ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    64で発見!たまごっち みんなでたまごっちワールド
    0
      64で発見!たまごっち

      みんなでたまごっちワールド



      64で1、2を争うくらいの、「隠れた」名作なのではないか、と思える
      少なくとも、数あるたまごっちのゲームの中で、一番面白いであろうゲームだ

      たまごっちについては、最早説明は不要だろう
      同名のキャラクターを育てていく、育成ゲームだ

      育成ゲームとしては、このたまごっちを育てることに、徹していて
      それ以上の発展がない(近年の再ブームのものは別にして)ため
      正直なところ、それほど面白いものではないし
      キャラクターの可愛さだけのものなのだが、おそらく、その簡素さがウケたのだろう
      当時は大ブームとなり、価値が高騰したこともあった

      本作は、そのブームが落ち着いてきた頃に発売されたように思う
      かなり頻繁に、CMが流れていたので、見覚えのある人もいるかもしれないが
      いい加減にたまごっちのブームも落ち着いてきていたので
      おそらく、知名度はわりと低いだろう

      しかし、その知名度に反して、ゲームの完成度はかなりのものだ
      ゲーム内容は、すごろくのようなボードゲームをしながら、たまごっちを育成していくというもので
      たまごっちの「おなか」と「ごきげん」を上げる行動を取ると、変身ポイントが溜まる
      この変身ポイントによって、たまごっちが進化していき
      最後のアダルトっちになった状態で、変身ポイントを最高値まで貯めた人が勝ち
      つまり、基本的にたまごっちのお世話をしながら、すごろくをするというゲームだ
      この、たまごっちの育成という要素を、すごろくというボードゲームに
      非常に巧く昇華させているのが、このゲームの凄いところだ

      といっても、ボードゲームの内容に、特別新しい仕掛けがあるわけではない
      サイコロを振り、止まったマスで、変身ポイントが増えたり減ったり、様々なイベントが起こったり
      ミニゲームのマスに止まると、64の4人対戦を活かした、ミニゲームが行われたり
      カードマスに止まると、サイコロを振る代わりに使えるカードを手に入れたり
      ほとんど既存のボードゲームにあるシステムを、流用している
      良く言えば王道、悪く言えば平凡なすごろくである

      そして、画面には、その平凡なすごろくは、下半分でしか表示されていない
      代わりに上半分には、プレイヤー全員のたまごっちが生活している大部屋の映像が映り
      ボードゲームでのイベントなど、たまごっちに関わる出来事が
      即座にたまごっちたちの反応として、表現されるようになっているのだ

      この、プレイヤーの行動が即座にたまごっちたちの反応になる
      というのは、かつてたまごっちにハマった人々なら、最早説明不要な楽しさだろう
      ご飯をあげれば、たまごっちがご飯を食べ
      遊んであげれば喜び、ポイントがプラスになると飛び跳ね、マイナスだっとがっかりする
      その細かなたまごっちたちの反応が、とても可愛く、そして面白い
      元祖たまごっち同様、思わず手をかけたくなる

      なにせ、上画面の大部屋は、全たまごっち共通のため、他のプレイヤーのたまごっちを映る
      一人のプレイヤーのたまごっちが、おなかもごきげんを満タンで、幸せそうな一方
      病気で寝込むたまごっちや、うんちまみれのたまごっちが同じ部屋に存在するのである
      この、育成状況が常に視覚情報として、認識されるシステムも面白い
      これによって、たまごっちを育てる、というだけでなく
      他のプレイヤーよりも、早く、より良いたまごっちを育てる、という競争意識が産まれる
      ここが、普通のたまごっちとの決定的な差であり、このゲームを面白くさせる
      最高のスパイスとなっている

      しかも、ゲームの終了時、一定の変身ポイントを溜めていると
      自分のたまごっちの卵が残ることになる
      この卵を、次回のプレイ時に使用すると、その時のアダルトっちに進化し易い
      という特典が付いているため、なるべく卵を残そうと奮闘し、より対戦が面白くなるのだ

      また、変身ポイントを稼ぐのに重要な、ミニゲームも、かなり面白い
      個人的には、マリオパーティなどの、ミニゲーム重視型のパーティゲームより
      よくできたゲームもあるような気がする

      ボードゲーム部分に、様々な改良の余地があったり
      マップが一つしかないため、ボードゲーム部分では飽きがとてつもなく早かったりと
      他にも色々、改良すべき点、悪い点は見られるのだが
      育成ゲームとボードゲームを巧く合わせ、楽しいパーティゲームとして昇華したのは素晴らしいと思う
      というか、デジモンでも何でもいいから、こんな感じの育成ボードゲームを出せばいいのに
      と思ってしまうほどなのだけれども・・・
      何にしても、バーチャルコンソールでもこれが出てくることはなさそうだし
      埋もれた名作になってしまうだろうが、かなり楽しめたゲームとして、書き残しておきたい
      76点

      | うたまん | - | 13:00 | comments(1) | - | - | - |
      << 企画草案 | main | ドラゴンクエスト4 導かれし者たち >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:00 | - | - | - | - |
        きたこれwwwwwwwwwww

        持ってるw
        そして大好きwwww
        | るくす | 2007/05/17 11:42 PM |









            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR