ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    ドミニオン冒険の、イベントカードの話をしよう、その3
    0
      JUGEMテーマ:ゲーム


      引き続き、イベントカードの話を。
      その1はこちらその2はこちら、です。

      本日は、3コストのイベントカードです。


      焚き火 3コスト Bonfire
      あなたの場に出しているカードを、最大2枚まで廃棄する。


      要するに、プレイしたカードを廃棄できる、というカードです。
      財宝カードはプレイした瞬間にコインを出すので、例えば初手の3金で焚き火を買い、早速2枚の銅貨を廃棄、ということができます
      (果たしてそれが有効な場面があるか疑問ですが…焚き火−仮面舞踏会とか?)

      基本的には、序盤にデッキに入れて、後半になるにつれて使わなくなるカードを、プレイしつつ処分する、という使い方になりますね。
      分かりやすいのが、廃棄の終わった礼拝堂及び金貸し。
      よく邪魔になってますから、この2枚が廃棄できるだけで、結構有り難いイベントです。

      また、暗黒時代の一部カードが呪いのように撒き散らす廃墟を、プレイしながら廃棄することもできます。
      ただ、使ってみた感想としては、さすがに狂信者の廃墟まきには勝てないな、という印象…

      注意点としては、プレイできるものしか廃棄できないため、廃墟は廃棄できても呪いはできませんし、屋敷などの勝利点も同様ですね。
      なので最初に書いた、初手「焚き火−仮面舞踏会」ってのはそんなに有効打かというと微妙なような(自分で言ってて、ですが)

      活用すると結構有り難い場面も多いんですが、意外と無視しててもなんとかなったりして、影響力は低いかもしれません。
      特に、これしか廃棄する方法がない場で、それなりに強いステロカードが存在すると、廃棄は完全に無視してステロに走った方が早かったり…
      あ、そうか、多分焚き火−仮面舞踏会より、素直に銀貨−仮面舞踏会の方が早そうだから、余計に微妙に思えるのかもしれませんね(この辺りの確率?勝率?も気になるところですが)
      とはいえ、初手から圧縮できるという貴重なイベントなので、要検証、といったところかもしれません


      探検 3コスト Expedition
      あなたの次の手札でカード2枚を追加で引く。


      単純に、3コストを払って次のターンのための手札を2枚増やす、というものです。
      購入があれば、そしてお金が足りれば、2枚が4枚になり、6枚になり、とドンドン増やしていけます。

      個人的には、3コストしか出なかったターンに、とりあえず次のターンを良くしようと、買ってみてしまうイベントですね。
      終盤に公領すら買えない4金とか出てしまって、仕方なく買うような場面も多々経験しております。

      低コスト帯の他のイベントのように、+1購入があればなぁ、と思うことも多いんですが、まあそれだと強すぎますよねぇ。
      そんなわけで、購入さえあれば、序盤に9金出て、金貨とこれとか。
      終盤に11金で、属州とこれとか。
      最終局面、属州買って決着させたくないから8金で公領とこれとか。
      そういった利用方法はあるんですが…やっぱり+購入が出せずに、なかなか使えないことも多い印象です。

      ルール的には、クリーンナップフェイズに引くようなので、民兵系があるときは買いづらいですね。
      とはいえ、前哨地を使っている方ならわかると思いますが、5枚の手札が2枚減るのは結構辛いですからね。
      逆に5枚の手札が7枚に増えるのは、結構有り難いわけで。

      もっと巧く使いたいなぁ、とつくづく思うイベントです。


      渡し船 3コスト Ferry
      あなたの−2コストトークンを、サプライにあるアクションの山札へ移動する(あなたのターン、その山札に由来するカードのコストは2少なくなるが、0未満にはならない)


      さて、問題の、イベント、ですねー。
      冒険の全カードが公開されたとき、「イベントってすげー!」と特に思ったのは、こいつと後に紹介する7コストの「相続」のせいだったんです。
      それぐらい、実際にプレイする前から、要注意だろうなぁと思っていました。
      が、それ以上に、その予想以上に、実際にゲームに与える影響が大きく、これが出てきたらまず注意するべきイベントですね。

      効果はそのまんま、特定のアクションカードのコストを、自分のターンだけ2コスト減らすことができます。
      トークンが乗っていれば効果は永続的なため、初手でこいつを買って、5コストのカードを購入、ということもできます。
      運よく3−4、となった場合には、初手渡し船で貴族に−2コストトークンを置き、次に貴族を購入という、渡し船−貴族、なんてことも。

      また、蝋燭職人をゼロコストにして買い集めたり、宮廷を5コストにしたり、大市場を4コストにして施しで初手から獲得したり、とにかくいろんなことができますね。
      また、この渡し船というイベントそのものを再度購入することで、−2コストトークンは置き直すことができるため、十分に集めたアクションカードはコストを戻し、更に他のカードのコストを下げる、なんてこともできます。
      まあ、それが有効な場というのは限られてくるとは思いますが
      (でも過去に終盤貴族を集めるために、再度渡し船、なんてこともあったりしました)

      で、まあ、単純に自分にメリットがあるように、いろんなことができる、汎用性の高いイベントだな、というところなんですが、恐ろしいのは相手のアタックカードと絡んだ時です。
      というのも、相手のターン中、この渡し船の効果があるということなので、例えば詐欺師や騎士などのアタック効果がとんでもないことになったりするんですね。

      純粋に、騎士などは、相手が渡し船を置いているせいで効果範囲が広がったりします。
      相手が鍛造に渡し船を置いているせいで、騎士が自分の鍛造を廃棄する、なんてことも(結構慌てました
      更に酷いのが詐欺師で、せっかく自分が7コストで取った宮廷を、−2コストトークンを宮廷に置いているプレイヤーが詐欺師でめくり、「宮廷→公領」という流れを見せられた時は、逆に笑えました(こんな奇跡ある!?肝心の1枚当たって公領とか有り得る!?とか叫んでた)
      ま、こんな極端な例はともかく、4コストのカードを屋敷に、なんて流れは有り得るかもしれないんで、注意が必要ですねぇ…

      例えば、橋や街道のように、今までなら均等に全てのカードのコストを減らしていく効果のものばかりだったので、石切り場さえなければ、こういう効果はなかったように思います。
      その石切り場も、闇市場を使わなければ、財宝カードをプレイするタイミングでしかプレイできなかったので、そんなに考慮する必要もなかったかなと。
      ところが、この渡し船というイベントは、特定の一つのカードを2コスト下げてしまうため、コストに起因してアタックを仕掛けるカードによって、トンデモな状態が起こるんですね。

      まあ、この辺りがすごく、新拡張なんだな!と改めて新鮮さを実感したところなんですが、当然7コストのカードを公領にされたらそれだけで勝つことは難しくなりますし(まず精神的にダメージを受けますし)、本気で注意をした方がいいイベントだと思います。
      しかも冒険には「語り部」という、アクションカードを使うフェイズで財宝カードをプレイできる、今までは闇市場にしかなかった効果を持つカードもありますからねぇ
      ま、この辺りはむしろ、語り部の石切り場のシナジーで考えた方がいいかもですが。


      立案 3コスト Plan
      あなたの廃棄トークンをサプライのアクションの山札へ移動する
      (あなたは、その山札に由来するカードを購入する時、先に手札からカードを1枚廃棄してもよい)


      廃棄トークンを動かし、以降そのカードを購入する時、カードを廃棄してもよい、というイベントです。
      購入する時、なので、獲得では廃棄できません。
      また、「してもよい」なため、廃棄をしたくなければしなくても大丈夫です。
      この辺り、汎用性が高く、有り難い印象です。

      初手から購入予定のカードに廃棄トークンを置くことで、屋敷を廃棄しつつ、デッキを整えることができます。
      先の焚き火でも挙げた、仮面舞踏会は、むしろこちらの「立案−仮面舞踏会」の方が現実的ですね(3−4でも4−3でも屋敷を1枚廃棄できますし)

      ただし、購入時に発動するため、あまりにも人気のカードに廃棄トークンを置くと、自分で買う機会が少なくなった結果、廃棄できる機会を失うことにもなったりします。
      ま、再度立案すれば、他のカードに移動できるわけですが、その1ターン、あるいは1購入を使って良いのかどうか、結構悩むことになりますね。

      コストが同じこともあって、上記の焚き火とどうしても比べてしまうのですが、こちらの立案の方が、ステロ向きなような気がします。
      ステロに使うカードに初手で廃棄カードを置きつつ、それを買った時にカードの圧縮をする、というように、ステロにちょうどいい圧縮が可能ですね。

      しかしながら、焚き火同様、呪いまきなどには対応できませんし、焚き火よりマシとはいえ、これしか廃棄方法がない場では、そもそも使うかどうか迷うことになります。
      今のところの個人的な印象では、それでも場にあるなら使った方が良い、という印象ですが、はてさて。
      | うたまん | ドミニオン | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      << ドミニオン冒険の、イベントカードの話をしよう、その2 | main | ほぼドミとかNAVERまとめとか、最近のいろいろと >>
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 09:00 | - | - | - | - |









        http://utaman.jugem.jp/trackback/816
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + REVIEW
        + CONTENTS
        + NEW REVIEW
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + LINKS
        + PR