ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
斑鳩
0
    斑鳩



    シューティングゲームというと、パソコンやネットで無料のゲームをやっていた
    ということはあるものの、それを除けば、式神の城しかまともにプレイしたことはなく
    他に挙げるとすると、「007ゴールデンアイ」などという、FPSやTPSの類が浮かんでしまう
    それほどシューティングゲームのことは、よく知らない僕だったのだけれど
    それでも、この斑鳩というゲームは、衝撃的だった

    何が衝撃的だったかというと、シューティングのくせに、白と黒、という二つの属性が存在するという点だ
    プレイヤーは、この二つの属性を切り替えられる機体を操り、ステージをクリアしていくのだが
    自機が白の場合、白の敵が撃ってくる弾を吸収でき、黒の敵に大きなダメージが与えられ
    自機が黒の場合、黒の敵が撃ってくる弾を吸収でき、白の敵に大きなダメージを与えられる
    たったこれだけのことなのだが、この同じ属性の攻撃は吸収できるというシステムによって
    今までのシューティングゲームでは有り得なかった、攻撃に「当たる」という選択肢が与えられた
    これによって何が起こるかというと、要は必ずしも攻撃を避けなくてもいいことになる
    迫ってくる弾丸を、吸収するか、避けるか、その選択がプレイヤーの手に委ねられ
    一つのステージをクリアするための解法が、格段に増えるのである

    もちろん実際は、「避けなくてもいい」なんて余裕のある状況は、本当に序盤だけで
    実際には「避けるか当たるか」ではなく「黒と白どちらの属性を選ぶか」という
    吸収することを前提とした解法を見つけなければならないのだが
    それでもこの選択の自由があるという状況自体が、とても面白く
    素人の僕にとっては異常と思える難易度でも、わりと飽きずにプレイができた


    また、この二つの属性というシステムは、単にプレイの自由度や、解法を増やすだけではなく
    演出、グラフィックの面においても、大きな意味を持っている

    どういうことかというと、白と黒の属性の存在を大きなウリとしているため
    敵の攻撃である弾丸はもちろん、敵の機体、ボスそのものでさえ、白と黒の二種類で描かれている
    このため、プレイ画面は白と黒しか存在しない、不思議と綺麗な映像となる
    そしてそれは、多くは語られないシナリオと、幻想的な演出と重なって
    独特の雰囲気を作り上げている


    他にも、同じ属性の敵を3回ずつ倒すと、チェーンボーナスという得点アップに繋がることや
    何度プレイしても敵の攻撃は変わらない、パターン性のゲームであることなど
    特筆すべき点は多々あると思うが、シューティング素人の僕が語るのには
    余りある奥深さだと思うので、割愛しておく

    ただ、その奥深さまで到達できなくとも、その映像美と、ゲームシステムだけで
    十分にプレイする価値のあるゲームだと、思うのだ


    70点
    | うたまん | - | 01:26 | comments(0) | - | - | - |
    << 英語の苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け | main | 詰めゲーム えいご漬け >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 01:26 | - | - | - | - |









        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR