ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
VRシネマティックアトラクション アーガイルシフト
0

    JUGEMテーマ:ゲーム



    ホラー実体験室 脱出病棟Ωの次にプレイしたのは、アーガイルシフトでした。





    VRZONE新宿のチケットが、色分けされたグループの中から一種類遊べる、というシステムで、ぶっちゃけこの色が余ってた、という理由からプレイしてみたんですが、素直に面白いです。

    こちらも当然ローディング画面があるんですが、VR装着後、このゲームの世界観設定をうまく利用したローディング画面が始まって、没入感が高まります。

    開始早々、相棒のアンドロイドであるアイネちゃんの顔が真ん前に映るので、「うわっ近いな」と思わず仰け反ることになる点も含めて、演出が良いなと。
    そして出撃準備の時点で、座席が揺れたりという演出から、没入感たっぷり。
    出撃した直後の景色に、思わず声が漏れましたね。

    直後に敵機との戦闘が始まるんですが、単純なシューティングのはずなのに、その迫力たるや…いやぁ、こういうゲームがプレイしたかったと思えるものでしたよ。
    (まあでもこの辺り、単純にVRというもののスゴさなのかも、とも思ったり…)

    難点は、直後にプレイしたのがホラーゲームというのもあるかもしれませんが、プレイ時間が短いな、と思えること。
    実際のところ、アーガイルシフトも脱出病棟Ωもプレイ時間はそれほど変わりないと思うんですが、夢中になって敵機を倒そうとするアーガイルシフトの方が、断然短く感じます。
    プレイ終了時も「え、ここからが面白そうなのに!?」というところで終わってしまうので、余計そう思うのかも…

    というか、これを書いてる時点で、プレイから半年以上経ってるんですが、この辺りの問題って解消されたんだろうか…?
    解消されないにしても、PSVRでプレイできるような環境が整えば、多少高くてもプレイするんですけども?
    というぐらいには、続きが気になるし、ゲームとしても面白かったです。
    続きをなんとか制作陣に頑張っていただきたいものの、PSVR以外での家庭でのプレイ環境が整っても、厳しいんだよなぁ…
    ま、座席やコントローラーの問題もあると思うので、ぜひVRのゲーセン的なところで展開してくれると有り難いなと。
    | うたまん | VR | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ホラー実体験室 脱出病棟Ω | main | ドミニオンnocturneの話 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 08:38 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/838
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR