ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
リズム天国
0
    リズム天国


    いわゆる音ゲーというものの楽しさというのは、自分がその楽器を演奏しているという陶酔感と、音楽にノっているという楽しさ、その二つに集約されると思う。
    もちろん、どのゲームもそれら二つの割合の差であって、ドラムマニアやギターフリークスなどは陶酔感、太鼓の達人やポップンミュージックはノる楽しさの表現に、それぞれ力を入れている気がする。

    で、このリズム天国は、音楽にノる楽しさというのを極限まで簡素化して表現したゲーム、と言えるのではないか。
    流れてくる音楽のリズムに合わせて、特定のボタンを押す、ただそれだけ。
    まぁでも、極端なことを言えば、他の音ゲーだって、表示されるリズムに合わせてボタンを押すだけなのだが、このリズム天国が「極限」と表現できるのは、徹底してリズムに合わせることだけに集中できるゲームになっているところだろう。

    ゲーム画面は、他のゲームのように、アイコンが流れてきたり、バーが流れてきたりして、そのアイコンやらバーが、このラインに来たらボタンを押してください、というような表示にはなっておらず、大抵ボタンを押すべき音のリズムに合わせて、画面に動きがある、という形になっている。
    つまり、予め画面に表示された「何か」に合わせてボタンを押すのではなく、流れてくる音楽のリズムにノって特定のタイミングでボタンを押すというゲームなのである。
    なので、視覚でもある程度タイミングを捉えることが可能な、従来の音ゲーと違い、自分のリズム感と聴覚による捉え方が比重の大きいゲームなのである。
    この聴覚とリズム感の比重の大きさが、音楽にノる楽しさを極限まで引き出すことに繋がっている。

    なので最初のプレイでは、従来の音ゲーに慣れていて、且つリズム感のない僕は、相当苦戦した。
    初回はアーケードでの、友人との二人プレイだったわけだが、思わず「こんなんできる奴おんの?」と言ってしまったぐらいだ。
    とはいえ、慣れれば、というよりもプレイの仕方、つまりリズム感と聴覚によるタイミングの捉え方を意識すれば、それほど難しいゲームではない。
    もちろん、難易度の幅は広いので、難しいものはかなり難しいし、簡単なものなら比較的視覚でも捉えやすいようにはなっていたりする。
    しかし基本的なプレイは、リズムにノることで、ボタンを押すタイミングを知るというものであり、ゲーム内でも表記されているが、「リズム感を鍛える」ことで、難易度の高いものも、クリアできるようになる。
    この成長の課程というか、少しずつ難しいリズムにも乗れていくというのも、なかなか面白い。

    特定のボタン、しかも大体はAボタン一つだけだったりする、簡単な操作で、リズム感にノるということだけに、徹底したゲームである。
    なので、それに面白さを感じられない人には、向かないゲームではあるのだろうが、なんというかこのゲームは、音楽本来の楽しさをとてもよく表現できているように思う。
    リズムにノる、という楽しさに限ったことながら、音ゲーの面白さに簡単に触れられ、その簡単さ故に分かりやすく楽しめる。
    携帯ゲーム機らしい、気軽に楽しめて簡単で、馴染みやすい、良質なゲームとして、普段音ゲーというジャンルに興味を持たない人にも、プレイして欲しいゲームだと思った。
    75点

    | うたまん | - | 03:22 | comments(0) | - | - | - |
    << 呟き22 | main | 大学生にプレイして欲しいゲーム100 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 03:22 | - | - | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR