ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゲームな迷言42
    0
      『Z指定だよな?』

      東京ゲームショーに来た、Y、S、Gの3人。
      あまりの人の多さに圧倒され、涼宮ハルヒのイベントステージを諦めた3人は、とりあえず何処かのブースに行こうと、会場内パンフレットに目をやる。

      その中で、3人が全員一致で向かった先が、セガブース。
      その中で一際目立つ、龍が如くのTGS特別映像出展の行列に並ぶ。

      龍が如くとは、PS2で発売されている、極道を題材にしたアクションゲーム。
      リアリティとゲーム性が共存するゲームデザインと、熱い男たちの熱すぎる物語が話題となり、シリーズ化している人気作だ。
      そのかなり暴力的なアクションシーンが、映像のみならずプレイによっても引き起こされるため、Z指定にされている、大人のためのゲーム、でもある。
      当然のように、ここに来ている3人は、初代龍が如くも、続く龍が如く2もプレイ済みで、PS3で発売される最新作、龍が如く見参!が、どんなゲームなのかが気になっていた。

      そんなわけで、待ち時間もそれほど苦痛ではなかった3人は、30分ほど待った後、特別映像用のミニシアターのような会場へ、足を踏み入れる。
      順番に、用意された長椅子のようなところに座り、映像が流されるまで、しばらく待っていた。

      暇だったYは、何の気なしに、周りを見渡す。
      すると、左後ろ辺りで、違和感
      見ると、明らかに小学生という感じの、子供が座っていた。
      それに気づき、思わず横のSとGに言う。

      『Z指定だよな?』

      結果を言ってしまえば、最新作龍が如く見参は、江戸時代が舞台になっていることもあって、刀で斬り合う、どう考えても前2作より過激なゲームで、当然のようにZ指定されているゲームである。
      映像出展はいいのかぁ・・・などと思いながら、いよいよその映像が始まった。

      つづく。
      | うたまん | - | 13:28 | comments(0) | - | - | - |
      << ゲームな迷言41 | main | ゲームな迷言43 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 13:28 | - | - | - | - |









         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR