ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ゲーム討論会 大神
    0
      がね:はい、じゃぁ僕からは、キングダムハーツシリーズをやろうかと思ったんですが、大神にします!

      日本神話をベースにしたアクションRPG。
      ヤマタノオロチの封印が解かれた、妖怪が跋扈する世界で、ヤマタノオロチを再び封印するため、主人公の犬、白野威は絵師のイッスンと共に旅に出る。
      徹底した日本画風のCGと、説明書すら巻物風という一貫した世界観が特徴
      さらに謎解き要素のような、アナログスティックで筆を書くことで、様々なアクションができる「筆しらべ」など、独特なシステムも存在
      2008年最高のゲームと名高い、正に神ゲー。


      がね:えぇ、まさに大神は、いいゲームが必ずしも売れるわけではない、というのを体現しちゃっているゲームなんですが。まず、説明書から、既に巻物風になっているほど、気合の入ったゲームなんです
      で、あらすじを説明しますと、世の中に再び現れたヤマタノオロチを封印するために、冒険していくという、ゲームなんです。この白い犬が


      きむ:ソフトバンクですね、分かります

      うた:わかんねぇよ!(笑)

      がね:いや、一応性別不明だからね、とかどうでもいいけど。で、まぁシステムの説明から入ると、まずキャラクターの成長が、主人公は神様ですから、人々とか生き物の、信仰心が成長に影響するんですね。なので、人々を助けてあげたり、あと道端の猫に餌をあげるとか、そういうことで、成長するんだけど、これが神様が主人公っていう設定と、完璧にリンクする、人の信仰心を集めて神様が強くなる、ってのが凄く合っていて巧い。さらに、まぁ色んなキャラクターがいるんだけど、最近のゲームでは珍しく、声優が声をあててないじゃんね。声のようなキャラクターごとの効果音を、文章読む際に鳴らすだけ。

      うた:ギフトピアですね、わかります

      きむ:いやそれこそわかんねぇから!伝わらねぇから!(笑)

      がね:まぁとにかく、声をあてていないので、日本神話というか、昔の日本のイメージを崩さずに物語に入り込めるじゃんね

      うた:確かに確かに

      がね:で、ローディングもかなりシームレスで、街に入るときにちょっとローディングがある以外は、広大なフィールドを駆け回れるし、戦闘の際にも、一応戦闘フィールドみたいな感じで切り替わりあるんだけど、ローディングはほとんどなしという、非常にやりやすい感じで

      うた:それがまた犬の疾走感と合うんだよねー

      がね:そうそう、でねイメージ的には、もののけ姫

      うた:あああああ!そうだそうだ!

      がね:一歩歩くごとに、草木が花開いて、枯れて……っていうビジュアルが、このアマテラスが走った後に出てくるからさ。あー、神様なんだなぁ、とか、日本神話の舞台なんだなぁ、って感じで、本当に物語に没頭できるじゃんね。でまぁ、さっき言った通りオロチを倒しに行く、ってことでストーリーが始まっていくんだけど、これだけのあらすじだと、きっとラスボスは、オロチかその関係者だろうなー、って思うじゃん

      うた:え

      亀:そりゃそうだ

      がね:けど全く違うんだ

      うた:ええええ!?ホントに!?あらま、積みゲーしちゃってたから全然知らなかった……

      がね:だってぶっちゃけ、オロチ序盤です。

      うた:ええええ……

      がね:まぁ、そこまで行くのに10時間ぐらいかかるんだけどさ。で、オロチ倒して、倒したーと思ったら、そこから始まります

      うた:ええええええ……そうなんだ……そりゃビックリ

      きむ:つかうたまん、これも積んでるのかよ

      うた:うん、ごめんなさい

      がね:まぁでも、確かにどっぷりプイレイするタイプのゲームだからさ。クリアに60時間とかかかったりするし

      うた:だけどそれはあれでしょ、いい意味でサブとメインのストーリーの質に差がないっていうかさ

      がね:うんうん、サブイベやると、強くなったりもするんだけど、メインのストーリーの裏側とか見えてきてたりするからね、サブだからといって、なめちゃいかんね。それにサブの方も相当システム作りこんであったりして、釣りのミニゲームがあるんだけど、大物釣るのに30分とかかかったりしたからね

      きむ:ええええ!?

      うた:それもう釣りのゲームじゃん(笑)

      がね:でもまぁ忘れちゃいけないのが、やっぱりメインの筆しらべってシステムなんだけど、白紙の巻物が出てきて、アナログスティックで筆を動かして、実際にマークとか模様を書くんだけど、空に○を書いたら太陽になったり、半円描いたら月になって、夜に変わったり、稲妻書いたら、雷で敵を攻撃したり、というような、直接的にプレイヤーが能力を発動させるシステムなんだけど、これがコマンドじゃなくて、実際に自分で書いてるから、自分で能力発動させたなっていう没頭感があるし、それで敵を倒さなきゃいけないから、結構何を使うか考えるうえ、筆しらべの数も結構あるじゃんね

      うた:あ、そうなんだね

      がね:そうそう、だから意外と考える要因にもなったりして。ただその分、かなり難易度は抑えられているんで、若干操作性が気になるところもあるんだけど、まぁいいかなと。あとあと、プレイした後だと、神様で、日本神話で、筆使うシステムがあって、もう絶対このグラフィックしかない、っていうぐらい和のテイストを大事してるデザインなんだけど、一見すると慣れてない絵だから拒絶されやすくて、そこが売れてない原因でもあるのかなぁとも思うんだけど……

      うた:売れないんだねぇ……

      がね:そうそう、だからこの開発したとこなくなっちゃったりしてるんだけど……でもねぇ、一回やれば本当に没頭できるゲームなんだよね

      うた:確かにねぇ……説明書すら世界観に合わせるほどの一貫ぶりだしねぇ……積んでるけど(笑)でもホント、グラフィックが綺麗だ凄い、とか言われて久しいから、それに慣れてきちゃってる中で、いきなりベクトル変えて和の方向に持ってくるだけで、こんなのできちゃうんだ、ってのはビックリしたよ。

      がね:リアルってのは、「実写に近づいていくことじゃないよ」ってのは、これが証明したようなもんだよね。でもやっぱ、ボリュームとかがアダになってるのかなぁ、ってのはあるよね

      うた:でもやっぱ、さっきからがねさんも言ってる通り、そのゲームに入り込める感は凄いよね。筆にしたって、これ伝わるかまた微妙だけど、魔法陣グルグルの魔法陣書いてるみたいなのさ。グルグルのゲームって、魔法陣描けないじゃん

      きむ:描けない描けない

      うた:あぁ、反応ありがとう(笑)でも、その魔法陣が描けるようなもんで、自分がやってる、っていう没入感はこのゲーム独特だよね、そのうえシステムが世界観に沿ってるから、一回スッと入ったら出て来れないような感じ

      がね:そうそう、でね、これみなさんプレイしてないから、核心まではネタバレになっちゃって言えないけども、人々を助け幸せにし、妖怪を倒し、世界を救う……それを60時間ぐらいずーっと続けて、辿りついたラスボスの演出が、まぁラスボスに演出のあるゲームって、たまにあると思うんだけど

      るく:ペルソナとか

      がね:そうそうそうそう!

      うた:マザー2とかね

      がね:うんうん。そんな感じの演出があって、60時間をやり通した人というか、アマテラスになって人々を平和にした人だからこそ、その感動が堪らない、グッとくる演出じゃんね

      きむ:おおー、いいねぇ

      がね:もうなんつーかね、本当に「負ける気がしない」

      うた:熱いねぇ!(笑)

      がね:熱いよー、本当に泣きそうだったし。あと忘れちゃいけないのがロード画面なんだけどもー

      きむ:ロード画面?普通に、あの「NowLoading」とか、出るやつ?

      がね:そうそう、普通に最初は気づかないと、単なるロード画面が表示されるだけで、犬が紙の上歩いたように、手っていうか、足の肉球の跡みたいなのが映って消えるんだけど、これがボタンを押すと、この跡がその数だけ増えるじゃんね。んで、ずっとボタンを押し続けてたらドンドン増えていって、あるところまで押すとアイテムが出てくるじゃんね。で、それが分かった以上、以降のローディング画面はアイテム取るために頑張るんだけど、長いことゲームやってて初めて、「ローディング画面短いよ!」って思っちゃったからね

      うた:それは凄いな!!

      きむ:その発想はなかった!(笑)

      がね:そうそう、だからこの発想が凄いなってのは、思ったね

      うた:そうだよなぁ、トイレ行く時間じゃないんだもんなぁ……

      がね:そういうところも含めて、面白いゲームなんだけど、やっぱり長いからねぇ、今の時代に合ってないのかなぁ、ってのは思っちゃうね

      うた:でも、せっかく和のテイストってジャンルがあるんだからさ、こういうゲームがもっと出てくるといいのにね・朧村正とか、そっちの方向っぽいのあるみたいだけどさ

      がね:まぁでも、売れなかった神ゲーってのは、間違いないんで、オススメしときます


      次回に続きます
      | うたまん | - | 19:33 | comments(1) | - | - | - |
      << ゲーム討論会 428 封鎖された渋谷で | main | カオスヘッドノア >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:33 | - | - | - | - |
        俺も大神は積んじまった人です
        やっぱプレイ時間の長さとそれに合わせて回数の増える戦闘の詰まらなさが辛かったですね
        逆に言えばそれ以外は凄くいいのに、惜しい作品
        | アーク | 2010/03/29 8:17 PM |









        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR