ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    やる気の問題を通して、お金で人が幸せになれない理由も見えてくる―モチベーション3.0
    0
      モチベーション3.0




      モチベーションがありません。

      いや、この日本語はおかしいかもしれません。普通、「高い」か「低い」で表現するでしょうから。
      でも、「ない」と言ってしまうぐらい低い日々が、続いているなぁと思います。

      原因についてはまたの機会に語るとして、そんなわけで、この本を書店で見かけたときに、面白そうだと思う下地ができていた僕は、パラパラめくって即座に購入していました。

      内容としては、モチベーションの歴史を、OSに例えています。
      元々人間は、文章内でモチベーション1.0と呼ばれている、生物と同様の脳内OSに基づいて行動をして、生存競争に打ち勝ってきたと。
      で、工業化の時代に、モチベーション2.0、いわゆる、「アメとムチ」とか「信賞必罰」と言われるモチベーションの管理の仕方が主流になり、それが100年以上続いている、ということらしいです。

      ですが、科学者の間での実験から、人間のモチベーションに関しては、この2.0はどうやら古い、ということが、わりと昔から言われていたようで、その理由を数々の実験から説明しています。
      詳しい内容は本を読んでみてください、ということになるのですが、掻い摘んで説明すると、例えば「お金をやるからこの仕事をやってくれ」と頼まれると、人間はその結果として貰える「お金(利益)」の方にばかり目が行くようになり、それが目的になってしまいます。
      そうすると、仕事そのものを遂げることが目的にはならないため、仕事をより良く、早く、創造的に、やり遂げる方法を模索しなくなるのだそうです。

      ちなみにこれとは逆の場合も例として挙がっていて、園児のお迎えに対する遅刻者に、遅刻者には相応の罰金(育児時間の延長料金)が加算されるシステムに変更したところ、罰金を設定する前の2倍以上に、遅刻者が膨れ上がるんだそうです。
      これはつまり、「お金を払えばいいんでしょ」と対象者が思うことで、遅刻を避けようとする態度がなくなる、ということのようです。
      この辺りの話が、後々に「お金が人を幸せにしない理由」などにも繋がっていく文章は、なかなか読み応えがありました。

      表題にもなっている、肝心のモチベーション3.0ですが、これについて特に面白いのが、「報酬を用意しない」ということ。
      後から「今回はよく頑張ってくれたから、報酬を出す」と言っても、それが続いてしまうと、2.0と同様、その報酬に目が移ってしまうのだそう。
      なので、対象のやる気を出すためには、絶対に報酬を目的とさせないことが重要なようです。

      また、3.0に関しては、この目的以外にも、自律性と熟達、という観点から内容が描かれています。
      要は、自律性を持って自由に、報酬ではない社会的な目的のために、熟達と呼べるまで続ける、ということが3.0が実装されていることのようです。
      しかしながら、ビジネスシーンでの活用例、指摘例が多く、個人のレベルにこれを落とした時に、どう実装できるのか……
      どうにも、誰かモチベーションを上げたい対象を持っている人のための本であって、自分のモチベーションを上げるためのものではない気がしますね。

      しかし、それでも「自律性」「熟達」「目的」の3つというのが大事というのは、確実に伝わってきます。
      できることなら、それら3つを考慮したうえで、自分が何をするのか、何を仕事にするのかというのを考えるべきだということが、よく分かりました。
      | うたまん | ビジネス書 | 18:57 | comments(0) | - | - | - |
      << 細かいところを言えば、前作よりもお使いゲー過ぎる―戦国無双3Z | main | 夢にまで見た、ドラクエオールスター―ドラゴンクエストモンスターバトルロードビクトリー >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 18:57 | - | - | - | - |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR