ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゲームな迷言35
    0
      『知らないっつーか、分かんないし』

      前回のゲームな迷言の続きである。
      しかし、前回の迷言を読む必要など全くない
      何故なら、アイドルマスターというゲームのMADにハマった、彼ことUが、そのゲーム内のキャラクター、高槻やよいに萌えを感じたんだよ、という話を、友人のKにしたところ、やよいより真の方が萌えるだろう。
      という台詞を真面目に返されたというだけなのだから。

      で、続く今回の迷言は、状況を説明してしまえば、おそらく多くの人は想像ができるはずだ。
      というのも、前回の登場人物に名前を付けた以上、当然その場にいるのは、彼ら二人だけではなく、その他にもPとZという友人二人がいて、尚且つそこは、飲み屋でも、その友人たちの家というわけでもなく、ゲームセンターの中にあるビリヤード場だからである。
      つまるところ、KとUの二人は、そこそこのテンション、そこそこの大声で、周りで高校生の男女グループや、カップルがビリヤードに興じている場で、あろうことかアイドルマスターというアイドル育成ゲームについて熱く語ってしまっていたのである。
      で、その二人がそのテンションのまま、勢いあまってオタク分野に関しては普通であるZに対し、この話題を振ってしまったのである。

      つまり、彼らは聞いたわけだ。
      「じゃぁ、Zはどう思うよ?」
      と。そして当然のように、次の台詞が返ってきた。

      『知らないっつーか、分かんないし』

      その時のZの、何かを哀れむような、諦観を通り越して、筆舌に尽くし難いその目と表情。
      よく目にする表情なのだが、いやはやまったく、何故こうも慣れられないのか

      まぁなんというか、オタクって鬱陶しいよね、という話である。
      もちろん、自虐だけどね。
      うーん、グッジョブ。
      | うたまん | - | 06:36 | comments(0) | - | - | - |
      << ゲームな迷言34 | main | 戦国無双2猛将伝 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 06:36 | - | - | - | - |









         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR