ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ドミニオン ルネサンス ファーストインプレッション
0

    JUGEMテーマ:ゲーム



    ファーストインプレッションとかいうと、全カード発表になったのか!?と思われてしまうかもしれませんが、違います、プレビューの第一印象です、ということで。

    既に宅飲みという限られたメンバーで、しかも限られた回数ではあるんですが、発表となったドミニオンルネサンスの一部のカードを使ってみました。
    大体はブランクカードを代わりにして、という感じですが…
    で、特に印象に残ったものを取り上げて、語ってみようかな、というお話です。
    でも、長くなったんで、たぶんひとつの記事に収まらないんですけどね…ま、やれるだけやりましょうか


    Star chart (星図)
    プロジェクト 3コスト
    あなたがデッキをシャッフルするとき、その中から1枚をデッキトップへ置いてもよい。


    まずはこれ、プロジェクトという一度買うと永続効果を発揮するイベントのようなもの、そのひとつ。
    デッキをシャッフルする度に、その中から一枚をデッキトップへ置けます。
    その文章で既に「ドミニオンからランダム性が減った…!」とか驚いたわけなんですが、実際に使ってみると本当にすごいですねこれは
    基本、初手にこれと4コストまでのカード、って感じです。5-2など要らなかったのだ、みたいな(さすがに言いすぎか
    そして以降はシャッフルする度にその効果を使えるので、特に廃棄場、あるいは引き切りの安定に驚くほど効果があります。

    もうこれに慣れると、星図なしでドミニオンのプレイできない…とかなるぐらいすごい、スゴイよプロジェクト!


    Treasurer(収入役)
    アクション コスト5
    +3金
    ひとつ選ぶ
    ・手札から財宝カードを一枚廃棄する
    ・廃棄置き場から財宝カードを一枚獲得し手札に入れる
    ・鍵を得る

    Key(鍵)
    アーティファクト
    あなたのターン開始時、+1コイン


    そしてやはりこちらも予想を超えて強いな、と思ったのがこの収入役。
    1足らない妖怪対策になる「鍵」ももちろん、地味に自身で廃棄した銅貨を廃棄場から引っ張ってくる効果も、鍵と同じように属州買いが始まると強いですね。
    そしてこのカードの効果によって、あらゆる財宝カードが廃棄置き場から得られることに!

    ノクターンの魔法のランプやお化け鏡なんかも手に入るということで、環境を変えてくれたな、という意味でも衝撃のあったカードです。


    Flag bearer(旗手)
    アクション 4コスト
    +2コイン
    ----
    このカードを獲得、または廃棄するとき、旗を得る

    Flag(旗)
    アーティファクト
    クリーンナップフェイズであなたの手札を引く時、+1カード


    同じくアーティファクトと共に出てくるアクションカード、旗と旗手。
    旗の強さは予想通り、クリーンナップを1枚増やすんで相当強いんですが、プレイの最中、下手をすると忘れがちになるというのが地味に困るところ。
    まあ慣れかもしれませんけど、他プレイヤーが旗を持っていても、自分に害があるように思えないので、スルーしがちなんですよね…

    しかし手に入れている間は、『これ他のヤツに渡すのやべーわ』となるぐらい、その強さを実感。
    まあ初手が2割増しになってるようなもんですし、旗手そのものも、アクション余るようなら銀貨のような動きはしてくれますからね…取り合いをどう制するのか、頭を悩ませそうです


    Ducat (古金貨)
    財宝 2コスト
    +1財源トークン
    +1購入
    ----
    このカードを獲得した時、手札から銅貨を廃棄してもよい


    強い、というか、使っていて安心だなぁこれ、と思ったのがこの古金貨。
    少なくとも銅貨をトークンに変えていけるので、とりあえず2金出たら買って損なし、という感じ。
    地味に購入も増えてますし、蝋燭職人と違ってアクション要らずで便利です。

    地味にノクターンの家宝と相性悪いな…とか気づきましたけど、気にせず入れるべきカードだなと


    experiment (科学実験)
    アクション コスト3
    +2カード +1アクション
    このカードをサプライに戻す
    ----
    このカードを獲得したとき、もう1枚のexperimentを得る(これによって更に獲得することはない)


    初見で書いた通り、3コストで2枚手に入る研究所、ただしプレイすると消えるよ、という印象通りではあったんですが…いやこれ強いっすよまじで
    地味に消えてくれるのも引き切りの準備が整えばそれはそれでメリットになり得ますし、やはりなんだかんだ言って研究所は強いな、って当たり前のことを再認識します
    「えー、ここで銀貨…?」とか3金余って悩むところでも、とりあえずこれを取っておくという選択肢がありだなと。
    こちらも使っていて安心するタイプのカードでしたね。



    うーん、5つ出しましたが、まだまだ語り足りない…やはり続くと思います、次がいつになるかわかりませんけど←
    | うたまん | ドミニオン | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    << ドミニオン ルネサンス プレビュー第五弾 | main | ドミニオン ルネサンス マニュアル公開 >>
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 11:47 | - | - | - | - |









      http://utaman.jugem.jp/trackback/852
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>
      + REVIEW
      + CONTENTS
      + NEW REVIEW
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + LINKS
      + PR