ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    魔界戦記ディスガイア
    0
      魔界戦記ディスガイア



      ファントムブレイブの前作、とも言える日本一ソフトウェアの作るSRPG
      プレイヤーは魔界の魔王の息子、ラハールを操り
      勇者を倒したり、ライバルの悪魔を倒したりしながら、魔王を目指すというゲーム

      台詞の中心がギャグいっぱいのかけ合いで、人を選びそうだったりするのだが
      個人的にこういうくだらないギャグは大好きなので、ストーリーもそこそこ良いと思う
      各話の終わりにある大嘘つきな「次回予告」とか、結構笑わせてもらった
      まぁでも、やっぱりシステムに力を入れているゲームなので、シナリオのことは良しとしよう

      魔界戦記ディスガイアの戦闘はファントムブレイブと違って、従来のSRPGに近い
      しっかりマス目があるし、装備品は一つだけでなく何個も装備できる
      しかしやはり従来のSRPGとは違って
      人を持って投げることができたり、ジオエフェクトという特定のマス目に特殊効果を及ぼすシステムが入っていたりと
      システム面に数々の工夫が入っていて面白い

      特に面白いと思うのが、暗黒議会というシステム
      主人公らは暗黒議会を開き、例えば「敵を弱くしてほしい」とか「もっと高いアイテムを売ってほしい」など
      様々な要求を出す
      そして魔界全土から集ってきた悪魔たちにワイロとなるアイテムを渡し
      この要求に賛成してもらうと、本当に敵が弱くなったり店に高価なアイテムが売られたりするのだ

      これだけでも十分面白いのだが、システムはもっと上手く作られており
      もし反対が多くて要求が通らなかった場合、力ずくで説得することができる
      力ずくで説得させようとすると、議会のフィールドで戦闘になり反対派の悪魔を倒すことになる
      もちろん負けてしまえばゲームオーバーなのだが
      このゲーム独特の悪魔らしいシステムは、実行するだけで楽しめる

      その他、アイテム界というアイテムそれぞれに存在するダンジョンをクリアし
      そのアイテムの性能を高めることができたり
      キャラクターメイク、転生のシステムがファントムブレイブよりいいんじゃないか?と思えるほど
      細かく、やりやすく、やり込みできるシステムになっていたりと
      ファントムブレイブを先にやった人でも楽しめる、なかなかの出来

      個人的にはシナリオはこっちの方がよかったし
      キャタクターや武器の成長に関することでは、こちらの方がやりやすい気がするし

      とはいえ、ジオエフェクトに異常なほど理不尽な効果があったり
      クリア不能と思えてしまうステージがランダムダンジョンに現れてしまったりと、やはり一長一短

      しかしファントムブレイブも、この魔界戦記ディスガイアも十分定価で買って楽しめる良作なので
      どちらか片方でも、できれば両方ともオススメしたいゲームだと思う


      92点

      関連作品 ファントムブレイブ

      | うたまん | - | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      << 勢いのままに | main | マリオテニス64 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:43 | - | - | - | - |









        http://utaman.jugem.jp/trackback/53
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR