ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
大乱闘スマッシュブラザーズDX
0
    大乱闘スマッシュブラザーズDX


    あの名作スマブラの続編

    衝撃の製作発表にGCで出るために追加された様々なシステム・新キャラ
    これらに期待感たっぷりだったのだが
    実際やってみると・・・あら?っとちょっと物足りなさを感じてしまうのが正直なところ

    というのもやはり前作のスマブラには
    「任天堂のキャラクターを総出演させて戦わせる」というところに斬新さと感動があった

    しかし今作DXが発売されたころには
    カービィがマリオやネスの帽子をかぶるのは最早当たり前
    アーウィンにドンキーが撃たれるのも当たり前
    リンクの下突きをヨッシーが卵で転がって避けるのも当たり前
    つまりその斬新さと感動が既に消えうせてしまったのだ

    確かにスマブラからDXへの進化はすごかった
    その場緊急回避やアイテムの空中キャッチなどの新システムの導入
    新キャラ・新アイテム・新ステージなどの多くの物の追加
    カービィのスーパーデラックスを復活させたかのようなオールスターというバトル形式
    これらの他にも色々と進化したところがあったが
    それでも・・・それでもやはり前作スマブラの斬新さと感動にはかなうわけがない

    そしてもう一つ物足りなさの原因を上げるとするならば
    ユーザーの期待に応えられなかったというような節があるところではないか

    スマブラを買い割りとやり尽くし話題になるのは
    「もしスマブラの続編が出たらどんなキャラを出して欲しいか」ということ
    これについてはやった人は皆「こうなってほしいなぁ」と思い描いたのではないだろうか

    しかし実際に思い描いた後に形になったDXを手に取ると
    ガノンは剣を振らないし
    いきなりピチューなんてわけのわからんキャラが出てるし
    ちょっとずれるけどフォーサイドのヘリからポーキーは出てこないし

    こうなって欲しいなぁと思い描いた物が
    あまりにも形と違っているところに落胆をしてしまったのではないだろうか

    確かに新キャラは誰がいいかとかのアンケートもやっていた
    しかしユーザーが隠しキャラを全部出したすぐ後に「ピチューじゃなくて他のがよかった」
    というように思わせてしまう隙を作ってしまうのは
    やっぱりゲームとして問題があるんじゃないかなぁと僕は思う


    と散々悪いところを指摘し続けてきたけれども
    それでも点数が高いのはやっぱり「スマブラ」だから
    気軽にも出来るし熱くもなれる
    スマブラだからこそできる手軽さと奥の深さを共存させたこの感覚は
    スマブラの前作から全く変わっていないと思う

    だけど個人的には・・・スマブラには・・・というか製作者の人には
    もっとやって欲しかったというか
    もっといいものが作れるんじゃないかなぁと思えてしまう


    85点
    | うたまん | - | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ソウルキャリバー2 | main | マリオカート ダブルダッシュ >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:05 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/46
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR