ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    自由度が、面白さと直結しない理由―フェイブル2
    0
      グランドセフトオート(GTA)シリーズにも代表されるような、広大な世界で好きなように遊んでください、というタイプのゲーム、いわゆるオープンワールドというジャンルは、僕のかなり好きなジャンルです。

      GTAから始まって、トゥルークライム、ライオットアクト、オブリビオン、などなど。
      最近はあまりプレイが出来なくて、フォールアウトなんかは見逃してしまっているわけですが、それでもこのジャンルへの興味は尽きません。

      そんな中で、このフェイブルというゲームは、初代の頃からどうにも僕の肌に合わず、すぐにプレイを投げてしまっていました。
      前作の1については、弟の方がハマって、僕はそれをチラ見する程度。
      以降も、フェイブルシリーズの動向は追っていたために、3が出ていることと、その内容が王様になれたりするという新しいシステムを取り入れていること、くらいは知っていました。
      当然、この2についても、多少の事前情報は知っていたので、犬が相棒として加わったという新システムには、興味を持ってました(僕はどちらかといえば犬派ですし)

      で、嫁の薦め(というか、興味?)もあって、プレイしてみたわけなんですが、前作と同じような流れで投げてしまいました。
      なんでだろうなぁ、ということをテキトーに振り返ってみようと思います。

      まず、ゲームの内容としては、よくあるRPGの世界。
      中世ヨーロッパの世界観で、魔法が使えて、という世界観で、前作主人公の子孫、英雄の末裔である主人公が、姉の仇をとるというシナリオを交えつつ、悪と戦っていくという感じのシナリオ。
      オープンワールドらしく、家を買って家具を増やしボロ家を綺麗にして誰かに貸して儲けたり、誰かと結婚し子供作ることもできたり、店を買うことで収益を得たり、そこそこ色んなことができるのも魅力です。
      当然、悪事を働くこともできて、そういうことをしていると憲兵みたいなのがやってきて、取り締まってきたり、その憲兵すら攻撃すると戦いに発展したりと、そういうことも出来たりします。

      こう聞くと、凄く面白そうというか、自分で説明してて、こんなゲームあったら面白いだろうな、と思える説明になるんですが、実際のゲームは面白くないです。
      無条件に近いぐらいで、オープンワールドを面白いと思える僕が、オープンワールド系で一番面白くないと思えるのが、このシリーズ、っていうぐらい面白くないのです。

      何故かというと、ゲーム全体に蔓延る妙なブラックジョーク(思うに僕は、この製作者のピーター・モリニューと肌が合わないんだとも思いますがw)も嫌なんですが、全く自由を感じられない、人との関わりに深みを感じられない点がダメでした。
      まず、人との交流ができることをウリにしていますが、基本的にストーリーに関わりのないモブキャラは、全員反応が同じです。
      全く同じというと、流石に言いすぎで、多少の違いはありますが、特筆できるほどの差はありません。
      なので、誰かには良い人と見られて、誰かには悪い人と見られる、ということもほとんどありません。
      同様に、この特別な人と結婚したい、という気も全く起こりません。みんな同じなので、そもそも誰かと特別な関係になる必要性を感じません。
      ワールドネバーランドにも負けるくらい、キャラクターに個性がありません。

      加えて、上記シナリオの通り、基本的にはシナリオをこなしていくことが、「良いこと」になります。
      「善悪の判断、そしてその結果はプレイヤー次第」みたいなことを書いていますが、実際にシナリオ運びでは、善いことしか選択できません。
      そもそも、悪い方を選択すると、商店でぼったくりに会うなど、難点が多すぎるため、選択する意味を感じません。
      ただ殺戮したいがために悪い方を選んでみるのも、最初のうちは新鮮味を感じます。
      しかし、少し時間が経ったり、シナリオが進んで善い行いをしていると、先の殺戮は帳消しになるぐらいの勢いで、善い人と評価されます。
      一体善悪の判断に何の意味があるのでしょう?

      更に、広大なマップを作って、広い世界を作ったとのことですが、あまりにそれを実感できません。
      というのも、街と街、あるいはダンジョンの間を冗長に作ってあるだけ、という印象で、その間に何か面白いものがあるとか、イベントがあるというふうには感じられません。
      初代に比べて、メインのストーリーが長くなったために、多少はシナリオや世界に愛着が沸くようになっているようですが、それにしても浅い世界だなぁ、と思えてしまいます。

      その他、戦闘システムに関しても、これはわざと難易度を下げているんだとは思いますが、それにしてもあまりに単調です。
      テキトーな遠距離攻撃用の武器で、連射をしながら敵の攻撃を避けていれば勝ててしまうという塩梅。
      なんというか、全体的に色んな食材を取り揃えたから、食べていってくださいね、という料理屋なんですよね。
      食材は豊富でも、料理の品数としては大したことないから、すぐに浅さが見えてしまうと言いますか……
      同じ豊富さでも、オブリビオンぐらいとんでもない数を揃えてくれれば、まだ面白いと思えたんでしょうが…
      3は、王様になってから、というシステムが加わっているので、まだ気になるところではありますが、基本的に2まではオススメできません。
      洋ゲーに抵抗がない人でも、その荒削り具合には辟易してしまうのではないか、とすら思えます。


      31点
      | うたまん | ゲーム | 20:17 | comments(0) | - | - | - |
      << 小説討論会1−5 ジーンワルツ | main | 小説討論会 1−3 殺人勤務医 >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 20:17 | - | - | - | - |









        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR