ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ドミニオン ルネサンス ファーストインプレッション
0

    JUGEMテーマ:ゲーム



    ファーストインプレッションとかいうと、全カード発表になったのか!?と思われてしまうかもしれませんが、違います、プレビューの第一印象です、ということで。

    既に宅飲みという限られたメンバーで、しかも限られた回数ではあるんですが、発表となったドミニオンルネサンスの一部のカードを使ってみました。
    大体はブランクカードを代わりにして、という感じですが…
    で、特に印象に残ったものを取り上げて、語ってみようかな、というお話です。
    でも、長くなったんで、たぶんひとつの記事に収まらないんですけどね…ま、やれるだけやりましょうか


    Star chart (星図)
    プロジェクト 3コスト
    あなたがデッキをシャッフルするとき、その中から1枚をデッキトップへ置いてもよい。


    まずはこれ、プロジェクトという一度買うと永続効果を発揮するイベントのようなもの、そのひとつ。
    デッキをシャッフルする度に、その中から一枚をデッキトップへ置けます。
    その文章で既に「ドミニオンからランダム性が減った…!」とか驚いたわけなんですが、実際に使ってみると本当にすごいですねこれは
    基本、初手にこれと4コストまでのカード、って感じです。5-2など要らなかったのだ、みたいな(さすがに言いすぎか
    そして以降はシャッフルする度にその効果を使えるので、特に廃棄場、あるいは引き切りの安定に驚くほど効果があります。

    もうこれに慣れると、星図なしでドミニオンのプレイできない…とかなるぐらいすごい、スゴイよプロジェクト!


    Treasurer(収入役)
    アクション コスト5
    +3金
    ひとつ選ぶ
    ・手札から財宝カードを一枚廃棄する
    ・廃棄置き場から財宝カードを一枚獲得し手札に入れる
    ・鍵を得る

    Key(鍵)
    アーティファクト
    あなたのターン開始時、+1コイン


    そしてやはりこちらも予想を超えて強いな、と思ったのがこの収入役。
    1足らない妖怪対策になる「鍵」ももちろん、地味に自身で廃棄した銅貨を廃棄場から引っ張ってくる効果も、鍵と同じように属州買いが始まると強いですね。
    そしてこのカードの効果によって、あらゆる財宝カードが廃棄置き場から得られることに!

    ノクターンの魔法のランプやお化け鏡なんかも手に入るということで、環境を変えてくれたな、という意味でも衝撃のあったカードです。


    Flag bearer(旗手)
    アクション 4コスト
    +2コイン
    ----
    このカードを獲得、または廃棄するとき、旗を得る

    Flag(旗)
    アーティファクト
    クリーンナップフェイズであなたの手札を引く時、+1カード


    同じくアーティファクトと共に出てくるアクションカード、旗と旗手。
    旗の強さは予想通り、クリーンナップを1枚増やすんで相当強いんですが、プレイの最中、下手をすると忘れがちになるというのが地味に困るところ。
    まあ慣れかもしれませんけど、他プレイヤーが旗を持っていても、自分に害があるように思えないので、スルーしがちなんですよね…

    しかし手に入れている間は、『これ他のヤツに渡すのやべーわ』となるぐらい、その強さを実感。
    まあ初手が2割増しになってるようなもんですし、旗手そのものも、アクション余るようなら銀貨のような動きはしてくれますからね…取り合いをどう制するのか、頭を悩ませそうです


    Ducat (古金貨)
    財宝 2コスト
    +1財源トークン
    +1購入
    ----
    このカードを獲得した時、手札から銅貨を廃棄してもよい


    強い、というか、使っていて安心だなぁこれ、と思ったのがこの古金貨。
    少なくとも銅貨をトークンに変えていけるので、とりあえず2金出たら買って損なし、という感じ。
    地味に購入も増えてますし、蝋燭職人と違ってアクション要らずで便利です。

    地味にノクターンの家宝と相性悪いな…とか気づきましたけど、気にせず入れるべきカードだなと


    experiment (科学実験)
    アクション コスト3
    +2カード +1アクション
    このカードをサプライに戻す
    ----
    このカードを獲得したとき、もう1枚のexperimentを得る(これによって更に獲得することはない)


    初見で書いた通り、3コストで2枚手に入る研究所、ただしプレイすると消えるよ、という印象通りではあったんですが…いやこれ強いっすよまじで
    地味に消えてくれるのも引き切りの準備が整えばそれはそれでメリットになり得ますし、やはりなんだかんだ言って研究所は強いな、って当たり前のことを再認識します
    「えー、ここで銀貨…?」とか3金余って悩むところでも、とりあえずこれを取っておくという選択肢がありだなと。
    こちらも使っていて安心するタイプのカードでしたね。



    うーん、5つ出しましたが、まだまだ語り足りない…やはり続くと思います、次がいつになるかわかりませんけど←
    | うたまん | ドミニオン | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ドミニオン ルネサンス プレビュー第五弾
    0

      JUGEMテーマ:ゲーム



      ちょっと出遅れましたが、昨日分ということになりますね、ドミニオンルネサンスのプレビュー最終日です
      情報元はこちらです

      予想?予定?通り、プロジェクトというカードについて発表されました。

      プロジェクトは、イベントやランドマークのようにランダマイザで選ばれ、推奨は2枚まで(ここはイベントやランドマーク同様、それらを合わせて2枚までのようです
      で、プロジェクトがサプライに選ばれると、それぞれのプレイヤーは木製のトークン(cubesとあるので立方体なんでしょう)を2つ最初から持つことになります。
      イベント同様に購入することができ、購入した印として、その木製トークンを購入したプロジェクトに置くことで、以降その効果を適宜発揮する、というもののようです。
      つまり一回買ってしまえば、以降は永続、しかも推奨に従うならプロジェクトは2枚までしか選ばれないので、全てのプレイヤーが買うことができるようです

      で、20種類あるプロジェクトから、6種類が公開されました


      Fair (見本市)
      プロジェクト 4コスト
      あなたのターンの開始時に+1購入


      4コストで購入を永続で増やせる、ということに
      場によっては相当重要になりそうな、しかし単純な効果のプロジェクトですね


      Silos (サイロ)
      プロジェクト 4コスト
      あなたのターンの開始時に、好きなだけ銅貨を捨て、公開し、同じ枚数だけ、カードを引く


      そのままサイロ、ってなるかな、とか思ったんですが、飼料倉庫、とかになる可能性もありましょうか…
      さて効果は、銅貨自動変換器、みたいな感じですね。とはいえ、タイミングによっては捨てた銅貨を再度ドローしてしまうかもですが。
      大使やなんかで銅貨がまかれても、ちょっとした対策になりそうですし、そうでなくても廃棄できない場は活躍しそうです


      Citadel (守護城)
      プロジェクト 8コスト
      あなたのそれぞれのターンでアクションカードを最初にプレイするとき、その後もう一度そのカードをプレイする。


      すごい、こちらは強制玉座の間、といった感じでしょうか。コンボが捗りますね
      8コストの価値はありそうですが、そこまでするかどうか、また悩ましい感じです


      Star chart (星図)
      プロジェクト 3コスト
      あなたがデッキをシャッフルするとき、その中から1枚をデッキトップへ置いてもよい。


      3コストにしては相当すごい効果では…?とりあえず買ってよいのでは…?と感じてしまう効果ですね
      ドミニオンの不確定要素がかなり減りそうです、いやでも1枚だから大したことないのか?どうなんでしょうね
      ステロでもとりあえず金貨載せておけば良さそうですし、初手からいろいろ悪さできそうです


      Sewers (下水道)
      プロジェクト 3コスト
      あなたがこの効果以外でカードを廃棄するとき、あなたの手札から1枚カードを廃棄してもよい


      またもや廃棄に追い風ですね、1枚廃棄する効果のカードでも、そこそこ強化されそうな予感
      避難所場での初手で、納屋廃棄のタイミングで…とか考えると、これも初手からいろいろ影響出る気もしますね


      Innovation (革新)
      プロジェクト 6コスト
      あなたのそれぞれのターンで、最初にアクションカードを獲得したとき、それを脇に置いてもよい。
      そうした場合、それをプレイする


      脇に置けるカードが大半なので、ほぼ最初に獲得したアクションカードをそのまま使えるということに、なんとすごい
      しかしこれ、普通に購入したのが最初のアクションカードだとすると、購入フェイズ中にプレイすることに…?とすると、アクション増えても勿体ないとか起こりそうですね…?



      そして最後に、肝心のこのルネサンスがいつ発売になるか、という話が出ていたわけですが、オンラインではこのプレビューで公開されたカードは早速週末から使えるご様子。
      で、発売は10月下旬を目標にしてるけど、10月中にはなんとかなるんかな、という印象ですね
      11月中には、サークルのアナログゲーム部会でプレイできるんじゃないかな、とか期待しつつ、公開されたカードで遊んでみようと思います
      | うたまん | ドミニオン | 06:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ドミニオン ルネサンス プレビュー第四弾
      0

        JUGEMテーマ:ゲーム



        ドミニオン、ルネサンスのプレビューも、今日で4日目、ということで
        情報元は、いつも通りこちらです

        ついにアーティファクト、という新要素が公開になりました。
        が、説明文にあるように、ノクターンで出てきた、「lost in the woods」(森で迷子)のような、ステータスカードに近いもののようです。
        カードの効果で得ることができ、得た人の場に存在して効果を発揮、ゲームに際して1枚しかないので、他のプレイヤーが得た場合には、元あったプレイヤーの場から新しいプレイヤーの場へ移動する、とのこと
        アーティファクトは全部で5種類あるようですが、そのうちの3種類が公開となりました


        Flag bearer(旗手)
        アクション 4コスト
        +2コイン
        ----
        このカードを獲得、または廃棄するとき、旗を得る


        Flag(旗)
        アーティファクト
        クリーンナップフェイズであなたの手札を引く時、+1カード


        このカードを獲得、または廃棄した時にのみ、旗というアーティファクトが動くため、廃棄のない場であれば、10回しか移動しないことになりますね
        ノクターンの森で迷子とはそこが大きく違い、つまりは獲得や廃棄のタイミングを考えることに…いやこれ面倒だなぁ
        しかも旗手というアクションは、その旗に関わる部分を除けばただの2金ですからね、銀貨どころか木こりより悪いかもという…でも手札6枚は大きいだろうしなぁ


        Swashbuckler(無法者)
        アクション コスト5
        +3カード
        あなたの捨て札置き場にカードがあるならば、+1財源トークン
        4つ以上財源トークンがあるなら、宝箱を得る


        Treasure chest(宝箱)
        アーティファクト
        あなたの購入フェイズ開始時、金貨を得る


        3ドローしながら財源トークン1つって強いなー、とか思ったんですが、4つ貯めると毎ターン金貨というのも驚きますね
        いやしかしこのカードだけで4つもトークン集めるためには、4回打たなきゃならないと考えるとなかなか大変なので、他に財源トークンが貯まるものが欲しいところ
        あと地味に購入フェイズ開始時ってのが厄介ですよね、望楼が手札にあっても、打ってしまうとデッキトップに乗せれないし…あ、でも逆に追跡者の効果ではデッキトップに乗せやすいですねこれ


        Treasurer(収入役)
        アクション コスト5
        +3金
        ひとつ選ぶ
        ・手札から財宝カードを一枚廃棄する
        ・廃棄置き場から財宝カードを一枚獲得し手札に入れる
        ・鍵を得る

        Key(鍵)
        アーティファクト
        あなたのターン開始時、+1コイン


        出ましたね、3金の5コストアクション。何もせずにターンの開始時に1金というのももちろん強いので、鍵も欲しいけど、それ以外の効果も十分強いのでは
        廃棄置き場から直接財宝カードを手札に、ということは仮に銅貨でも4金出せうるわけですからね
        でも鍵の取り合いに徹すると、そういうこともできないし、圧縮もできないし…悩ましい!


        なんというか、ノクターンの愚者に関わる森で迷子、より単純な話でなくて、読み合いが大変に深いかな、と思われるような事態ですね
        面倒くさ!と思う一方で、こういうカオスな感じが嫌いではないので、楽しみになってきましたよ、ルネサンス
        | うたまん | ドミニオン | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ドミニオン ルネサンス プレビュー第三弾
        0

          JUGEMテーマ:ゲーム



          昨日、そして一昨日分に続く、第三弾です。
          いつも通り情報元は、ドミニオンフォーラムのルネサンスプレビューから

          昨日の予想通り?財源トークン(coffer)が出てきました。
          (財源トークンとか訳しましたけど、印象としては金庫トークンの方が良いかもしれませんが…)

          ギルドのコイントークンとそれほど変わらないイメージのようですが、やはりこちらもカードの効果で得られるようです。
          実際にカードを購入する前にトークンの支払いをしなければならない点も、同じなご様子
          これ絶対肉屋を強化しないためにトークンの名称変えたんちゃう…?とか勘ぐってしまいますけど、それはともかくプレビューの内容をご紹介です


          Villain (悪党)
          アクション−アタック 5コスト
          +2財源トークン
          他のプレイヤーは、手札が5枚以上あるなら、2コスト以上のカードを1枚捨て札にする(それができなければ手札を公開する)


          地味に新たなアタック形式、2コスト以上のカードを1枚捨てる、というのが出てきましたね。
          肉屋の「コイントークンを2枚得る」、という効果があれだけ強かったので、このカードも相当に強そうな印象
          銅貨や呪いを捨てられないのが嫌らしいですが、一方で傭兵なんかは捨てる対象にならないというのは面白いかなと


          Ducat (古金貨)
          財宝 2コスト
          +1財源トークン
          +1購入
          ----
          このカードを獲得した時、手札から銅貨を廃棄してもよい


          ダカット金貨のことなんですね、これ意訳で日本語訳したけど、ホビージャパン訳では「ダカット」ってなるやつやん!
          それはともかく、財宝カードなのに、厳密なコインを生まないという面白いカードですね
          手札の銅貨を廃棄もできるので、銅貨をこれに変えていって、貯められる銅貨ばかりにしたいところ
          地味に購入が増えるのも有難いですし、法貨と並ぶ良い2コストになりそう


          Silk marchant (絹商人)
          アクション 4コスト
          +2カード
          +1購入
          ----
          このカードを獲得、または廃棄した時、1財源トークンと1村人トークンを得る


          得る時に1コイン1アクション、使えば2ドロー1購入、廃棄するとまた1コイン1アクション…
          なんとも変わった動きをしますね。地味に2ドローして1購入という効果も珍しそう
          無難に初手で買ってドローしつつ、貯めたトークンを後々使うというのでも、十分使えそうですね


          ギルドの発売前の段階はギリギリ知ってる私なんですが、その時も「コイントークン大したことなさそう」って思ってた記憶あるんですよ
          でも、プレイするとめちゃくちゃ強いな、とか思ったので、今回のトークンも似たようなことになりそうだな、とか思えてきました。
          さて、明日以降は「プロジェクト」と「アーティファクト」辺りが語られるかと思いますが、はてさて…
          | うたまん | ドミニオン | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ドミニオン ルネサンス プレビュー第二弾
          0

            JUGEMテーマ:ゲーム



            昨日分に続いて、第二弾、です。
            発表のタイミングと私の記事の書き上げる時間との関係で、今日一日で2日分を書いてますが、まあ気にせず出していきます


            まずは新要素らしい、村人トークン(villager)についての説明がありました。

            村人トークンはカードの効果で手に入り、いつも通りマットの上に置かれます(そんなわけで今回もマットが付随するようです)
            で、このトークンを支払うことにより、アクションフェイズの好きなタイミングで、+1アクションを付けられる、というようなものらしいです。

            事前のルネサンスの発表で、+アクションが取り置きできる、みたいな表現があったので、コイントークンのようなアクショントークンかな?とか予想してましたが、まあ近いもののようですね。
            当然、ターンをまたいで保存できますし、ターン中あれば何度もアクションを得ることもできるでしょう

            ちなみに今回の発表で、村人マットと同じように財源(coffer)マット?というものもあるらしいので、明日以降そういったトークンが出てくるのかな、という予感もします。

            以下、公開となった3つのカードについてです。


            acting troupe(演技劇団)
            アクション 3コスト
            +4村人トークン
            このカードを廃棄する


            廃棄されるとはいえ、いきなり4つも村人トークンを得られるという効果
            昨日のプリーストとのシナジーが早速思いつけますね。
            そうでなくとも、場によってはこれ1枚差してアクションを安定させられそうです


            Sculptor (彫刻家)
            アクション 5コスト
            4コストまでのカードを獲得する
            そのカードが財宝カードであれば、+1村人トークン


            5コストにしては…?と思いましたけど、冷静に考えれば財宝カードさえ得られれば、+1アクションが必ず付いてる工房、という感じですね
            また特殊勝利点に良さそうだなぁ、とか思ったりも


            Recruiter (採用担当者)
            アクション 5コスト
            +2カード
            手札からカードを1枚廃棄する。
            廃棄したカードのコストの数だけ、村人トークンを獲得する


            弟子のドローが村人トークンになった、みたいな?+2カード必ず得られるのも有難いですね。
            こちらも銅貨や呪いのような0コストを廃棄したのでなければ、アクションは確実に得られるので、ドローが無駄にならなそうなのも良さそう。
            屋敷を廃棄して、アクションを貯めて後のターンにぶっ放す、とかでしょうね。


            なんだか前回のノクターンがステロ向きかな?という印象だったので、余計にコンボ寄り過ぎでは…?とか感じてしまう印象です。
            が、まだ3日分ありますからね、今後に期待ということで…

            あ、ちなみに和訳は実はあまり自信ないので、村人トークンのルールの詳細とか間違えてるかもしれません、気づき次第直しますけど、ご了承くださいということで…
            | うたまん | ドミニオン | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            + REVIEW
            + CONTENTS
            + NEW REVIEW
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + PR