ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
『記憶喪失』という設定が見事過ぎる爆笑コメディ―ハングオーバー
0
    ハングオーバー


    消えた花婿と史上最悪の二日酔い






    最近映画見てないなぁ、せっかくMAC買ったんだし、ituensで映画借りて見ようかなぁ。
    なんて勢いに任せて借りてみた本作、純粋なコメディ映画でした。

    2日後に結婚する新郎ダグのため、独身最後のパーティ(バチェラーパーティ、でしたっけ?)を企画。
    新郎の二人の悪友と、義理の弟を引き連れて、一行はラスベガスへ。
    ホテルで身支度し、4人で今日を楽しむための酒を飲んだところで、いきなり場面が転換。
    朝になり、目が覚めると、ホテルの部屋はめちゃくちゃ、花婿は何処かに消え、トイレには何故か虎、そして一室には誰のものか分からない赤ちゃんまで……
    目覚めた3人は皆昨晩の記憶がないため、仕方なく赤ちゃんの親探しと、花婿を探しに出かける。

    というのが冒頭のストーリー。

    僕自身、シュール系の笑いが苦手なので、物語の序盤では、義理の弟アランの痛すぎる行動が目に付き「あ、これシュール系かな?失敗したかな?」と思いました。
    が、15分頃を過ぎた辺り、場面がいきなり転換し、朝になってからの展開は、その印象を覆すどころか、笑いが止まらないほどのハマりっぷり。
    終始爆笑して、映画でこんなに笑ったのは、初めてホームアローンの泥棒撃退シーンを観た時ぶりじゃないか(どことの比較だよ、という感じですけど)なんて。

    特筆したいのは、表題にも書いた通り、二日酔いからくる「記憶喪失」という設定の巧さ。
    場面がいきなり切り替わり、キャラクター同様、視聴している僕たちも、昨晩の記憶がないため、突如起こる展開に驚愕と爆笑を禁じえません。
    更に、花婿はどこに消えたのか、昨晩何があったのか、といったまるでサスペンスに似た要素によって、シナリオに引き付けられ、その最中に暴かれる、ぶっ飛びすぎた昨晩の出来事。
    いやぁ、コメディのシナリオってやっぱり重要なんだなぁ、と感心してしまいました。

    シナリオ後半には男心にスカッとするような展開も用意されていて、(それなりな)ハッピーエンドが描かれるのも好印象。
    で、更にエンディングで、またもや驚愕と爆笑に包まれるという二段オチ。
    いや、本当に巧いです!


    低予算ながら、興行収入の良さから、続編の製作が決まっていたりするので、そちらも期待!
    とりあえず、同じ監督の「デュー・デート」を観てみようと思う次第です。
    | うたまん | 映画 | 22:29 | comments(0) | - | - | - |
    << 最高のマインドマップ用アプリ―popplet | main | もっとこの世界の設定を活かした話を読みたい!―機工魔術士 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:29 | - | - | - | - |









        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR