ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ゲーム性あるいはゲームレビューについて
0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    ゲームレビューと称しながら、ゲームの感想を書き続けること、早10年にもなろうかという、うたまんです。
    といっても、ズボラな私なので、レビューの数はそんなでもないんですが。

    最近の私のゲームのプレイ状況は、世間の波に漏れず、ソシャゲをプレイする時間も増えたんですが、意外にもアナログゲームのプレイ時間が増えています。
    そのアナログゲーム(主に人狼とドミニオンですが)をプレイしていて、つくづく思うのが、ゲームの面白さについてでした。

    今までのゲームレビューに関しては、この辺りを見てもらえれば分かる通り、漠然と100点満点中、そのゲームはどれぐらいか、というのを評点としてきました。
    ですが、時が経って改めてレビューの点数を自分で振り返ると、どうにも納得ができないという事態に。
    なんというか、こんな言い方もナンですけど、ファミ通レビューみたいになってるんですよね←


    そんなわけで、ちょっと改めてゲームの面白さを振り返るために、レビューの点数の付け方を改めようと思い立ちました。
    改めてプレイして、懐かしいゲームのレビューとか書いてみたいな、とか思ったのが切欠なんですが、これを機にかつてプレイできなかったゲームを、バーチャルコンソールなりゲームアーカイブなりでプレイできたらなぁ、なんて思う次第です。

    ゲームの点数付を、10点(最高)〜0点(最低)の11段階で、基本9段階(上の中が8点のように)にします。
    で、そのゲームの点数は、ゲームとしての面白さのみに変更します。
    グラフィックが良かろうが、音楽がどれだけ素晴らしかろうが、シナリオがどれだけ感動的だろうが無関係です。
    なので、例えば分かり易い例でいくと、ダンガンロンパというゲームは、個人的には大変好きなゲームなのですが、このゲームとしての面白さに関しては「3点」と付けたりします。
    で、レビューの詳細において、3点のくせに物凄い勢いでオススメする、というような感じにしようかと思います。

    つくづくゲームレビューというか、ゲームの面白さってなんだろう、というところに興味が出てきたので、ちょっとそういったところを重点的に考えてみようと思い立ち、こんなことをやってみることにしました。
    実際のレビューにおいては、ゲーム以外の部分に関しても、当然良かったとか色々書いていきます。
    が、それでもゲームとしての面白さを、これからいっそう追っていきたいなという所存です。


    ってのを書いてから、ゲームレビューに関する更新が全然されなかったりするんですが、それはまあいつものことということで……←
    | うたまん | ゲーム | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << 道の駅 瀬戸しなの | main | 龍が如く5に見る、魅力的な主人公の『呪い』 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 04:20 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/804
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR