ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
小説討論会 1−3 殺人勤務医
0



    順番が入れ替わっているうえに、動画は中断し、更に僕の性格の悪い電話のやり取りが完全に録音された形ですが、このまま続行…

    犬っちが出してくれたのが、大石圭の殺人勤務医、ということで。
    タイトルから、既に色物感が出ておりますが、そういう選出だということなんで、納得です。
    で、個人的な直感から、色物に拘ったために、これをオススメしてきたのかな?と思ったんですが、どうやら普通に犬っちはオススメだったようで、なんというか動画にも出てますが、発表者に完全に失礼な問答が続いてしまっている印象ですね…

    いや、というのも僕自身は全くと言っていいほど楽しめませんでした。
    楽しめなかったというか、読んでなんとも思わなかったというか。
    もっというと、読んで時間を無駄にしてしまったな、とか思ってしまうほど、とにかく感想がない!無味乾燥、ってのは洒落ではなく、素直に思ったことなのです。

    対して犬っちは、「主人公の立場とか境遇に憧れる」と仰る通り、確かに主人公はモテモテで金もあって自由な暮らしで、凄く快適そうなんですよね。
    ただでも、子供の頃に虐待されてたりとか、その職業とか考えると、全く憧れなかったので、僕としてはその発言は新発想でした。

    って、完全にシナリオなどなどの説明を忘れておりますが、中絶専門医師の主人公が、街中で会った気に食わない人を自分の邸宅の地下に閉じ込めて、殺していく日々を描いた小説です。
    もっと詳しいことを言おうとすれば、殺し方とか日常の展開とか、色々言うことはできるんですが、結局上記の説明に収まってくるだろうと思います。
    そこに収まってくると思えるほど、僕としては浅い物語だなと思えてしまいました。

    しかしながら、中絶に関する倫理観などの問いかけや、理不尽だけど取り締まることができない人々を閉じ込め殺すことによる共感と爽快感、そして正義を振りかざすわけではなく、それらを含めた命の重さ、消せる命と生きる命の違いを考え続ける主人公への共感などなどは、確かに読み応えがあったかなとは思います。
    なので、えびちゃんも言っていた通り「弱者の味方になろうとしてる」という読み方も、ありだとは思うんですが、それは主人公が否定しているのもあって、どう読めばいいんだろう?と思えてしまったんですよね。

    そんなことを話した際に、犬っちからこれも新発想だったんですが、「それぞれのケースで、自分が殺される側か殺す側どちらかというのを考えたら」と返答を貰って、妙に納得してしまいました。
    自分の中にも人にもある理不尽なものと、どう折り合いを付けるのか、そんなことを考えながら読む小説なのかも、なんてなんて

    ただ、先にも書いた通り、無味乾燥です。
    というのは、山なしオチなし意味なしを地で行くような小説なので、万人にはというか、大体の人にはオススメできないような気がします。
    中絶も含めて、命というものを様々な角度から触れていますが、犬っちの言う通り「触れ方が痴漢みたい」な不思議な触れ方なので、そういう新発想を知りたい方には、いいのかなぁ?
    | うたまん | 小説 | 02:40 | comments(0) | - | - | - |
    << 自由度が、面白さと直結しない理由―フェイブル2 | main | なにこのガッカリゲー、でも大好きだ!―ダンガンロンパ >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 02:40 | - | - | - | - |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR