ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ザ・コンビニ3
0
    ザ・コンビニ3


    僕はわりとシミュレーションゲームってのは好きな方で
    しかも「戦闘シミュレーション」よりは、このコンビニやテーマパークに代表されるような
    「経営シミュレーション」の方が好きだったりするわけで

    そしてこのコンビニシリーズは前作の2をやってなかなか面白かったので
    PS2になって「ローソンが経営できる」とか「品物が細かく分類されてる」とか
    色々な面で進化してるらしかったので、やってみた

    でーやってみたらところ、うん、傑作というほどではないけれど
    確かになかなか作りこまれてて正に「普通に楽しい」ゲームだなと思った

    ゲームの内容はもちろん、タイトルや前作から分かる通り
    「コンビニを経営していく」のだが、それがなかなか作り込まれていて面白い
    置ける品物も普通にあるような「本類」、「弁当」から「携帯電話」とか「音楽CD」までもあり
    「コピー機」や「ATM」に、宅配便の受付や写真の現像、
    コンビニの中ではなく外で、たこ焼きや鯛焼きの実演販売が出来たりと
    プレイヤーが驚かされるような商品が販売できたりするので面白い

    しかもローソンを経営してる場合には実在するローソンで売られている品物が
    「新商品開発」という項目で開発することができ
    開発がドンドン進んでいくと「パン類」が「小麦畑からの伝言」になり
    「ファーストフード」が「からあげクン」になり、実在する商品でいっぱいになったりする

    もちろんただ見て楽しむだけではなく、新商品開発をすることで
    その商品の人気が上がったり生産費が安くなったりする
    だから新商品開発ってのはそこそこ重要になってくるんだけど
    そういうところも、なかなか面白く作ってあると思う

    また今回から従来のキャンペーンモード以外に「チャレンジモード」が追加された
    このモードはまぁレースゲームで言うなら「タイムアタック」みたいなもので
    ある期間内(具体的には1年〜2年)に入店客、もしくは売り上げをどれだけ伸ばせるかで競うモード
    キャンペーンはわりと簡単なので、退屈したらチャレンジで遊ぶというやり方もできる
    それに今回は意外とやり込み的な部分も多く長く遊べるな〜という印象もある

    とは言ったものの、結局のところ「経営シミュレーション」であって
    基本的には店での客の流れを見ている時間が一番長い
    それを見て楽しめないという人にはあまりオススメできないかなというタイプのゲーム

    しかしなかなかよく作りこまれているし、飽きさせないように工夫もしていると思う
    傑作だ!と言えるわけではないが
    最初から最後まで長く「面白いな〜」と感じて遊べるのは凄い

    ただローソンを経営してると、セブンイレブンとか、サークルKとかも経営してみたいな〜
    とかって思っちゃうのは・・・欲のですぎかなぁ・・・


    75点

    | うたまん | - | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << 高機動幻想 ガンパレードマーチ | main | 真・三國無双2 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:55 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/15
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR