ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
心に響いた、『感情』論―ユダヤ人大富豪の教え ふたたびアメリカへ編
0
    本田健の本、特に『ユダヤ人大富豪の教え』、については、成功哲学ということに囚われず、人生とかお金のこととか、いろんなことを少しでも考えている人に、オススメしている僕だったりします。
    シリーズ化された、続編の(2)も当然のように読み、つい最近本屋に行ってこの3作目を発見しました。

    1,2と続き、お金との付き合い方に、重点を置いていたように感じたこのシリーズですが、今回の3作目は、その印象からは乖離しています。
    というのも、主人公ケンは、既にある程度ビジネスを成功させている、ある意味の成功者であるからです。
    じゃぁ、何が今回の問題になっているかというと、冒頭、その成功者であるケンの奥さんが、実家に帰ってしまいます。
    その事件を、人間関係、主に感情の面から、どうしてこうなってしまったのか、どうすれば解決できるかというのを描いているわけです。

    今まで、この手の本がわりと好きなので、本田健に留まらず、色々と手を出してきた僕ですが、初めてこのジャンルで涙しました。
    まさか物語以外の本で泣くとは…といっても、この本も広義の物語だとは思うのですが、少なくとも今まで胸いっぱいになっても、涙することはありませんでした。
    しかし、この本では序盤から、涙が止まらず、読み進めては涙して中断し、また読み進めていく、という繰り返しでした。
    というのは、正に読んでいた時、嫁との関係が微妙だったというか、かなり本格的な喧嘩をしていたから、だったりするんですが、その影響もあってか、主人公のケンへの感情移入が凄かった気がします。

    最後の方にも記載のある、「人間関係のチャート」というのをメインに扱っています。
    「ポジティブ」か「ネガティブ」か、そして、「自立」か「依存」か。
    その2つの観点から、「ポジティブ自立」「ネガティブ自立」「ポジティブ依存」「ネガティブ依存」の4パターンに人間は分類され、1対1の人間関係の全ては、この4区画の綱引きになる、という考え方です。

    それぞれの特徴を、簡単に記載すると…
    「ポジティブ自立」なんでもやってやる!と意気込むリーダータイプ
    「ネガティブ自立」周りはバカばっかりだ、と思い何でも自分でやろうとする、有能な管理者タイプ
    「ポジティブ依存」できない、分からないと困ってしまう、いじめられっ子タイプ
    「ネガティブ依存」凄く繊細で、色んなことを感じ取るタイプ
    というような感じです。

    で、綱引きというのがどういうことかというと、例えば僕が「ポジティブ自立」になっている、ということは身近な人はその対称である、「ネガティブ依存」に成りやすい、というわけです。
    同様に、僕が「ポジティブ依存」になっている時は、相手は「ネガティブ自立」になっている、というような感じで、この2パターンで綱引きをしているような、作中ではダンスと言われている人間関係に陥る、というわけです。

    この考え方というのが、驚くほど僕ら夫婦間にも適用されていて、僕は内容に酷く惹きつけられたわけなんです。
    というのも、僕は上記のように、やる気のある時とか、嫁が困っている時は、「ポジティブ自立」になってまくし立てる一方で、「できない、分からない」の状態になると、嫁にバカだ、どうしてできないんだと罵られる、「ポジティブ依存」になっているなと、自覚してしまったからです。
    つまり、夫婦間で実際に、この「綱引き」と呼ばれる現象を、あまりにも体感していることに、気づかされました。

    解決方法としては、全ての人間関係の間に、「センター」を探し、そこに近づいていく、ということが挙げられています。
    その際に語られる、「ポジティブだから良い、ネガティブだから悪い」、「自立だから良い、依存だから悪い」ということもなく、それぞれの立場の気持ちを汲むことで、人間関係は発展し、良いものになっていく、ということにもちょっとした衝撃を受けました

    当たり前のこと、と言われればそれまでと感じられてしまうかもしれませんし、7つの習慣などでも言われる、「自立を超えた相互依存が大事」という話にも通じることだとは思います。
    ですが、ケンがセミナーを受けているという、物語の体裁を取っているこのシリーズらしく、その過程が描かれていることで人間関係の発展の方法が、よく分かります。
    とても実践的で、とても心に沁みるからこそ、僕のように感極まる人もいるんじゃないかなぁ、なんて思う次第です。

    今までのシリーズ同様、成功哲学的な要素も、もちろん含まれていますが、人間関係と感情にこれほど重きを置いているのは、初めてのような気がします。
    人間関係の重要性を、結婚によって知った僕だからこそ、みんなにオススメしたい本です。
    | うたまん | ビジネス書 | 06:54 | comments(0) | - | - | - |
    << ノベルゲームに抵抗がないなら、絶対にオススメ!―428 封鎖された渋谷で | main | 第二回マンガ討論会 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 06:54 | - | - | - | - |









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR