ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
マリオカート アーケードグランプリVR
0

    JUGEMテーマ:ゲーム



    脱出病棟Ω、アーガイルシフトと続き、更に同日に遊んだのが、マリオカートアーケードグランプリVRでした。





    当日一番人気で、1時間ほど待ってからのプレイ。
    その間、他のプレイヤーの皆様の様子を見ていたわけなんですが、結構悲鳴とか上がってまして。
    キャッチフレーズも上記のように『ヤバイ』とかあるんで、パックンに襲われて悲鳴とか上がるのかな?とか思っておりました。

    これもナベデンさんと同時プレイで、4人まで同時プレイできるので、その場で他の二人組の方とご一緒しました。
    まずは座席に着くのは他のVRと変わらないんですが、両手に手袋型のコントローラー的なものを付けます。
    (この時に、「それで他のプレイヤーの人が手を挙げる動作をしてたんだ」と今更納得)

    4人はそれぞれ、マリオ、ルイージ、ヨッシー、ピーチの4キャラのうちのひとつが割り振られます。
    ここから多少記憶が曖昧なんですが、確か自分がルイージで、横を向くとナベデンさんのマリオが、後ろを見るとご一緒したお二方が、それぞれヨッシーとピーチになっていて、360度マリオカートの世界が広がります。
    この時点で「おおー」とか言ってたんですが、スタートのカウントにジュゲムが降りてきたところで、クッパとワリオが先頭にいたマリオとルイージの前にいきなり出てくる、という演出が。
    この時にぶつかられたように、座席が揺れるという演出もあり、悪役二人がズルしやがって!という印象が強く残ります。
    この辺、うまいなぁ、とか思ってました。

    で、早速スタートとなったんですが、今振り返れば、ロケットスタートできるのかどうか、めっちゃ気になるんで、これからプレイする人には試して欲しいです←

    ま、それはともかく、パックンに食べられそうになったり、アイテムを取るのに実際に手を出し、アイテムを使うのにも手で投げる動作が入ったりと、普通の家庭用のマリオカートはもちろん、アーケードとも違ったプレイ感覚で、楽しいです。
    楽しいんですが、前にプレイした二つが没入感としてすごかったこともあってか、わりと「あ、ふつうのゲームだ」という印象でした。

    この辺り、単にVRに慣れただけかもしれませんけども。

    ただ、ゲームとしての面白さは、やはり完成されているマリオカートなので、純粋に楽しかったので、早くアーケード化して欲しい…っていっても1プレイ1000円のゲームがそんなに売れるかわかりませんが、愛知にできたら毎日プレイしたいなぁ、ってぐらいには面白かったです
    | うたまん | VR | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ドミニオンnocturneの話 | main | ドミニオン日本選手権のお話 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:49 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/840
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR