ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ドミニオン、帝国、の所感
0

    JUGEMテーマ:ゲーム



    ビックリするぐらいお久しぶりに、このブログを更新しております、うたまんです。
    前回が今年の初めに「帝国出るよー!やったぜー!」みたいなこと書いてる記事なので、ほとんど1年ぶりですよ、おいおい

    タイトル通り、一通り推奨サプライのプレイを終えて、帝国のカードの考察とかないかなとか探してるんですが、さすがに日本語版発売前ということもあって、なかなか見つからないのです。
    そんなわけで、まあとりあえず僕が書いておけば、後に続く人も現れるんじゃないかな、とかテキトーなことを思って、メモがてら。

    今回の帝国、やはり一番の大きな変化は、ランドマークカードの登場でしょう(僕らのサークルでは、その名もまんま「環境」カードと訳しましたが)
    前回の拡張、「冒険」のイベントのようなものなのですが、イベントのように効果を購入するのではなく、ルールとして追加される、というようなもの。

    例えば…
    「ゲーム終了時の得点計算時に、丁度1枚しか持っていないカード1種類ごとに−3VPを獲得する。」(wolf den→狼の巣)
    「ゲーム終了時の得点計算時に、勝利点カード以外で山切れしているサプライの山のカードを1枚所有しているごとに1VPを獲得する。」(tower→塔)
    「あなたのターンの終了時に、そのターンに1枚もカードを獲得していなければ、Bathsより2VPトークンを獲得する。
    開始時の準備:プレイヤー人数ごとに6VPトークンをBsthsの上に載せる。」(Baths→浴場)
    などなど。

    基本的に、勝利点の獲得方法を増やす傾向のものが多いので、「この場は○○のカードを買っておけば間違いないな」と思うようなサプライでも、新たな勝ち筋が見えることが多いです。
    その分、元々が「どのカードを軸にするのが早いんだ…?」と迷うことの多いサプライだと、かなりカオスなことになるかなと…
    まあこの辺は慣れもあるかもしれませんが、三山枯れでの終了が頻繁に起こるなぁ、という印象でしょうか。


    そしてもうひとつの大きな変化として、負債(debt)トークンというものがあります。
    0金でも購入権があれば(且つ負債トークンを現在持っていなければ、ですが)買え、次に何かを購入するには、まずその負債分のコインを払わなければならない、というもの。
    前回の「冒険」で出てきたマイナスコイントークンを、自分で積み上げる感覚、という言い方も妙ですが、そんなイメージです。
    0コストでも変える、ということから初手でも変える分、初手から買うのはあまり良くない効果のカードが多い、というのが発売前の印象だったんですが…
    実際のところは

    「+1vp、金貨を獲得する」(イベント:4コイン+3負債)(その名も結婚式)

    というようなものもあり、初手から金貨を入れるかどうかを迷ったりするなどもあって、負債を背負うかどうかかなりの頻度で考えさせられることとなりました。
    この辺りも、戦術の幅を広げてるなぁという印象です。


    そしてそして、妙に印象に残る新カード、Spilit Pile、というのも忘れてはいけません。
    上の5枚と下の5枚が別々のカードになっていて、順番が固定されているという一つのサプライです。

    全4種類ありつつ、これが1種類でも出ているだけで、要するに王国カードなのに5枚しかないカードが2種類も投下されるわけで、場合によっては取り合いになることも。
    今まで以上に、他プレイヤーの動向を気にしてカードを獲得していかなければなりません。
    また当然のように、下のカードの方が欲しい、という状況が多いのも、また憎らしいところで…本当に頭を悩ませることが多いですね


    あとは個人的に特殊勝利点が好きなので、「城」という新タイプカードが出てきたのは嬉しかったです。
    3コストから順に10コストまで、効果は違うものの「城−勝利点」は固定というカードが一つの山になっているサプライで、まんまと取り合いになります。
    が、集める方はもちろんカットされると嫌なんですが、カットする側もどう取ろうかと悩むことになる、面白いさじ加減のカードたちです。
    特殊勝利点好き、そしていろんな種類のカードを使いたい僕には、たまらない(でもそんなに強くないというか勝てない)いいカードだなぁと思っております。


    だらだらメモしてて思いましたが、今回の拡張は戦術の幅が大きく増えたという点や、勝利点獲得の方法が増えたというところで「繁栄」と似てるかなと思いましたが、カードの種類が大きく増えたという点では、「暗黒時代」を感じるようにも思います。
    ま、暗黒時代ほどではないにしろ、やはり上級者向けのカードが多いのかなぁと。

    一方で、アタックカードがない場だと、ソリティアをプレイしているかのように思われてしまう(らしい)ドミニオンにおいて、アタックカード以外の要素で他プレイヤーの動向を気にするカードが増えたように思います。
    この辺りも上級者向けの要素のように思われますが、意外とカジュアルにプレイしても楽しめる要素も多いので、いい塩梅なんじゃないかなと。

    一つ気になる点があるとすると、イベントカードのひとつに、破壊工作員ぶりぐらいの「禁止カード」になりそうな「Donate」があるということぐらいかなぁ…(まあでも、サークルでやる分には抜けばいいんですけどね)


    そうそう、そんな感じで、日本未発売の最新拡張をプレイする場として、我らがサークルLEDのドミニオン部会が、毎月名古屋で開催されてます。
    詳細に関しては、LEDの広報ブログドミニオン部会の記事を読んでいただければと思いますが、ホビージャパンの公式サイトにも告知できましたので、名古屋のドミニオンプレイヤーが集まってくれるといいなぁ、ということでご案内しておきます。

    あとはまあ、気が向いたら、個別の感想なんかも書いておきたい…でもとりあえず日本語版の発売が早いといいなぁ、なんて思いつつ、ではまた
    | うたまん | ゲーム | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ドミニオン「帝国」 | main | ドミニオン帝国のカード、その1Legionary >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:19 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/821
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR