ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    カルドセプト セカンドエキスパンション
    0
      カルドセプト

      セカンドエキスパンション



      既存のものと、既存のもの、その二つを掛け合わせるだけで
      斬新な、しかも面白いものが作れる、今作はそれを証明した、珍しいゲームだと思う

      プレイヤーは、ボードゲームタイプのマップで、双六のようにサイコロを転がし
      出た目の数だけ移動し、移動先の土地が空いていれば、自分のもち札であるカードから
      何かしらのモンスターを選択し、その土地に配置する
      こうすることで、以降この土地は、プレイヤーのものとなり
      もし他のプレイヤーがこの土地に止まると、通行料が支払われる
      この通行料と、土地の価格、その他諸々の価値を含めた、「総魔力」が規定値を超えた時点で
      スタート地点である、城に戻ってくると、勝ち、というゲーム

      この説明では、モノポリーなどに代表される
      一般的なボードゲームとしか思えないが、言わば、このゲームのボードゲームの部分しか
      説明しきれていないからだ

      どういうことかと言うと、例えば他の人の領地に止まった場合
      通行料が払いたくない、止まった領地のモンスターが弱い
      自分がそれなりに強いアイテムやモンスターを持っていて、相手の領地のモンスターを倒せる
      などなどの理由がある場合、自分の手札の中から、モンスターを選択して
      勝てば敵の領地を奪うことができるのだ

      そのため、単純なサイコロの運だけではなく、カードゲームとしての戦略が重要になってくる
      どのタイミングで、どのモンスターを使い、どんなふうに勝利するか
      という、ゲームの基本的な要素はもちろんのこと
      対戦時に使用できるカードは、全部で400種以上あり
      実際の対戦ではその中から50枚のデッキを設定して、戦うために
      カードゲーム独特の要素である、デッキ作りの時点で、戦いは始まっているのである

      また、カードゲームの要素も、そしてボードゲームの要素も、ただそれを付け加えるだけでなく
      上質のゲームシステムを形成するために、見事に連鎖しており、土地それぞれに属性があって、一部のモンスターは属性によっては配置できなかったり、その属性ごとの株のような護符と呼ばれるものがあって、それを買ってマップの属性にあった土地をレベルアップすることで、護符の価値が上がり、魔力が上がるといった、少し入り組んだシステムも存在している。
      その入り組んだシステムのせいで、戦局を有利に運ぶには、それなりのプレイ経験と知識が必要なので、一見すると、かなり取っ付き難いゲームシステムであるのは間違いない。
      しかし、その取っ付き難さを乗り越えた先には、このゲームでしか味わえない、独特の戦略と、それによる戦いが待っているのも、間違いない。

      400種以上のカードから、相手からどうやって魔力や土地を奪い、自分はどうやって魔力と土地を守るのかといったことを考えながら、50枚のデッキを作る時点では、カードゲームの面白さであり、実際にゲームを始めれば、カードを通しての戦略もあるが、モノポリーのようなボードゲームの戦略性も持っている、本当にいいとこ取りと言えてしまうようなゲームシステムであり、この両方のゲームシステムを上手くまとめ上げ作られたシステムは、素晴らしいとしか言えない。
      そのうえ、ゲーム終了後には、カードゲーム特有の、新しいカードが手に入るかもしれないというドキドキ感まで再現されている。
      まぁ、そのせいで逆に、カードを集めるためには、やたらと戦闘を繰り返さなければならないので、それが面倒とも思えてしまうのだけれど・・・

      しかしとにかく、このゲームは凄い、と思う。
      モノポリーのような、もうほとんど覆せないだろうという圧倒的な差も、自分の組み上げたデッキと、その場を読む戦略性の高さがあれば、覆せてしまう一方、カードの強さだけでは、どうしたってボードゲームの部分で負けてしまいがちになる。
      とにかく戦略を重ね合わせ、色んなことを考えながら、デッキを組み戦うという、かなり硬派なゲームだが、そのとっつき難さを乗り越えた先には、自分のデッキと戦略で、戦局を変える知的興奮が待っているので、どうか多くの人にプレイしてもらいたいゲームだなと思う。
      90点

      | うたまん | - | 22:26 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      << ゲームな迷言47 | main | トゥルークライム ニューヨークシティ >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:26 | - | - | - | - |









        http://utaman.jugem.jp/trackback/11
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        | - | 2008/11/10 5:02 AM |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR