ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゲームな迷言29
    0
      『勝っったぁ!』

      そもそもこんな言葉は、迷言でもなんでもなく
      ゲームに関する、特に対戦ゲームに関わる場に置いて
      普通に発言される言葉であり、このコーナーで取り上げること自体
      どうなのよ、と我ながら思うのだけれど、そんな微妙な感覚は
      この発言を口にしたその瞬間の喜びを考えれば、無視して構わないものだと思うので
      そういうことは日記でやれよ、という野次を差し置いてでも、書き留めておくことにする。


      発言者、うたまん
      その日、友人たちとゲームセンターにやってきていた僕は
      一通りのゲームをやり終えて、その友人たちとゲーセン内を歩き回っていた。

      さて、次は何をプレイしようか、などと思いながら
      周りを見ていると、目に着いたのが、マリオカートアーケードグランプリだった。

      ハンドルとアクセル、ブレーキで運転ができるようになった
      アーケード版マリオカートで、アイテムが使えたりと、システムはそれなりにマリオカートが基調になっているものの
      実際プレイしてみると、普通にレースをするだけで、大した面白味はなく
      実は僕は、このゲームはあまり好きではなかった
      しかし、それは初代の話である。

      その日、僕らが目にしたのは、マリオカートアーケードグランプリの2だった
      新たなキャラクター、まめっちが参戦し
      レースの実況として山ちゃんこと、山寺宏一を起用
      その他、新アイテムや新コースが追加されたらしく
      それほど好きではなかった僕も、プレイしてみることにした。

      ノリと、何より好きだという理由で、まめっちを選択し、他の友人二人と同時対戦。
      山ちゃんの実況に新鮮さを感じつつ、ロケットスタートに失敗するものの、じわじわと1位の友人に迫る。
      しかし、惜しいところで1位を逃し、2位で終わる
      悔しがっていると、スピードが上がるジャンプドリフトという技術を教えてもらい、再チャレンジ

      カーブでドリフト中、軽くブレーキを踏むとジャンプする
      そのジャンプの瞬間に軽くハンドルを切ると、スピードアップ
      「おおおおお」
      素直に感動しながら、再び差を縮める僕というか、まめっち

      最終ラップ、いよいよ1位との接戦になるものの、どうしても1位を抜くことができない
      そして最終コーナー、同時にジャンプドリフトを行い、このまま2位になるかと思われたまめっちだったが
      運良く1位がミス。一人スピードアップしたまめっちが、1位を抜き
      そのまま、ゴールラインを割った
      と、その瞬間、あまりの嬉しさで

      『勝っったぁ!』

      と叫んだ自分を、我ながら子供だなぁ、と思ってしまいました。
      なんていうかその、すいません、色々と・・・

      | うたまん | - | 20:59 | comments(0) | - | - | - |
      << ゲームな迷言28 | main | ゲームな迷言30 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:59 | - | - | - | - |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR