ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    戦国無双2
    0
      戦国無双2



      前作「戦国無双」の不発と、その前にプレイしていた「真・三國無双3」の失敗で
      もう無双シリーズはダメかなぁ、なんて思っていた僕だったのだけれど
      今作はかなりの出来の良さで、良い意味で予想を裏切ってくれた
      やっぱり無双シリーズって面白いんだなぁ

      今作では、前作からも、真・三國無双からも、システムを変更
      まず、ステータスアップや、過去のシリーズにあったアイテムの効果を
      スキルという一つの概念で扱うことにより、武将の育成要素が格段に増えている

      また、今までは戦闘前に、武器やアイテムを選択するのが準備だったのだが
      今作からは「よろず屋」というのができ、ここでスキルの購入や
      馬、護衛兵の購入をすることが、戦闘準備になっている

      この二つのシステムが、なんともRPG的な印象を与えているわけだが
      同じ無双シリーズと言えども、「真・三國無双シリーズ」との違いを上手く出せていて
      かなり新鮮な感覚でプレイできた
      長く続くシリーズだけれど、これだけ楽しめたのは、このためだと思う


      しかし、過去作品と戦国無双2との比較において、特筆すべきことは、もっと別にある
      それは何かというと、キャラクターの変化である

      前作、戦国無双の最大の汚点は、そのキャラクターにあった、と思う
      戦国の世から外れたテンションの、くのいち
      城を作って踊り出す、秀吉。ただのロリ、お市
      他にも今川義元も、阿国も、どうもわけのわからん、「壊れた」キャラばっかりだった印象なのだが
      今作では、このイメージもろとも、見事払拭
      お市は悲劇のヒロインとして、そのキャラクターを見事に確立させているし
      秀吉も、徳川や織田とは違う天下人として、少し抜けた不思議なカッコ良さを表現できている
      新たに追加された武将も、それぞれ独特のキャラを作り上げているし
      一番の問題だったくのいちは、そのアクションを秀吉の妻、「ねね」に譲り退場している

      要はそう、僕のツボにきた、というのももちろんあるだろうが
      今作は、今までの無双シリーズでは考えられないほど、キャラがいいのだ
      「真・三國無双」では、あまりに増えすぎて収拾のつかなくなったキャラが、かぶりまくっているし
      前作では、キャラが壊れていた
      しかし今作でようやく、キャラの立っている無双を創ることに成功しているのだ

      そして、キャラクターを立てることに成功したのだから、自然と物語も面白いものになっていく
      いつもの破天荒な、無双独特のシナリオが、不思議とカッコよく感じられる
      今作がRPG的な印象を与えてくれるのは、システム面での進化はもちろんのこと
      キャラクターとシナリオに、力を入れた結果でもあると思う


      その他にも、前作では城内の戦いと、城外の戦いを別のステージとして扱っていたが
      今作からは、城外のステージの中に城を含む、という形になっている点など
      細かな修正が加えられ、ゲームプレイにおいてストレスが軽減されているように思う


      ただ、一つ悪い点として、「双六」というモノポリーに似たミニゲームが付属されているのだが
      これは必要ないんじゃないか、と思えてしまう
      確かに、無双のアクションをミニゲームの要素として取り入れたボードゲーム
      というのはプレイしたいと思うけれど、わざわざ戦国無双にミニゲームとして入れるくらいなら
      新しくそういうボードゲームを作ればいいんじゃないかと思う
      というか、こんなのを入れてる暇があるなら、佐々木小次郎のシナリオとか作って
      プレイできるキャラとして加えて欲しかったなぁというのが正直なところだ

      とまぁ、悪いところもあるのだけれど、久々に無双シリーズとして
      面白いものが出来たんじゃないかなと思う
      爽快感を得るために難易度を下げ、ワラワラと出てくる敵を吹き飛ばしても良し
      難易度を上げて、極限の状態を楽しむのも良し
      どのプレイスタイルでも楽しめる、今までとは少し違った無双を、力強くオススメしたい



      92点

      関連レビュー
      戦国無双

      | うたまん | - | 00:38 | comments(1) | - | - | - |
      << レビューってやつはねぇ | main | 略すとMFP!? >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 00:38 | - | - | - | - |
        初めてじゃない(初めましてじゃない)。
        なんか速攻バレましたね、まぁWA3なんかやってる人がそういないからでしょうかね。話題に出さなきゃよかったなー、とか、今は後悔している。

        で、戦国無双2なのですが
        良 作 の 中 で も 良 作 で す ね 。
        戦闘面では、全員が全員そこそこに戦えるアクションを持っていて非常にバランスがいい。使えないキャラは「弱い」ではなく「使いづらい」と表現するのが正確ですね。それだけの強さは全員に十分あります。
        あとは、常々に可能な正面視点切り替え。これにより従来の無双の「画面外の敵への攻撃判定のなさ」がほぼ改善できています。実はこれはかなり重要だったりします。

        キャラの話もできるだけ史実重視になってる感じでよいです。前作の信長・濃姫は理解に苦労したのですが、今回はわかりやすくてよかったです。
        それでいて暗い話になるのかな、とか思ったら前作よりもネチネチした話が少ないので明るい感じがしっかり出ていますし、「コーエーの戦国無双」っぽさが、ストーリー(主に外伝)とキャラにも出てますね。

        では上手くまとめれないまま最後に一言
        「秀吉は無双中最強の萌えキャラ、三成・ギン千代はツンデレ」
        後者は非常にどうでもいいですね(前者は!? では。
        | 昨夜 | 2006/07/31 11:57 PM |









            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR