ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ファントムブレイブ
    0
      ファントムブレイブ



      やりたい放題シミュレーションRPG(以下SRPG)ということで
      前情報の時点でかなり期待していたゲームだったわけだけど
      いやぁ期待通り、いや期待以上に楽しめた


      一応SRPGということになっているのだが
      見かけではあまりそれを感じさせないこのゲーム
      その秘密は、SRPGが今までやらなかったぶっ飛んだシステムにある


      まず一つ目に上げたいのが、マス目の廃止
      SRPGをよくやる人なら分かるだろうけど、このジャンルのゲームは
      戦闘が将棋のように、キャラクターが駒になって動くというのが普通であり
      マス目があるRPG=SRPGというのが、まぁ少なくとも僕の頭の中では出来ていた
      このマス目=SRPGというのを廃止して、移動距離や攻撃範囲をそのキャラからの一定の距離
      つまり、円にすることで型にハマっていたSRPGを、自由度の高いゲームにすることに成功したのだと思う

      これはいわば、多くのRPGがターン制という型にハマっていたときから
      スターオーシャンシリーズやテイルズオブシリーズなどの、アクションに近い戦闘に進化したような
      劇的な進化だと思う、これをやってのけたこのゲームは素直に凄い

      もちろん、これに伴って、狭いステージでは敵味方入り乱れすぎて見難いなどの問題も確かにあるのだが
      その辺は、キャラクターや武器などあらゆる「もの」のうえに、あらゆるものを乗せられるというシステムで
      一応の改善を図っている


      そしてもう一つ、ぶっ飛んだシステムだと思ったのが「場外システム」
      なんとこのSRPG、戦闘のステージ外に飛び出すことができるのだ
      SRPGをやっている人にとっては、ふざけていると思えるシステムかもしれないが
      普通に自分から場外に行けるし、敵から場外に落とされることもある
      自分から行った場合はしっかり戻ってきて、その後も自分のターンが続くのだが
      敵に場外に運ばれてしまった場合、そのキャラクターはもう戻ってこず、「死亡」と同じ扱いになる
      これがかなり面白くて、ステージが狭いうえにキャラクターが多い場合、
      最初の方は大概落とし合いの戦いになる
      敵味方入り乱れて、「場外!」と表示され、ドンドンキャラが減っていくのはなかなかの爽快感だ

      さて、ここでSRPGをやっている人なら思うであろう
      「そんなら全ての敵を落としてラクに勝てるんじゃないの?」と
      しかし、ここでこのゲームは上手い具合にバランスを取っている
      なんと敵を場外に落とした場合、ステージに残った敵がレベルアップをしてしまうというシステムがあるのだ
      しかも、最後の一匹は場外にしても必ず戻ってきてしまうため
      あまり場外にさせすぎると、最後の敵が倒せずにゲームオーバー、なんてことも
      場外というぶっ飛んだシステムを、同じくぶっ飛んだ「残った敵がレベルアップする」というシステムで
      絶妙なバランスを取っているこのゲームは本当に凄い


      そして最後に、このゲームの肝であろう「憑依システム」も忘れてはいけない
      戦闘の際、一番最初は「マローネ」という霊魂を物に憑依させる能力を持つ女の子のみが
      自分の操作できる「味方キャラ」としてステージに出ているところから始まる
      これはストーリー的にしょうがない(というより、このシステムにするためにストーリーを設定したっぽい)のだが
      当然そのマローネだけで戦うのではなく、一番最初にマローネを使って
      ステージ上にある、木や草、タル果ては骨などに、霊魂であるキャラクターを憑依させて
      その憑依させたキャラクターを操り敵と戦うことになる

      この憑依(ゲーム中ではコンファインと呼ぶ)がかなり作りこまれていて面白い
      憑依させる物によって、憑依させた後のキャラクターのステータスが変わってくるのはもちろん
      キャラクターごとに何ターン憑依できるかが決まっており
      これを考慮して戦闘をしないと、最後にマローネ一人で戦うことになってしまうというこれまたぶっ飛んだシステムで
      SRPGという元々戦略性の高いゲームをより奥の深いものにすることに成功している


      その他にも、キャラクターや武器の合成、称号システム
      チェンジブックなどの特殊アイテムによる転生システムに
      ランダムダンジョンやキャラメイクなど、とにかくシステム面で異常なまでに作り込まれている
      それこそ、永遠に遊べるんじゃないか?と思えるほどだ


      そのうえ、難しいシステムを分かりやすい物にするためのチュートリアルも充実しているし
      音楽、シナリオ、グラフィックなども悪いところはなく、完成度は完璧に近い

      まぁ個人的に、転生のためのアイテムが取り難いことと
      負けると即座にゲームオーバーになって、タイトル画面に戻ってしまうことが難点のような気がするが
      前者は特に気にならないし、後者はセーブに気を付けていれば陥る問題ではない


      「イマジネーションが戦術になる やりたい放題シミュレーションRPG」
      正にこのキャッチフレーズの通りの、凄いSRPGだと思う


      94点

      | うたまん | - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      << 鋼の錬金術師 翔べない天使 | main | マリア 君たちが生まれた理由 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 23:32 | - | - | - | - |









        http://utaman.jugem.jp/trackback/35
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR