
        もう本当に面白かった、元々ペルソナ4が最高に面白かったこともあり、「続編出たって絶対あの最高の4は超えねぇよ、無理だよ」と思っていた温度差なのか分からないけれど、超えましたわ、超えましたよあの4を、ペルソナ5は!という感じで、ドハマリしました。

        で、そこからの流れで「やるやんデジタルゲーム!」ってなりまして、ちょっといろいろやってみようかと思い立ちまして。
        で、まず買ったのがSwitchでした。
        これもまあ偶然というか、本当にたまたま嫁が見かけて買っておいてくれて、という感じで、でもいつもの通り私は「そんなSwitch買ってもやるゲームないやんけ」って放置してたんですよね。
        そんなところに発売したての『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』をメットが持ってきてくれまして。

        メット曰く「うたまんがプレイするところを見たい」ということで。
        でも私、ゼルダは3Dになってからハマれないからなぁ…とかぶつくさ言いながら始めてみたら、これがもう本当にドハマリでして。
        私は基本的に、どんなに面白いゲームも、眠さとか疲れとか感じるので、とりあえずで中断することが多いんだけど(そしてそのまま積むということにもなる)、このゼルダに関しては、そのプレイが見たいというメットが帰った後もプレイを続け、気づいたら朝。
        おいおい、ゲームで徹夜とかいつぶりだ…?って思いましたけど、よく考えたらペルソナ5でやってたわ、大丈夫とか思ったんだけどそこからが大丈夫じゃなかった。

        ホントあほみたいにプレイしてまして、嫁とSwitchの取り合い、充電し忘れようもんなら夫婦喧嘩、ってくらいでした。
        いつの間にかプレイ時間も100を超え、そんな頃には一応のクリアを迎え、そのタイミングでDLCが登場したので、ソフトはメットからの借り物なのに、とりあえずそのDLCを購入(後に結局ソフトも買いましたけどw)、剣の試練ムズいなぁとなりつつ、でも2周目もやりつつと。
        そもそもゲームで二周目ってのも本当にいつぶりなのやら…とにかくハマってましたわ。
        そしてその流れでマリオカートやったりも。
        残念ながらイカは相変わらずプレイしてないんですけど、Switchのハードとしての優秀さも体感しつつ、久々ゲーマーやんけ!って気分になりましたね。
        ここまでが今年の上半期ぐらい。


        で、前にブログの記事にもしましたが、7月にドミニオンの日本選手権に行きまして。
        そのタイミングで、新宿にできたばかりの、VR新宿に、一緒に来ていたナベデンさんと行きました。

        何かと新技術に疎いワタクシは、嫁がVRを様々体感するのを隣で見ながら、「すげー、けどそんなに面白くなさそう」とか冷めた目でばかり見ていたので、実質これがVR初体験。
        その初体験に、ホラーゲームの脱出病棟Ωをプレイするという、今から思えば狂気だな、って感じなのですが、その時はナベデンさんとも「せっかくVRやるんだから、ホラープレイしとかなきゃ」とか軽い気持ちでしたね。
        実際プレイしたらホントに死ぬかと思ったんですけど←

        で、それ以外にも様々VRを体験しまして、そのすごさを改めて認識しまして、そこからPSVRを買うという流れに繋がりました。
        新型の発売まで待つことになりましたけども

        そうそう、その日本選手権終わった辺りから、ドラクエ11もプレイしてました。
        なんだかんだまだ裏ボスまで倒せていないという、またもやな積みっぷりですけど、それでも面白さは十分体感できたなと。
        いや正直ゼルダの後だったんで、プレイ始めたての頃は「あれ…?こんなもん…?」とか思っちゃったんですけどね、素直に面白かったですよはい

        そしてそのVRすげーなー、って流れとは関係ないはずだったんですけど、関係あると言えてしまう、ジャパンアダルトエキスポ、通称JAEに行ってきたのが先月でした。
        という感じで。
        あ、ちなみに今はまだ、オカルティックナインのプレイ中でございます。

        なんというか、柄にもなく最新技術に触れて、わりと今年発売のゲームをしっかりプレイする機会に恵まれてと。
        今年はちゃんとゲーマーしてましたね、持ってて良かったゲームブログ、なんて

        なんだかんだと、VRのゲームに関しては、まだまだ出揃ってないな、という印象なので、来年はVRの家庭用ゲームに期待しつつ、外で体験できる機会に出かけてみようかなと思ってます。
        まあ、今年もまだひと月ある上に、冬コミでもう一度新宿VR行こうと思ってるんですがw
        とりあえずゲームプレイしたら、このブログ更新したいよね、と思うくらいにはちょっと熱意出てきたよ、というお話でした(でもそれ書いて多分また更新しなくなるけどな←
        | うたまん | ゲーム | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ドミニオン日本選手権2017に参加してきました!
        0

          JUGEMテーマ:ゲーム



          はい、というわけで、参加者の皆様がドンドンとレポートを上げている中、かなり遅いですが、私うたまんも、レポートを上げてみようと思います。

          愛知県で一番参加者の多いドミニオンサークル(自称、だけど多分ホントにそう)でもある、LEDの代表として、LEDのドミニオン部会の代表(一番強い)ナベデンさんと共に、ドミニオン日本選手権2017に参加してきました。

          ドミニオンの日本選手権も行われた、ホビージャパンゲームフェスティバルの詳細についてはこちら

          なにせ初めてのことなので、どういうテンションで行ったらいいんだろうなぁとか思いながら、終わって早く飲みたいよね、という話もありまして、午前の部で申込み、開場前に着いてしまうという始末w
          まあ早めに着いたこともあって、物販で珍しいもの見つけることができたんですけども。

          受付の際に、「午前の参加者が多すぎて不利なので、午後にシフトしてくれる方募集」という、ドミニオン日本選手権初めての対応が行われつつ、私たち二人はそのまま午前の部に残留。
          で、10時半過ぎから、一回戦が行われました。
          以下はさすがにドミニオンを分かっている人でないと、読んだところで…みたいになりそうですが、プレイ日記みたいなもんだから…興味がある人はドミニオン部会来てね、ということでw


          午前の部1戦目
          民兵、書庫、執事、鉱山の村、橋
          改良、原住民の村、海賊船、宝の地図、海の妖婆

          1番手、2番手(ナベデン)、3番手(うたまん)、4番手

          ということで、この一回戦だけは唯一、ナベデンさんと同卓してのプレイ。始めから唸らせるサプライだなぁと思いつつ、執事−海の妖婆で入りました。でも、確かこの時点で妖婆取ったのは私だけだった気がする。
          始まる前の個人的な想定では、とりあえず急いで改良を取って、圧縮を速めて橋と村を集めるコンボ場かな?という印象だったんだけど、一番手の人が民兵を取ったこともあって、むしろ書庫ステロかな?とか思っていた一方で、その一番手の人が海賊船も取っていて、圧縮もされるしどうしようかなぁという感じ。
          4番手の人は構わずスモールブリッジを作る流れで綺麗にコンボをしている中で、とりあえず改良と執事で圧縮しつつ鉱山の村を爆破させたりして、無理矢理8金作って属州買ってた記憶。
          40分の時間制限があって、それのせいで属州が枯れる前に終わってしまったので、なんだか不完全燃焼な回でしたが、とりあえず2位。1位は4番手の方でした。
          (大会VP3点)


          午前の部2戦目
          庭園、役人、魔女、中庭、交易場
          公爵、大使、密輸人、引揚水夫、バザー

          1番手、2番手(うたまん)、3番手、4番手(大使買わない人)

          手番順が正確だったか最早覚えていない…やっぱりレポートはすぐ書かないといけませんね←
          またもや大変唸る、悩むサプライで、特殊勝利点に行くのかどうか悩むところ、私は役人−銀貨で入ったんですが、3番手の方が交易場−中庭でやばそう、と思ったのは強烈に覚えてます。
          しかも、庭園に行こうと役人−銀貨で入ったのに、誰も魔女も大使も買う気配なし!となってマジかどうしよ…と悩んだ結果、引揚水夫買ったり魔女買ったりと、一番ブレブレな戦いでした。
          やっぱり率先して庭園行くぐらいの気持ちでよかったんや…1位は公領公爵プレイで大使買わない宣言してた人だった記憶
          (大会VP3点)


          午前の部3戦目
          木こり、鍛冶屋、書庫、秘密の部屋、貧民街
          拷問人、寵臣、停泊所、見張り、島

          1番手(開場前に顔合わせてた人)、2番手、3番手(うたまん)、4番手

          だいぶ下位のテーブルに落ちてきたので、最早本選出場はないだろうなぁというテンションで話し合っていた状況で、また厄介そうなサプライが…悩みつつ、先ほどのサプライで庭園行かなかったから負けた反省から、やはり好きなカードで戦おう!ということで島−銀貨。
          2番手の方が見張りで事故ったり、1番手の方が率先して拷問人プレイをしている流れから、対応策として急ぎ書庫を買ったんですが、これが大正解で、早いうちから属州が買え、5金以下の際には島を買うというプレイを続けて1位。
          とはいえ、2番手の方とは2VP差とかだったので、危うく2位だったかもしれませんがw
          (大会VP9点)


          午前の部4戦目
          村、改築、金貸し、共謀者、偵察員
          銅細工師、貴族、抑留、策士、探検家

          1番手、2番手、3番手、4番手(うたまん)

          ここで1位を取れば本線の可能性あり、2位だと厳しそう、という状況だったそうです(同卓のみなさんと話してました)
          そんな中で4番手、これは無理かなーなんて思いながら、サプライは策士ループの予感。とはいえこの場で策士ループは無理だろうなぁ、ということで普通に圧縮して貴族ステロみたいにしようかな、とか考えておりました。
          が、物凄い速さで2番手の方が策士ループを完成、属州7枚獲得という、半端ない状態。
          貴族にもまんまと抑留トークン置かれたりして、おいおい、という感じでした。
          とはいえなんとか頑張って、3番手の方と同率2位。1番手の方が「金貸しが底った…」と言っていたのが印象的でした(可哀想だけどドミニオンてそういうゲームよね、っていう


          こうして振り返ってみると、大会VP的には同率2位の最後の2VPを足して、11VPとなるはずですが、書き間違いだか計算間違いだかで、10.5表記になってましたが、まあ大勢に影響なしということでw
          84人の参加者中、34位ぐらい、ということとなりました。
          当然ながら本線には出られなかったわけなんですが、正直日本選手権なめてたところあったので、参加してよかったです、まだまだドミニオン奥深いわ!みたいなw

          あ、とはいえ、なめてたってのは、レベルが低いってことではなくて、仲間内でプレイする方が面白いんじゃないの?という意味でのなめてたですので、念のため。
          まあつまり、わざわざ東京行ってまでドミニオンをプレイしなくてもなぁ、と思っていたんですが、実際にホビージャパン(というか日本選手権優勝経験者のルネさん)が用意したサプライがとても考えさせるものだったし、全国のプレイヤーと同卓するという貴重な経験も、大変楽しかった!
          こりゃまた来年来よう、と素直に思えるものでした。

          午前の部最終戦であった、インテンショナルドロー?の件とか、午後の部であったイカサマからの一発退場とかいろいろあったみたいですが、個人的には同卓してもらえたプレイヤーの皆様とも軽く交流しつつ、楽しくプレイできたかなと思いますので、本当に感謝です。
          個人的には、40分の時間制限が短いのでは…?と思ってしまうことも多いですが、まあこれは運営上仕方ないかなとも思いますし。
          とにかく、来年の日本選手権も出場するつもりで、今からまたドミニオンをプレイしていこうと思います!なんてなんて
          | うたまん | ドミニオン | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ドミニオン帝国のカード、その1Legionary
          0

            JUGEMテーマ:ゲーム



            気ままにドミニオン帝国のカードの感想を書いていこうと思いますが、今回はあまりにもそのアタック効果が強すぎるので印象に残った、軍団兵(と勝手に訳しました)を取り上げます。

            Legionary(軍団兵)
            コスト5 アクション−アタック
            +3コイン
            手札より金貨を1枚公開してもよい。
            そうした場合、他のプレイヤーは手札を2枚になるまで捨て札し、その後に1枚カードを引く。


            民兵を超える、最強アタックでございます。いや僕の感想ですけども。
            「手札を2枚になるまで捨て札し、その後に1枚カードを引く」、つまりいったん2枚にまで手札が減らされるわけです。
            その後に1枚引けるとはいえ、これがもう本当に嫌になるくらい強いです、当然決着までの時間も長引くこととなります。

            これが5コストで存在できるのは、プレイしたプレイヤーの手札に金貨がなければ、ただの3金を生むアクションである、ということで。
            まあそれでも初手2−5なんかで手をつけられると、早々に金貨獲得の後にアタック効果が発動するようになったりするわけなんですけども。

            厄介さは当然、金貨にどの程度早くアクセスできるかによっても大きく変わります。
            それこそ他に民兵効果や呪いまきのアタックがあるなら、取り急ぎ軍団兵は無視してその効果のカードを使う方が良いでしょう。
            とはいえ、その効果が落ち着いてきたら、軍団兵を取り入れるので十分間に合ったりするので、存在を無視できることはかなり少ないでしょうけども。

            印象に残ったのは、予言者が場にあった時ですね。
            予言者を使うことで金貨が手に入る一方で、他のプレイヤーには予言者の呪い獲得で発生する1ドローさえ無視したハンデスを食らわせるという…
            村→予言者→軍団兵という流れは本当にキレイだなぁと食らって関心しました(まあこれができるということは、既に金貨は手札にあった、ということなんですけども)
            ま、ここまで露骨な流れはそれほどないでしょうが、金貨を生みやすい王国カードが一緒になっている時は、やはり注意するべきでしょう。

            対策としては、当然ながら民兵対策と同じように、強ドローや書庫系などを使うべきでしょう。
            ただ、例えそういったカードがあったとしても、一度2枚まで減らされた手札から、属州を買うというのはかなり難しい印象です。
            軍団兵の打ち合いになると、手札が良くて「軍団兵と金貨」もしくは「金貨と金貨」で、そこからランダムな1枚が追加される形になるわけなんですが、これで8金まで届くかというと結構微妙なんですよね…
            そこで公領を獲得するという流れから、3山枯れでの終了も見えてくることもあったりして。
            どうせ手札は減らされるんだからと、公領を買うという選択肢が出てくるようになるんですね。
            この辺りのさじ加減というか、軍団兵に負けないデッキを作るために時間をかけるのか、公領を狙って早めの終了を狙うのか、というところに頭を悩ませることが多い印象です。
            もちろん、結局のところ他の王国カードやプレイヤーの動向次第ですが、これ1枚で3山枯れまで考慮しなければならない、という印象なので、本当に要注意カードだなと。
            単純に効果に苦しめられる点だけに注意しなければならない、というカードだから印象が強いだけかもしれませんが。

            あと帝国の推奨サプライで、結構な頻度で取り上げられてます。
            この辺も単なる印象なのかもしれませんが、帝国の中でも一番注意すべきアタックだな、とか思ったので一番最初に取り上げてしまいました。
            次以降も、気ままにやります、はい←
            | うたまん | ドミニオン | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>
            + REVIEW
            + CONTENTS
            + NEW REVIEW
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + PR