ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゲームな迷言13
    0
      『着地キャンセルを、知らないからだよ』

      当時、いや、一部の人々にとっては今も、パーティゲームと言って、最初にプレイするのは
      スマブラDXではなく、初代、ニンテンドーオールスター大乱闘スマッシュブラザーズである
      ということは、過去の『お前が死ねばそれでいい』のときにも語ったことである

      今回の話の時点でも、既にスマブラDXは発売されていたわけだが
      彼らはまた、スマブラをプレイしていた
      というのも、その時たまたま開かれた高校の文化祭
      たまたま開かれた、スマブラ大会なるものに、彼らが参加していたからである

      大会、と言っても、名簿に書かれた順に、プレイをしていき
      負けた者は次の者と交代し、何回勝ち抜けたかを競う、ただそれだけのものだったのだが
      会場となっていた、3年生のとあるクラスは、かなりの盛り上がりを見せていた

      そんな中、彼が、友人と共に、最初の対戦を始める
      使用キャラは、両者共にカービィ。そして相手は、ネスカービィ
      やけに丸い物体が多い、などと思いつつも、戦いは始まる
      ルールはチーム戦。ストック制で、ストックは。ステージはハイラル城

      彼はそもそも、それなりにスマブラの腕に自信があったので、最初は様子見を決め込んでいた
      しかし、その僅かな間、友人のカービィが袋叩きに合い、ストックを減らしていく
      見ると、対戦相手もそこそこの腕前。これはマズイ・・・
      そう思い、慌てて友人の助太刀
      しかし、タイミング悪くこのステージの竜巻の弊害に合い、彼のカービィは孤立
      一方で、友人のカービィは相変わらず袋叩きに合い、またもストックを減らされていた
      その後、なんとか善戦し、相手のストックをネス1、カービィ2まで減らすものの
      友人のカービィはストックを使い切り、彼のカービィもまた、ストックを2まで減らされていた
      しかも、現時点で%は100を超えている。劣勢。それこそ、人によってはこの時点で諦めるかもしれない

      けれども、彼は諦めなかった。特に勝算があったわけでもないが
      長年スマブラをプレイしてきた、一人のゲーマーとしてのプライド
      彼の闘争本能に、火を付けたのだった

      そして、三桁を超えるダメージを抱えたカービィは
      その現状に構うことなく、その場にいたネスにドリルキックとカービィテイルのコンボを見舞う
      元々のダメージもあって、アッという間にネスも三桁のダメージを抱えるが
      復活してきた敵のカービィ二人の攻撃に合い、あえなくお星様に

      現時点で、彼のカービィのストックは最後
      敵はダメージ3桁のネスが1ダメージなしのカービィが2・・・
      当然彼は一先ず、ネスを狙う。復帰直後の無敵時間を使い、早々にネスを撃破
      残り、ストック1とストック2のカービィ同士の対決
      単純に見れば、倍の差がついている。周りのギャラリーたちも、流石にこれまでかと思った

      しかし彼は諦めず、最後のストックであることに構う素振りも見せず、敵カービィに飛び込んでいく
      カービィの定番技、ドリルキック。しかしそれは巧く避けられ、相手はスマッシュ攻撃を叩き込む
      それに反応し、彼のカービィは、ドリルキックの隙を着地キャンセルで失くすと
      スマッシュ攻撃で隙が出来た相手に、とりあえず投げ技を決める
      「なんで!?」
      相手プレイヤーが叫んだ。以降も、同じような攻撃のやり取りが交わされる度
      相手プレイヤーは悔しがる
      「なんで避けられるんだよ!」
      そこで彼は気づき、思わず、それでも小さく、呟いた

      『着地キャンセルを、知らないからだよ』

      それは最早、相手の質問の答えにはなっていなかったが
      彼が、そしてギャラリーが、相手プレイヤーさえもが、どちらのカービィが勝つか
      はっきりと理解してしまった瞬間であった
      そして彼のカービィは、案の定倍の戦力差を物ともせず、見事に勝利した

      後日彼は、己の行動の、あまりのオタ臭さに、赤面したという

      うーん、グッジョブ


      | うたまん | - | 11:15 | comments(0) | - | - | - |
      << モモトラ地球防衛軍 | main | ゲームな迷言11 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 11:15 | - | - | - | - |









         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR