ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    勇者のくせになまいきだor2
    0
      勇者のくせになまいきだor2


      前作、勇者のくせになまいきだ。は、このソフトだけでPSPを買って良かったと思えるほどに、楽しくプレイできた。
      その流れで、その次回作である、or2も発売日に買ってプレイしたのだが、相変わらずの面白さは健在だった。

      まず、プレイを開始して早々、僕はなんの気なしに、前作での裏技である「LRLRLRLR」を入力した。
      すると、前作と同様ゲームの案内役である魔王の笑い声が響き、一言。
      「どうやらあなた様は、過去に私と世界征服をしたことがあるようですな。LR連打に迷いがありませんでした。」
      そしてその後、いきなり「裏技に頼るなんて!」という感じの説教が続く。
      まさか前作の裏技をパロディに持ってくるとは思わず、早々に吹き出した。
      それぐらいに、至る所にパロディが敷き詰められており、プレイ中のニヤツキが止まらなかった。

      また、前作からの変更点として新しく加わった、突然変異システムにより、モンスターの種類がかなり多くなった。
      これは、ある特定の種類の魔物の数が減ってくると、その減っていった要因によって、様々なタイプに進化していくというシステム。
      例えば他の魔物の食料として食われて死んでいった場合には、身を守るために特殊種に進化して毒を持つようになったり、餌がなくなって死んだ場合には、巨大種に進化して、その名の通り巨大化したりする。
      この突然変異を、できるだけ思い通りに起こすことができれば、勇者を倒しやすくなるのは言うまでもない。
      また、この突然変異というのは、前作までにもあった、クリア後の魔物のレベルアップと同義であり、突然変異が起こせない場合でも、クリア後の堀パワーを使うことによって進化ができる。

      ただ、モンスターの種類が何倍にも増えて、当然面白い要因である、この突然変異システムなのだが、問題がないわけではない、と思う。
      まず、突然変異がなかなか思うようにいかず、このことが難易度を上げる要因になっている気がする点。
      そもそも、前作に比べて倍以上になっているので、当然ながら難易度は上がっているのだが、それにしてもかなり難しい気がする。
      ストーリーモードでは、5エリアまで分かれており、1エリアにつき3〜5回に分けて勇者がやってきて、1エリアをクリアすれば、次のエリアはまた最初からダンジョンを掘ることになる。
      で、エリア3辺りから、突然変異前提というか、ある程度の突然変異によって進化した魔物でないと、勇者にやられてしまう程度には、難しくなってくるのだが、これが本当に難しい。
      単純に思うような突然変異が起こらないのはもちろんのこと、ある程度突然変異を繰り返すと、その種類にレベルアップの限界が来てしまい、そこでさらに突然変異を起こすと、なんと最初のレベルに戻ってしまう、事実上の弱体化が起こってしまうからだ。
      確かにそれぞれのモンスターに限界を作るなというのは無理な話なので、仕方ないシステムだとは思うのだけれど、それにしたって弱体化してしまうのは、正直どうかと思う。
      このために、エリアの最後のステージで、主力にしていたトカゲや虫がレベル1のものに戻ってしまい、呆気なくやられてしまったということが、何度もあった。
      もちろん、一応その突然変異を止めるための、堀パワーを20ほど使う地震も起こすことができるのだが、魔王を勇者に捕まえられて、焦っている状況でそこまで手が回るわけもなかったりするので、ここは少し不満かなと思えてしまった。

      とはいえ、先に挙げたように、モンスターの数も前作とは比べものにならない量になり、ステージや勇者の数も倍以上、パロディに関しても量も質も前作以上になっているため、十分過ぎるほど遊べる。
      また、今作では、魔王の部屋という、出てくるモンスターも自在に決められる、ダンジョンを掘るだけのための部屋が存在するので、僕のような「ダラダラとダンジョンを見るだけ」という、ザ・コンビニや、テーマパークシリーズが好きな人向けの、まったりプレイもできる。
      なので、大方文句なしの、良作であることは間違いない。
      前作からプレイしている人のために、前作のデータを引き継ぐと、前作の勇者が一斉に会する、「魔王の思い出」もプレイするできるので、初代をプレイ済みの人は特に、そうでない人も初代からプレイすることを、オススメしたい。
      83点

      関連レビュー 勇者のくせになまいきだ

      | うたまん | - | 07:43 | comments(0) | - | - | - |
      << 呟き21 | main | 呟き22 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 07:43 | - | - | - | - |









            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR