ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
マリオカート ダブルダッシュ
0
    マリオカートダブルダッシュ



    マリオカートシリーズ初の二人乗りレースゲーム
    ということでGCに出てきたマリオカートダブルダッシュだったわけだけど
    流石はマリオカートシリーズ・・・面白い

    今作は二人乗りということで、ちょっと微妙か?とも思ったんだけど
    実際はそんなことは全然ない

    まずキャラクターそれぞれにスペシャルアイテムというものが設定されていて
    キャラクターを選択することでアイテムボックスを取ったときに出てくるアイテムが変わるというのが面白い
    これによって選んだキャラクターによって戦略が全く変わってくる

    そしてキャラクターがセットになっていないというてんが流石と思った
    まぁ当たり前と言えば当たり前なのかもしれないが
    二人乗りにするキャラクターはセットになって決まっていない
    一応同じスペシャルアイテムが出るキャラクターが縦方向で並んではいるが
    それを選ぶ必要は決してない
    だからつまり「マリオ&ルイージ」だけでなく「マリオ&キノピオ」とか「マリオ&ワルイージ」とか
    そんなキャラクター選択もできるからより戦略が深くなる

    そしてそして今回はキャラクターだけでなくレースカーまで選べる
    このレースカー選択によって重量級でも加速が早いなどが選べるわけで
    これまた戦略が深くなっている

    そう、今回のマリオカートは二人乗りにしたことで戦略を奥深いものにしている
    もちろん奥深いものになったからと言ってとっつき易さがなくなったわけではなく
    元あるそこそこの操作性としっかり合さってとても面白い物になっている

    そしてやはり注目すべきなのが二人のプレイヤーで一つのカートを操作するという
    正しく「二人乗り」なシステム
    後ろに乗っている人はアイテムを使うだけでつまんないんじゃ?とも思ったのだが
    意外や意外、というか流石マリオカートなのか、しっかりシステムが工夫されている

    まずドリフトの進化系である「ミニターボ」これはドリフト中にスティックを動かすことで
    キノコを使った状態に近い状態にさせる、つまり簡単に言えばスピードアップするものなのだが
    このミニターボをするために前の人がドリフトをしている最中に後ろの人がスティックを動かすなどの
    コンビネーションが必要になってくる

    そして後ろの人はアイテムを使う、ミニターボをする以外にも
    サイドアタックというのもので少しだけだが左右に動くことができる
    これで落ちかけているカートを道に戻したり、コウラやバナナの類を避けたり
    また他のカートのアイテムを盗んだり・・・などなど結構色々なことができ
    後ろに乗っているだけでも飽きない

    4人いてもグランプリができたりする飽きないこの2人乗りシステムに
    変わらずしっかりしたグラフィックとサウンド
    そして絶妙なゲームそのもののバランス
    本当に作りこまれているゲームだと思う

    LANケーブルで最大16人で遊べるくせにネットゲームにしなかったのが不思議だが
    まぁ普通にオフラインでも面白いゲームだと思うオススメ
    だけど・・・8人でもGCが2個とテレビが2個いるんだけど・・・やる人いるの?


    89点
    | うたまん | - | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << 大乱闘スマッシュブラザーズDX | main | ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:07 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/47
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR