ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
鋼の錬金術師 翔べない天使
0
    鋼の錬金術師
    翔べない天使




    まぁアニメや漫画をゲームしたっていう作品は
    例外がないかのように、みんなつまらないわけなんですが
    この作品もその例外に漏れることなく、非常につまらん作品となっております

    まず一番最初に言っておくと
    僕は鋼の錬金術師は大好きですが、アニメは大嫌いです
    んじゃこのゲームやるなよ、って話になるかもしれませんが
    結構自由度の高そうな戦闘シーンを見て、意外と面白いかな?とか思っちゃったんですよ


    んで、実際やってみたら、なんつーか手抜きあり過ぎのゲームでして
    戦闘シーンと他のシーンなんていう区別が、そもそもほとんどなく
    そこにいるはずのキャラのグラフィックが省かれていたり
    総合30分のアニメムービーと、戦闘中の動作以外の部分は全くボイスがなく
    錬金術も、そんなに自由度が高いわけでもなく

    なぁんか、やっつけ仕事で無理矢理ゲームにしましたって感じがして
    こりゃぁ製作者も売る気ないんだろうなぁ、とか思ってしまいました

    聞いたところによると、原作の漫画と矛盾するところさえあるようで
    一体このゲームは何がしたかったんだろうって感じです
    PS2でとりあえず出しとけって感じだったんかなぁ


    19点

    | うたまん | - | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ドラッグオンドラグーン | main | ファントムブレイブ >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:31 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/34
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR