ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
「飽きない」は大事―ドリームクラブZERO
0
    ドリームクラブZERO


    はい、完全に、ちょっと前に書いた、これの前作、ドリームクラブのレビューは、これを書くため、だったわけなんですが、それは置いといて。

    前作に続き、今回も、友人からプレゼントされるという形で、プレイをすることに。
    正直言って、プレイ前から期待はしていませんでした。
    なにせ、前作から変化しているようには思えなかったから。
    手にしたパッケージを見ると、見たことのないキャラが何人かいて、そのうちの一人が椎名へきるということで、あぁ歌が巧い人を取り入れたんだなぁ、と思ったぐらいでした。

    で、暇をみて、前作と同様のノリでプレイ。
    きっとアイマスと比べてやっぱりシナリオが浅いから、もっとキャラが魅力的になるように頑張れ、とか言って前作と同様の感想を書き残すことになるんだろうなぁ。
    とか思ってました、完全に。

    ところが、プレイを始めてまず、前作との違いに驚きました。
    前作同様、女の子も自分も酔っている、ETSという状態がキーになっているのですが、その状態へ持っていくのがかなり簡単になっています。
    そのおかげで、女の子それぞれのシナリオを進めていくのが、かなり容易に。
    更に、その状態であるか否かに関係なく、会話のレパートリーが増えているのか、同じ会話を単調に続けることが少なくなりました。

    つまり、普通に女の子との会話を楽しむゲームとして、楽しくなっているという事実。
    まぁ、こんな書き方をしてしまうと、前作がどんだけ悪かったんだ、という話になるかもしれませんが、少なくとも普通のアドベンチャーゲームとして楽しめる程度には、飽きずに楽しくプレイできる、ということです。


    で、その影響で、初期の女の子11人は指名してみよう、ということでずるずるとプレイを続けた結果、前作には登場していない、新キャラもプレイすることになりました。
    まぁ、これは当然の流れと言えばそうなんですが……で、見つけたのがこの↓のキャラ




    「あすか」というキャラなんですが、正しく、「不覚にも萌えた」、という感じでして、ドツボにハマってしまい、なんやかんやとこのキャラをクリアしてしまう始末。
    更にはダウンロードコンテンンツにまで手を出し、新衣装を着せたり、別のキャラを攻略してみたり……完全にゲームにハマってました。
    あれ!?前作は酷評してたのに、なんで!?と僕自身も思えてしまいましたが、まぁ実際前作から比較すれば、面白くなっているのは間違いないです。

    加えて、基本的に僕はムチムチしているキャラが好きなので、結局自分のツボには元々あっていたキャラクターのゲームが、今作でそこそこプレイできるようには面白くなった、というところでしょうか。
    ミニゲームの種類も増え、その難易度もかなり上がっているので、最高ランクを目指そうとすると、それぞれのゲームをかなりやり込む必要もあったり、全体的に飽きにくくなっている気がします。
    更に今作は、そう簡単にお金を溜めることができないため、キャラクターの攻略状況などを鑑みてアルバイトの計画を立てなければならなかったり、プレゼントが絡むイベントや、女の子のお店の休みの状況などを考慮して、自分の行動の計画が必要だったりと、何気にやることが多かったりします。
    まぁ、そこまで緻密な計画を立てる必要があるのかというと、怪しい話ではあるんですけども……

    ただ相変わらず、アルバイトに関しては「何をどうやるか」という計画だけで、ミニゲームは発生せずです。
    キャラクターそれぞれの『シナリオ』に関しても、やっぱりアイドルマスターと比べると面白味もなく、デートイベントが多々増えたために、「プレイヤーが関わっている感」は増しているのですが、それでも他人行儀な感じは否めないです。
    更にローディングの長さも変更なく、かなり気になる長さだったりするので、やはり絶賛できるほど面白くはない気が……

    それでも、キャラクターにそこそこ魅力を感じる人ならば、プレイするのはアリかもしれません。
    ドリクラというゲームに興味を持てる人ならぜひ。
    そして、次回以降の更なる面白さにも期待します。
    74点

    関連レビュー
    ドリームクラブ
    | うたまん | ゲーム | 19:50 | comments(0) | - | - | - |
    << 「面白いけど難しい」は、どこまで許されるかのか―キャサリン | main | アプリレビュー >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 19:50 | - | - | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR