ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ドミニオン冒険の、イベントカードの話をしよう、その2
0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    その1の続きです。
    引き続き、イベントカードの話を。

    保存 1コスト Save
    +1カード購入
    ターン中に1度だけ:
    あなたの手札のカード1枚を脇に置き、ターン終了時(カードを引いた後)にそのカードをあなたの手札に加える。


    1コスト支払うと、停泊所のようなことができる、イベントです。
    地味に気をつけておきたいのは、次ターンのための手札を引いた直後に、この効果で脇に置いたカードも手札に入るので、民兵のようなカードが効いてしまうということ。
    ま、その手のカードがある場で、そもそもこれを使うのか、という話なんですけども
    ただその辺りの効果のせいで、よろずやとか望楼とかが使いにくくなったりするのは、気をつけるべきかもしれません。

    基本的には当然、無駄に余ってしまったカードを次のターンに送ることに使うわけなんですが、1コストを支払って1枚を送る、というやり取りに、意外と頭を悩ませることが多いです。
    銀貨を送りたいんだけど、そうするとこのターンの購入が微妙になるし、購入を充実させると送るものがない…みたいなこととか。
    プレイ感覚としては、例え銅貨1枚でも送っておくと、「1足らない」の状況を打破できるんで、結構重要だという実感はあるんですけどね。
    ただ、そろそろ公領買おうかな、というタイミングで出てきた6金を、公領買って保存するのか、それとも金貨買うのか、のようにいろいろ悩む機会も多いです…

    保存するカードに制限はもちろんないので、香具師回避のために呪いを次ターンに送ったり、馬上槍試合のために属州を送ったり、あと宝の地図がこれによって早々に揃った時にはちょっとビックリしましたが、この辺りは正に停泊所と同じ感じなので、いろいろと活用法を考えたいですね。


    偵察隊 2コスト Scouting Party
    +1カードを購入
    あなたのデッキの上から5枚のカードを見る。
    その中の3枚を捨て札にし、残りを好きな順番で山札の上に戻す。


    イベント制航海士です、と断言してしまうほど、使い方が航海士っぽいというか、なんというか。
    当然坑道とのシナジーはとんでもないものがありますし、デッキの回転を早めるという意味では、航海士よりも良い時もありますね。

    基本の使い方は、何かの拍子に2コスト多く出てしまい、+購入もないから、という時にこれを買いつつ目的のカードを購入して、次のターンの手札を良くする、といったところでしょう。
    序盤で8金が出てしまった時に、これと金貨とか。
    終盤で10金出てしまった時に、これと属州とか。
    7金止まりだった時に、これと公領とか。

    たまに使っていて、あんまりに引いた5枚が良くて、3枚捨てるのに迷ったり、なんて場面もありますけどね。
    だから12金出た時に、これを2回買って属州、みたいなことをやると、結構面倒なことになりますが、呪い場とかではそういう選択もありかもしれません、なんて

    イベントなので当たり前ですが、アクションを消費しなくてよく、2金が余っていれば買えるので、航海士よりも使いやすいことも多いです。
    といって、航海士と同時に王国カードとして並んだことはないんですが
    ハマれば使えるイベントですが、忘れていても誰かが使えば思い出せるので、それほど注意する必要もないかな、という印象ですね。



    移動遊園地 2コスト Traveling Fair
    +2カード購入
    このターンあなたがカード1枚を獲得するとき、そのカードをあなたのデッキの上に置いてもよい。


    玉璽っぽい、とか、望楼っぽい、とか、言い方はなんでもいいんですが、こちらもまあ既存の効果のイベント版ですね。
    あ、でもイベント購入後に効果があるということを鑑みると、玉璽の方が近そうですか。

    デッキの一番上に置けることの凄さはドミニオンをプレイしていればわかる話なので、割愛するとして、+購入が維持できるどころか、増える唯一のイベントである点に注意したいかなと。
    2金払えば、とりあえずその場で購入できるカードが増えます。
    庭園とかシルクロードを考えると、かなり有用ですね。
    たまぁにあるんですよね、庭園プレイなのにビックリするぐらい偏って、6金出ちゃう、みたいな
    そういう時にこれを経由すれば、庭園と銅貨を買えてしまう、と。
    書いてて、そもそも庭園プレイで6金出てるのに、購入権が増えてないことも少なそうなのですが、まあ増えるのには変わらないので、良さ気なプレイです。

    あとはやっぱり、余分に2金出た時に使うと、有用なことが多いですね。
    大体上記の偵察隊と同じ話になりそうです。
    ま、確かにどちらも、次のターンのカードの質がよくなりますしね。

    これもプレイの際は、忘れていても誰かが使えば思い出すので、注意はしてないことが多かった気もします。



    なんだか総じて、前回記事のイベントよりは、影響力が低そう…?
    いやでも単純に、僕が今回の記事のイベントをあまり使っていないので、経験則を話せない感じもありそうですね…
    まだまだ知らないシナジーがありそう…とか思いながら、引き続くことにします。
    | うたまん | ドミニオン | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ドミニオン冒険の、イベントカードの話をしよう、その1 | main | ドミニオン冒険の、イベントカードの話をしよう、その3 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:11 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/815
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR