ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ヒーローものに、こんな新境地があるとは!―キックアス
0



    ヒーローに憧れる主人公、というのはよくある話になってしまったけれど、この映画はそんな「よくある」からの脱却ぶりが凄いです。

    比較的、B級映画の印象が強いのかな?と前情報の段階では、思い込んでいた、この「キックアス」という映画。
    確かに、パロディの方法や、シナリオの無茶具合(現実的に考えて、幼女にあれができるのか、とか。笑)はB級っぽい印象も受けますが、そのシナリオ展開はA級と言えるのではないでしょうか。

    単純に、ヒーローに憧れる主人公、という使い古されたシナリオだけ終わらせるのではなく、そこに本当にヒーローとして活躍する幼女とその父親の話が入り混じり、更にはその親子には隠された過去があって…なんて説明すると、「まぁあるよね」という話になってしまうのですが、それをそれと終わらせないのが巧いところ。
    ヒーローもののパロディや、ヒーローに憧れる思春期の少年の成長活劇かと導入では思わせておいて、実は本物のヒーロー親子の話が本筋、というシフトチェンジの仕方は、そのスムーズさもあって胸に響きます。
    しかも、その少年を蔑ろにせずに、巧いこと本筋に絡めていくのも、シナリオの巧さが際立ってます。

    映像的にも、アクションシーンに力が入っていて、まさかの幼女の暴れっぷりに(その可愛さも相俟って)凄い衝撃が走るんですが、このグロさも含めて、ヒーローものへのパロディというか、ブラックジョークなんだろうなぁ、という印象。
    にしても、幼女の間違った方向への成長ぶりに、ちょっと心配になりますが。

    主人公のあまりの痛さとか、ダメっぷりに笑える一方で、ヒーローになれずに、様々な悪事に無関心でいる周囲や自分が許せない、という考えから頑張る主人公の姿勢には、共感を通り越して感動を覚えます。
    定番モノからちょっとズレた、それでも安定した面白さのある作品です。
    | うたまん | 映画 | 20:21 | comments(0) | - | - | - |
    << 気が遠くなるほどの絶望感。だが、それがいい―進撃の巨人 | main | 好きなMP3で音ゲーが遊べる!―Any Beats >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:21 | - | - | - | - |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR