ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ドラゴンクエスト4 導かれし者たち
    0
      ドラゴンクエスト4

      導かれし者たち



      6が初めてのドラクエで、それに感動して、前作である5をプレイし
      リメイクで、SFCの1,2,3をプレイし、PSで出た7をプレイし
      という経歴を辿ってきた僕にとって、これが最後の、2頭身キャラによるドラクエだった
      もちろん、今後また2頭身のドラクエが発売されれば、分からないわけだが
      つまり何が言いたいのかというと、色々と悪名高い初代ドラクエ4はプレイしていないということで
      オリジナルとの比較はできない分、単純に「ドラクエ」ということだけを期待して、プレイを始めた

      流石に、本作が章立ての物語になっていて、章ごとにプレイヤーキャラが代わる、ということは知っていたため
      一番最初にライアンという王国騎士を動かすのは、それほど驚かなかったが
      仲間キャラのホイミン、二章の謎を残した終わり
      三章のトルネコの一人旅、四章の姉妹の父親と、彼の発見に関わるシナリオと
      とにかく、驚かされた。ドラクエのシナリオで驚かされるというのは、わりとよくある僕だったのだけれど
      なんというか、このシナリオの驚きは、他のドラクエに見ないものだ
      誤解を生みそうながら、敢えて言うなら、ドラクエらしくないシナリオと言えるかもしれない
      しかし、それがとても新鮮で、惹きつけられ、最後まですぐにプレイしてしまった

      というのも、一番新鮮、おそらく章立てよりも印象的だった、ラスボスの描写のお陰だろう
      いつものドラクエと言えば、悪い言い方になってしまうが、人間を滅ぼそうとする
      魔王を倒すために、勇者が旅立ち、魔王を倒してハッピーエンド、という
      わりと単純な、善と悪の二元論によって、エンディングが形成されていると思う
      もちろん、ドラクエが重視するシナリオは、その過程にあるものであって
      その二元論が悪いとか、そういうことではないのだが、少なくともラスボスに対する描写に関しては
      単純な二元論であることは、ほとんど間違いない

      しかし、今作に限っては、そういう単純な二元論では語れない
      人間には人間の正義があるのと同様に
      今作は、魔物には魔物、魔王には魔王の言い分、正義があり
      それは、ただ魔王を倒すでは解決しない、より深い問題なのだと、プレイヤーに投げかける
      これは、言ってみれば、単純な二元論を使い続けた、ドラクエへのアンチテーゼかもしれない
      衝撃なのは、そのアンチテーゼのようなシナリオを、当のドラクエがやってのけた、ということだ
      この点に、他のドラクエにはない、衝撃と個性を感じられる

      また、ゲームシステムの方も、それぞれの章で独特な部分があり
      特に、第三章のトルネコの冒険の部分は面白かった
      後の不思議なダンジョンの発想へと繋がるのであろう、武器屋としての商売
      お金を払ってNPCを雇うという行為に、クリア条件がお金を溜めることだったりと
      その斬新さは、他の章と比べても、かなり目立っている

      また、7で培った「はなす」システムに、かなりの改良が見られ
      リメイクの5同様、事あるごとに仲間に話しかけていた
      この「はなす」システムなくして、本作は語れないだろう
      それくらい、キャラの個性と面白さが詰まったテキストを読むことができる

      その他、オリジナルには存在しなかった、第六章も追加され
      単純ではなかった物語に、解決を見せているし、おそらく今作は、これで完成形なのだろう
      7でどうにも面白くなかった移民システムも、諸手を挙げて賞賛はできないものの
      それなりに面白く、馴染みやすく改良されている

      ドラクエを期待すると、少し面食らうかもしれない、シナリオ展開だが
      その他の部分は十分すぎるほど、充実したドラクエだった
      この一風変わったドラクエを、シリーズファンにこそ薦めたい

      90点
      関連レビュー
      ドラゴンクエスト5 天空の花嫁(PS2版)
      ドラゴンクエスト7 エデンの戦士たち

      | うたまん | - | 02:28 | comments(4) | - | - | - |
      << 64で発見!たまごっち みんなでたまごっちワールド | main | ゲームな迷言21 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 02:28 | - | - | - | - |
        トルネコのシステムも好きだけど

        シレンのほうが好きだなー・・・w
        | るくす | 2007/05/17 11:44 PM |
        いやー、所詮はドラクエの中の、トルネコ的システムだからねぇ…

        ってか、まさかるくすが、たまごっちワールドを知ってるとは思わなかったなぁ〜
        しかも持ってるとか、なかなかコアな感じで。笑
        | うたまん | 2007/05/18 11:04 AM |
        なんと、FC板ドラクエ4をやってないと。
        兎に角「めいれいさせろ」がこれほど役に立つものだったのか、という気分にはなりますよ、マジで。最近「魔法職のみでクリア」って動画を見て再確認。クリフト先生素晴らしすぎ。

        珍しいのは、ストーリーとして「上手くいかない状況」があることでしょうかね。ドラクエって敵を打ち負かすのが基本なのに、アリーナとかミネアあたりはバッドエンドで進んでるし。勇者も、最初からものっそい悲劇襲いますし。
        仲間の意思が濃く描かれているのが非常に楽しいです。個別で話を作ることで思い入れがし易いです。ドラクエでこれだけ個別キャラごと(厳密には「章ごと」)に思い入れがし易いのは、前にも後にも4だけかな、と。

        珍しく、最初から常に視点が「あなた」じゃないドラクエ(よく考えたら、これも前にも後にも4だけ?)。
        FC版やったのは小2とかそのあたりだけど、初めて「物語」に触れたゲームかもしれませぬ。
        ちなみに、幼心には勇者の最初のイベントはきつかったです。軽くトラウマ。いやマジで。FCは音楽やら効果音が容赦ないから・・・・・
        | 昨夜 | 2007/05/28 4:20 AM |
        そもそも、ファミコン持ってないからなぁ、僕
        スーファミ世代なのですよ、という
        いや、スーファミも大して数こなしてないけども

        しかしまぁ、確かに独特なところが多いというか
        やっぱりドラクエとしては、なかなかに異色なんだろうなぁと
        まぁでも、個別キャラごとに思い入れがし易いって言ったら
        5もそれなりに、それぞれの話があるような気はするけどなぁ?

        しかしトラウマになるんだ、そうなんだ
        まぁ、僕としては、アッテムト辺りが、かなり嫌な感じだったけども・・・なんて
        | うたまん | 2007/05/28 4:42 AM |









            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR