ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ほぼドミにて、続々投入のドミニオン新拡張「Adventures」
0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    前回に引き続き、ほぼドミニオンのお話です。
    ほぼドミさんの仕事が速すぎて、ブログの更新ネタに困らない状況なので、しばらくドミニオンの話は続きそうです←


    さて、今回紹介するのは、新拡張の紹介第二弾で発表された、「Reserve」カード。
    今までの「持続」とか「財宝」のようなカードの種類を表すものなので、おそらく「予約カード」とかって訳されるのではないでしょうか。

    名前の通り、カードを使うことで、酒場マットへカードが移動し、予約された状態になります。
    この状況でカードに記載された条件に当たるとき(ターンの最初、とか、アクションカードを使用した後、とか)に「呼び出す」ことで、予約部分の効果が使えるようになります。

    今のところ、そのカードを予約をしたターンに、予約部分の効果を使えるカードが見られないため、予約の効果を使うのは次回以降のターン、ということになります。
    その関係で、場に留まっている時間が長く、効果を使わない(呼び出さない)限り、酒場マットに溜まり、何枚でも溜めることができます。
    そのため、持続カード以上に、デッキに入ってくる頻度が少なく、全体的に使用頻度は少ない気がします。

    とかまあ、この辺りは個別にそれぞれのカード毎に載せた方がいいかもですね……ということで早速。



    (左から順です)

    Coin of the Realm (日本語訳:国貨?)
    財宝カード 1コイン
    このカードをプレイした時、このカードを酒場マットの上へ置く。
    -----------------------------------------------------------
    アクションプレイの解決後、このカードを呼びだした場合に+2アクション
    2コスト

    財宝カードにも関わらず、予約後に呼びだすことで、2アクションがプラスされる、村と言うか岐路のイメージに近いカードです。
    面白いのは、ターミナルアクション(+1アクションのないアクションカード)を使った後にも、このカードを使うことによって、アクションコンボが繋がるという点。
    自分の手番が回ってきて、最初に鍛冶屋を打って、引いてきたカードにアクションカードがあっても打てる、ということに。

    当然ながら、ターミナルアクションの有用性が増しますね。
    特に地下墓所と一緒に使った時は、これどうなるんだ、という感じでした。

    一応、1コインとしての価値もあるんですが、完全にオマケで、ドンドン酒場マットに移動させて、デッキを安定させる流れになるかなと。
    +されるアクションが「2」なので、思った以上にターミナルアクションを入れても、デッキが巧く動きます。

    ルール的な話をすると、1コインとしてプレイした際に、すぐに酒場マットに移動してしまうため、銀行のカウントに入りません。


    GUIDE (日本語訳:案内人)
    +1ドロー
    +1アクション
    このカードを酒場マットの上へ置く。
    -----------------------------------------------------------
    あなたのターン開始時、このカードを呼び出し、手札を全て捨て、5枚カードを引いても良い。
    3コスト


    ドミニオンクローンの、「たんとくおーれ」に、似たような効果があります、手札リセットとでもいいましょうか、この効果。
    ついに本家ドミニオンにも出てきた、という感じなのですが、想像以上に安定します。
    序盤の金量不足から、呪いまき対策、そして終盤の勝利点ばかりの手札スキップなどなど。

    そもそものアクション効果がキャントリップなので、デッキに組み込み易いので、とりあえず差し込んでおいて損はないかなと。
    ステロへの対応から、コンボの補助など、何でもありというか、安定が増します。

    特に民兵なんかの手札を捨てさせる効果には強く、中でも嫌な幽霊船にも対応してみせます。
    酒場マットにあればあるだけ、手札を全部捨てて引くことを繰り返せるため、あればあるだけ強いかなと。
    まあもちろん、これを買っているだけで勝てるわけではないんですがw


    Toransmogrify (日本語訳:変身)
    +1アクション
    このカードを、酒場マットへ置く。
    -----------------------------------------------------------
    ターン開始時、このカードを呼び出し、手札を1枚廃棄して、それより最大1コスト多いカードを獲得し、手札に加える。


    改良の、予約方式版、とでも呼びましょうか。
    ターンの開始時に手札から何らかのカードを廃棄して、1コスト多いカードまで、手札に加えられます。
    最初これを勘違いしていて、銅貨を廃棄してしまったんですが、1コスト多いカードまでを「手札に加える」の部分は強制なので、手札を減らすことはできないんですよね
    (結局銅貨を買い直しましたがw)

    しかしながら、手札に来た呪いを銅貨に変えて、1金足らない病を回避したり、序盤の屋敷を銀貨にしたり、終盤の5コストカードを金貨にしたりと、かなり役立ちます。
    しかもそれが手札に入ってくるわけですから、このカードが予約されているだけで、かなり幅広い展開を考えることができますね。

    特に終盤では、「最大1コスト多い」というのを忘れずに、金貨を公領に変えたりといったことも考慮したいかなと。
    とはいえ、手札にそれは本当に最後の一手になりそうですがw



    全体的に見ても、予約カードはかなり使えるので、どのカードとの相性が……という話まではプレイしてても感じませんでした。
    ただ逆に、酒場マットに移動してしまう分、実際にカードを使う頻度が低くなるため、どのタイミングでデッキに入れるか、というのを悩むことになりそうです。
    特に、案内人と変身は、その数に関してもかなり悩むことになりそうな印象。
    まだまだ色々なカードと組み合わせて使ってみたいですねぇ
    | うたまん | ドミニオン | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << 何処よりも早い、新拡張プレイ、なのでは!? | main | 初代PSのキャッチコピー集 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 22:47 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/809
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR