ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ゲームな迷言45
0
    『やくざじゃないの!?』

    幼い頃、ゲームというのは、その発売日が物凄く待ち遠しく、何日も前からその日を楽しみにする子供たちの多かった、当人たちにとっては、究極の娯楽だった。
    子供たちからすれば、その状況は今も変わりはないのかもしれないが、多くの子供たちは年月を経て、大人になっている現在。
    彼ら兄弟についても、その状況は変わってしまい、究極の娯楽ではなく、数ある娯楽の一つであり、ゲームの発売日というのは、いつの頃からか、いつの間にかに通り過ぎてしまう、いつもと変わらない平日に、成り果ててしまった。

    そんな状況だったために、弟は、そのゲームの発売日を知らなかった。
    知らぬ間に発売日がやってきていて、知らぬ間に兄がそのゲームを買っていた。
    しかしそれは、最早珍しい状況ではない。
    兄弟それぞれが勝手にゲームを買い、勝手に遊ぶ。
    かつてお金がなくて、ゲームを買うのにも兄弟たちと相談していた状況とは違い、今は彼らもそれなりにお金を持っていて、自由な状況になっているのだ。

    しかし、一つ珍しい状況があるとするならば、その兄の買ったゲームというのは、弟もそれなりに興味のあった、龍が如くというゲームの最新作だった。
    思えば、初代龍が如くには、兄弟全員がハマり、それなりに長くプレイさせてもらった作品だった。
    残念ながら弟は、2はあまりプレイせず、クリアもできなかったのだが、初代だけでも十分に、その面白さは記憶に刻まれていた。
    そのシリーズの最新作が、最新機種であるPS3で登場する。
    そのことを知っていた弟は、喜々として兄の部屋を訪れた。
    もちろん目的は、兄がプレイしている、龍が如くの最新作を見、あわよくばプレイするためである。

    部屋に入ると、案の定兄がゲームをプレイしている。
    「龍が如く?」
    と弟が尋ねると、兄は画面から目を逸らさぬまま、答える。
    「そう」
    兄の夢中さで、そのゲームが面白いことを感づき、弟も次いで、画面に目をやった。

    すると、弟は、きょとんとした目で、思い、呟いた。
    「違う・・・」
    目の前の映像は、現代の神室町ではなく、どう見ても江戸時代風の街並みに、着物姿のおっさんが歩いている。
    それが顔つき的には、主人公である桐生に間違いがないのだが、納得できない弟は、こう続ける。

    『やくざじゃないの!?』

    まぁ確かに、前二作はやくざの話なのだから、その続編がやくざの話じゃないのには、違和感を憶えるだろうが・・・
    だからこそ、「見参」なんてサブタイトルが付いてるんだから、気づこうよ、とツッコミを入れたくなるのも無理はない。

    | うたまん | - | 03:30 | comments(0) | - | - | - |
    << メモ帳 世界の中心、針山さん | main | メモ帳 HEROES >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 03:30 | - | - | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR