ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ワールドデストラクション
    0
      ワールド・デストラクション

      導かれし意思



      深夜アニメで存在を知り、サウンドクリエイターに、クロノトリガーの光田康典を起用していると聞いて、プレイしてみようと思ったゲーム。
      正直、アニメの方を見ている段階では、脈絡のない話が一話完結で続いていく感じだったので、もしゲームも似たような感じになるんだったら、面白くないだろうなぁ・・・という予感はしていた。
      で、早速プレイしてみて、結局クリアする前の、10時間ほどのプレイで投げてしまった。
      まぁある意味予感通りと言えば、予感通り、残念ながら面白いとは言い難い。

      舞台は、人間が獣人によって支配されている、そして砂海という海が存在する世界。
      主人公キリエは、平和な村で暮らしていたが、ある時世界撲滅委員会に勝手に入会させられ、獣人に狙われるようになってしまい仕方なく、委員会の一員であるモルテと行動を共にしていく、というもの。
      獣人の代表である、獣貴十二師、その配下で世界撲滅委員会の敵である、世界救済委員会と、獣人に対抗するが世界撲滅には反対している、黄金の獅子というゲリラ組織、そして主人公たちのいる世界撲滅委員会、説明書にある世界観の中では、この3つの組織が三つ巴の関係を作っているようなのだが、正直ストーリーの部分でその三つ巴の状況が描写されることがほとんどない。
      というかそもそも、ストーリーがただのお使いと、脈絡のない淡白な話が延々と続いているような感じで、全く面白くない。
      まぁ、一昔前のRPGだったら、最初はこんなもんかなぁ、そのうちこの世界に引き付けられるようなことが起こるんだろうなぁ、と思ってプレイを続けていたのだけれど、ほとんどそんなことも起こらず、たまに引き付けられる場面があるかなぁ程度。
      これではプレイを続ける気も失せる。
      しかもその脈絡のないストーリーの中で、微妙なギャグ要素を入れてくるものだから、これが本当に、ビックリするぐらい寒くて仕方ない。
      そもそもこういうギャグ要素は、ストーリーの息抜きのために存在するものなのだから、別の場面で息詰まるような展開を用意しておくべきだと思うのだけれどそれもなく、とにかく山場もオチもない話がダラダラと続いていく印象だ。
      個人的に、獣人に人間が支配されているとか、三つ巴の戦いを連想させる団体とか、世界観はかなり好みだっただけに、話が面白くないのはかなりショックだった。

      そしてそのストーリーに沿うかのように、ゲームシステムもあまり面白くない。
      まず、RPGで頻度の高いバトルだが、基本的にはターン制のバトルで、BPというものによって1ターンに行動できる回数が決まったり、キャラのスピードによってターンが回ってくる早さが変わったりという、ちょっと変則的なターン制。
      で、このBPが多ければ多いほど行動できる回数は多くなるので、BPを溜めるようにコンボを繋げ、最大である6まで溜めると必殺技が出せたりする。
      それは別に構わないのだけれど、敵キャラも同じ条件下で動いていて、少し強いようなボスキャラとの戦いになった場合、ダラダラと攻撃され続け、しかもモーションの長い必殺技を放たれたりする。
      これが非常にストレスが溜まり、何度も同じようにダラダラ攻撃、そして必殺技と、やたらと敵のターンが長いことが多いために、凄く不快だ。
      その分、こちらも攻撃できるのだけれど、上手くコンボが繋げれない場合などは特に、敵を倒したのに、なんかスッキリしない、爽快感の全くない戦闘システムになってしまっている。

      また、一応ウリになっている、ワールドエクイップシステムというものがある。
      これは、ストーリーの途中でキャラクターが発したボイスをセットすることで、それぞれのボイスに応じた効果を戦闘などなどで得られるというもの。
      とはいえ、基本的に装備の中のアクセサリーの一つと、特に何も変わらない。
      確かに声が聞けるというのが斬新かもしれないが、それこそ声優ファンでないとそれほど嬉しい気もしないし。
      個人的には、シナリオで手に入れるのではなくて、戦闘中に何らかの条件を満たして、それを得るというようなシステムの方が、戦闘にも楽しみができて、良かったような気がしないでもないのだけれど・・・どうなのだろう・・・

      とにかく、ゲームシステムもストーリーも、共になんとなくダラダラしている部分が目について、楽しむことができなかった。
      DSで発売されたゲームらしく、どこでもセーブができて、とても気軽なプレイができるのだが、その気軽なプレイの中でも、飽きて放り出してしまうほど、つまらないゲームだったというのが、正直な感想だ。
      音楽は相変わらずいいだけに、とても残念だなぁと思う。
      47点

      | うたまん | - | 06:17 | comments(2) | - | - | - |
      << 真・三國無双4 スペシャル | main | ゲームな迷言46 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 06:17 | - | - | - | - |
        まずセガはク○ゲー撲滅委員会を立ち上げれば
        良かったんですよ。

        公式サイトもアニメに寄りかかった感じの更新ばかりで
        ゲームの魅力引き出せてないよな〜とチェックしてて思ったです。
        少し重めのflashサイトだったのもいただけない。
        | にゃーす | 2008/10/11 6:18 PM |
        いやー、個人的には最近のセガはそれほどハズレないと思ってたんですけどねぇ・・・

        確かに面白くなさそうな感じではあったんですが、まさかここまで面白くないとは・・・という感じでした・・・
        | うたまん | 2008/10/12 9:32 AM |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR