ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    .hack// G.U. vol.1 再誕
    0
      .hack// G.U. vol.1 再誕



      前作である、初代.hackシリーズは、僕から言わせてもらえば、クソゲーであったと思う。
      確かに、ストーリーと世界観は、他に類を見ない独特のもので、かなり引き付けられるものがあるが
      単調なダンジョン探索と、ストレスの溜まるウィルスコア集めを強要させるゲームシステムが存在する以上
      ゲームとしては、欠陥だったのではないか、と思う

      そんな前作のこともあって、今回の.hack G.U.シリーズは、それほど期待していなかった
      ただまぁ、前作と同じ世界観でのシナリオに、強く興味があっただけだった
      そんな半端な勢いでプレイした僕だったが、すぐにその考えを改めることになった
      このG.U.シリーズは、間違いなく面白い


      前作の初代.hackシリーズで舞台となったネットゲーム、The Worldが一新され
      The World:R2として復活し、世界最大のネットワークゲームとして遊ばれている、西暦2017年が舞台。
      その日、初めてThe World:R2をプレイしたハセヲは、初心者を狙うPKに襲われてしまう
      そう、R2として復活した、The Worldは、PKとPKKが往行する、無法地帯と化していた

      前作では、The Worldというネットゲームに潜む謎に迫る、というストーリーで
      言わばそれだけが魅力の物語だったのだが
      今作は、The Worldの謎に迫る一方で、PKなどのプレイヤーを攻撃する行為について
      深く考えさせる物語となっており、ネットゲームのプレイヤーはもちろんのこと
      ネットを使う僕達にとって、無視できない話が展開しているように思う

      しかも、主人公のハセヲが、RPGの定番である「正義のヒーロー」とは、言わば対極な
      力を得たならば使う、勝つことが全て、のような、わりと邪悪なノリで展開していくため
      ムービーやイベント戦闘の多い、映画的なゲームとなってしまっていたわりには
      飽きずにプレイすることができたと思う
      というか、やっぱりなんだかんだで、ハセヲに共感できる部分というのは、誰しもあるのではないか
      そりゃ初日にいきなりPKされりゃ、そのPKを狙うPKKになったりするだろうし
      力を手に入れたんなら、現実ならともかく、ゲームだったら使ってみたくなるだろうし
      一見共感できない、無茶苦茶なキャラのフリをして、意外と内面に共通するものを持っている
      今作の主人公は、そんなタイプなので、意外にもストーリーに夢中になれたかなと思う


      そして、シナリオ面はここまでにして、ゲームシステムの面ではどうだったかというと
      こちらも、前作を無かったことにしたかのような勢いで、進化し、面白くなっている
      一番の問題だった、ウィルスコアのシステムを全面撤廃し
      戦闘は連撃というコンボシステムや、覚醒というシステムにより爽快感を味わえるようになっている
      また、マップでの移動速度もアップさせるなど、映画的な重たい今作を
      できるだけスピーディに、気楽にプレイできるように、システムを改善できているのは、素直に良い点だと思う

      ただ、バイクなどは、改善というところまで昇華できていなかったり
      今作の重要部分であろう、アバターバトルが、映像美だけにこだわって
      それほど楽しめないのは、まだまだ改善の余地があるので
      vol.2以降は、この辺りも上手く変えてくれれば、と思う


      また、忘れてはいけないのが、シナリオやゲームに関係しない世界観構築の話
      このゲームは、基本的にThe Worldをプレイして、ゲームを進めていくのだが
      その他にも、掲示板で書き込みを読んだり、ネットニュースを見たり、他キャラとメールのやりとりができる

      正直な話、メールや掲示板のやり取りなんてのは、ほとんどやらなくても
      シナリオは追っていけるし、ゲームもプレイできるのだけれど
      この.hackシリーズは、ゲームの周りの部分も楽しんでこそ、だと思う
      ヒントになる書き込み以外にも、くだらない掲示板のやりとりがあったり
      何年後かの未来を予想したかのような、変わったニュースがあったりと
      こういった、ゲームの周りの部分を見ていると
      The Worldをプレイできる未来世界が、本当にあるんじゃないか、とまではいかないものの
      その存在を認めたくなるような、そんな気分になる
      そう、させてくれるほど、細かいやり取りや、面白いニュース、リアルなニュースが存在しているのだ

      はっきり言えば、サルバトーレ相原のネットラジオのような番組も、ムービーニュースも
      確かにゲームとしては要らない部分かもしれないが
      せっかく小説やアニメなど、幅広い分野でメディアミックスを展開している.hackなのだし
      The Worldというネットゲームだけではなく、そのネットゲームが存在する未来世界
      という、世界観構築を、これからも続けてもらいたいと思う


      そして、前作プレイヤーとして忘れてはいけないのが、前作のシナリオを振り返れる、付属ディスク
      「THE END OF The World」の存在だ
      このディスク、おそらく前作をプレイしていない人のために
      前作の物語がどんなものだったか、というのを伝えるために作られたものだと思うのだけれど
      一緒に見ていた弟よりも、前作をプレイした僕の方が、感動してしまったくらい
      その映像というか、シナリオのまとめ方が巧く出来ている
      こちらはゲームではなく、完全に映像になってしまうのだが
      その面白さも評価できるものなので、追記しておきたい


      正直言って、現在のDSが、そしてゲーム業界がウリにしている、テレビのような、手軽なゲームとは
      真逆の存在だと言っていいと思われる、今作
      事実ストーリーは一本道だし、やけにイベント戦闘が多く、無駄にレベル上げを強要されている気はするので
      どうしても、映画的な、重たいゲームとなっていることは否めない
      しかし、ここまで映画的に、キャラクターに、シナリオに力を入れたゲームなら
      それはそれで楽しめるものだと、証明してくれた気もする
      まだまだ改善の余地はあるけれど、それは今後に期待して
      とりあえずは、前シリーズの失敗を繰り返さなかったことを喜ぶべきだと思う
      しっかし、最後の次巻予告があるなんて・・・これ、ゲームですよねぇ?


      81点

      関連レビュー
      .hack vol.4 絶対包囲

      | うたまん | - | 10:41 | comments(0) | - | - | - |
      << うおおお!!ゲームやるぞぉおお!! | main | 二学期が始まったそうです >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 10:41 | - | - | - | - |









        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR