ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    麻雀の面白さを再認識ー麻雀小僧
    0
      正直、麻雀漫画なんて何が面白いんだろう、とか思ってました。
      別にサッカーや野球を筆頭にした、スポーツと違って、スーパープレイがあるわけでもないし、確かに麻雀が強くなるかもしれないけど、それにしたって何が面白いんだろう、なんて。
      ただそれは、単純に面白い麻雀漫画に出会っていなかったんだと、この漫画を読んで思い知りました。

      他の麻雀漫画に関して、正直ほとんど分からない僕は、比較できるのはアカギだけになってしまうのですが、それすら鷲巣麻雀と呼ばれる、特殊な牌を使用した、特別ルールの麻雀での戦いをチラ読みした程度です。
      なので実際のところ、初めてしっかり麻雀漫画を読んだということになろうかと思います。
      しかし少なくとも、僕がイメージしていた麻雀漫画の予想とは、全く違った展開が成されていて、純粋に面白かったです。

      まず一番の違いは、競技麻雀ではなく、賭け麻雀を描いているという点です。
      この違いについても、僕はほとんど分からなかったわけですが、端的に言えば、競技麻雀は上手い麻雀、賭け麻雀は勝つ麻雀をしなければならないというところでしょうか。
      普遍的な麻雀のルールに加えて、赤ドラがのったらボーナスとしていくら、というように、点数だけでなく、一回の対局毎にお金が変動したりします。
      また、主人公の働く麻雀が、かなりの高レートのため、当然のように安い役で素早く上がる戦法も、有効になってきます。
      そのうえで、敵に上がらせず、なるべく自分があがるように役を作っていく様や、捨て牌からの読み合いなどなど、ないと思っていたスーパープレイの数々が、描かれています。

      僕にとって、麻雀というのがそもそも、仲間内で行うもので、知らない人に説明する際にも、「でっかいポーカーのようなもん」などと言ったりするのですが、この漫画を読んで、考えを改めました。
      今まで、テキトーに好きな役であがれたら、嬉しいからという理由で、ホンイツやチンイツをよく狙っていた僕ですが、勝ちを求める面白さもあるんだと、思い知りました。

      賭け麻雀をやれるほど、そもそも強くないので、本格的なその部分については、この漫画を読むことにしますが、勝負としての麻雀、麻雀における強さを別視点から教えてもらったような気分なので、改めて麻雀にハマってみようと思います。
      | うたまん | 漫画 | 01:13 | comments(0) | - | - | - |
      << どういう意図で出来たマンガなんだろう…―ポケットモンスター リバースト | main | 7月の振り返りと、8月の目標? >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 01:13 | - | - | - | - |









        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR