ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
アイドルマスター
0
    アイドルマスター


    ニコニコ動画で「アイマス」という一つのジャンルを築き上げるに至った、きっかけのゲーム。
    厳密に言えば、アーケード版が、この家庭用の前に起動していたので、人気のきっかけはアーケード版の方になるわけだが、ニコニコ動画で一つのジャンルを築くきっかけは、おそらくこの、家庭用の方にあるだろう。
    ニコニコ動画におけるアイマスの歴史を綴ると、それだけで一つのコーナーになってしまう気がするので、それはまた別の機会に譲るとして、今回はこのゲームそのものについて話していきたいと思う。

    単純に言えば、アイドル志望の女の子をプロデュースする、育成ゲームである。
    プレイヤーは、アイドル候補生の女の子を1〜3人選び、彼女らをユニットとして選択したトレーニングをクリアしていくことで育成し、営業活動やオーディションなどを行うことによって、そのユニットのファンを増やしていくことが目的となる。

    トレーニングがミニゲームになっていたり、オーディションなどでも奥深いゲーム性が存在していたりするらしいのだけれど、トレーニングは特筆するほど面白くもないし、僕はネットに繋いでのプレイはしていないので、そのゲーム性を体感することなく、オーディションをプレイしてしまったので、総じてゲームとしての面白さはあまり感じなかったのが正直なところ。
    もっと真剣に、アイドルランクを上げようとしていれば、面白さを感じることは、できたのかもしれないけれど・・・

    しかしまぁ、このゲームの重要なところは、おそらくそのゲーム性云々ではなく、アイドルを育てていくという過程と、女の子とのやり取りを楽しむというところだろう。
    そういう意味では、ニコニコ動画の初期からアイマスMADを見ている自分としては、それなりに楽しめるはず!と変な自信を持っていたわけなんだけど・・・どうもそこまででもなく・・・

    というのは、ゲームをプレイしてようやく気づいたことなのだけれど、僕は残念ながらアイマスのキャラクターである女の子が好きなのではなく、そのキャラが音楽に合わせて動くMADが好きで、女の子そのものにはあまり興味がない。
    なので、いっくら人気のキャラクターや、僕自身目にすることの多い可愛いキャラクターが愛嬌を振りまいても、それはそれ、確かに可愛さはあるけど、面白さに通ずるわけではないよなぁ、というのが正直な感想。
    まぁもちろん、やはりこれも好みの問題であって、女の子に可愛さを感じることが、そのまま面白さに通じれば、このゲームはとてつもなく面白くなるんだろうなぁ、という印象は伝わってくる。
    それくらいには、女の子それぞれの物語に奥深さがあり、キャラクターそれぞれに他のキャラにはない特徴があるからだ。

    収録曲のセンス、女の子の可愛さ、それを表現しうる物語、キャラクターの際立ち、アイドル育成を巧くゲームとして落とし込んだシステムの妙などなど、褒めるところを挙げれば、キリがないと言えるほどに作りこまれているゲームだと思う。
    しかし、やはりこういったゲームは人を選ぶという前提がある以上、残念ながら僕のようにそこまで楽しめなかった、という人間もいるわけで・・・
    もし僕のように、MADから入ってゲームをプレイしてみようかな、と思った人は、そういった危険を改めて考慮する必要があるのではないか、などと余計な警鐘を鳴らしつつ、レビューとしたい。
    61点

    | うたまん | - | 03:02 | comments(0) | - | - | - |
    << 龍が如く見参! | main | ニコマス >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 03:02 | - | - | - | - |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR