ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ドミニオン日本選手権に向けて、帝国のカードの注意点
0
    ドミニオン日本選手権に向けて、帝国と基本カードの注意点

    誰か多分やるってかもうやってるかもしれないんですけども
    日本選手権2018に向けて、帝国と基本のカードで間違えやすいことなどわまとめました。
    完全に自分用ですが、今回の大会は時間制限がシビアということもあるので、共有というか、一人でも知ってる人が多い方がいいんじゃない?とか思いましてブログ記事にします。

    詳しい話はドミニオンwikiを見た方が早いというか、こちらもドカドカとリンク貼るんですけど、そこから更に注意する点をまとめたつもりです


    戦車競争
    カードの強弱は、「コスト表記の全てが他と比べて≧か否か」で判断されます。
    このため、属州を自分が公開し、左隣のデッキトップが大君主を公開した場合、属州のコストは「8金0負債」、大君主のコストは「0金8負債」となるため、比べることができず、1金1VPは得られないわけです
    このため、帝国基本カード環境では、「比べられない」という状況がそこそこ起こることに注意
    (帝国及び基本の環境下では、最強は『大金』か『王城』なんですけど、勝てるカードが多いのは『大金』、負けないカードが多いのは『王城』となりますね…完全に余談ですけど


    農家の市場
    このカードがサプライにあり、且つ汚された神殿がある場において、農家の市場に1VP以上溜まった状態で、いずれかのプレイヤーが農家の市場を購入すると、1VPが汚された神殿へ移動する、ということに注意
    (これ地味にドミニオンwikiにも記載がないんですが、恐らくこういう処理になると思われるんですが…?)


    女魔術師
    堀を手札から公開して、アタック効果を防げるタイミングは、他プレイヤーが女魔術師をプレイした時のみであることに注意
    また敢えて堀を手札から公開せず、その堀を次の自分のターンの最初にプレイすることで、2ドローではなく、1ドロー1アクションに変えることができます
    女魔術師の効果の対象は、ターンの始めにプレイしたアクションカードであるため、購入フェイズ中にプレイした冠も、対象になることに注意
    (あと、サークルメンバーでプレイしてて気付いたんですけど、例えば前駆者のような、元が1ドロー1アクションのカードは、ついつい効果が変わらないものと思って捨て札見ちゃうので、今回のカードの中では女魔術師の効果で効果の変わらないアクションカードは、庭師のみ、というのも覚えておいた方が良いかもしれませんね…


    ヴィラ
    (まあこいつに関しては注意点ばかりですけど、書庫とのシナジーとか、購入権やアクション権の推移とか注意しましょうねぐらいに…あとはwikiを読みましょう…←


    神殿
    神殿を獲得する際に起こる汚された神殿へのVP移動は、神殿を獲得したプレイヤーのVP獲得と同時に起こります。
    なので、基本的には獲得したプレイヤーが取るものと思っておきましょう
    (今のところ、あえて汚された神殿にVPを移すメリットがなさそうなので)


    資料庫
    玉座の間、あるいは冠の効果で、資料庫の処理を2回行う場合に、いきなり6枚のカードをドローして中身を見ないように注意
    あくまで三枚毎に見て、その中の1枚をターン毎に手札に入れる効果であることに注意
    (ま、この辺りは、焦らず落ち着きましょう、ということで)


    技術者
    公会堂の効果で、2金余らせてカードの購入を行うことにより、2VPを得られることに注意
    (というより、負債を返済するのは購入フェイズの最後である、という点に注意すべきかもしれません)
    これはドミニオンの日々さんが詳しくやってましたね


    大君主
    女魔術師の効果により、「大君主」という名前のカードのまま、1ドロー1アクションの効果で場にプレイされることがある点に注意
    この条件を満たしている場合のみ、大君主を購入することで、列柱からの2VPを得ることができる点に注意
    (これもwikiにないようですが、恐らくこんな処理になるはず…)


    開拓者騒がしい村
    開拓者に対する銅貨にしても、騒がしい村に対する開拓者にしても、捨て札にないのを知っていたとしても、捨て札のカードを見ることはできる点に注意


    陣地
    あえて鹵獲品や金貨を公開しないことで、陣地をサプライに戻せることに注意
    そのため、同じターンで使われた陣地2枚のうち、片方のみサプライに戻す、なんてことは普通に起こり得ます。


    鹵獲品
    1vpを獲得し忘れないよう注意!


    パトリキ
    コスト5以上のカードがデッキにないことを分かっていても、公開することは義務であることに注意
    (日本選手権参加者の人なら、これを利用され兼ねないので、つまりその分パトリキは不利かもしれませんよね…なんて


    エンポリウム
    アクションカードを5枚以上、であるため、財宝カードをある程度プレイした後、ヴィラの効果でアクションフェイズに戻ったとしても、財宝カードの数はカウントされないことに注意
    (豊穣の角笛などとの大きな差です。ただしプレイしたヴィラはカウントされる点がまたややこしい…)
    また、2VPの効果は、獲得でも誘発する点に注意


    剣闘士
    左隣のプレイヤーは、公開されたカードを手札に持っていたとしても、公開しなくても良いことに注意
    (剣闘士を早めに失くしたい場合に有り得るでしょう、そうでなければ1金増えるのを阻止するために公開するべきでしょうが


    大金
    同じターンに2度使用しても意味がないことに注意(購入は増えますけども
    また、獲得時に剣闘士をプレイしている場合、金貨の獲得を忘れないように注意



    獲得時だけでなく、廃棄時も銀貨を獲得する点に注意
    また、獲得の際の銀貨の移動先(デッキトップなのか手札なのか)についても注意



    粗末な城が、山賊の廃棄対象になることに注意
    崩れた城を、大地への塩まきにて廃棄する場合にも、1vpと銀貨を得られることに注意。
    (大地への塩まきの効果と合わせると、2VPと銀貨、ということに)
    幽霊城のアタック(のような)効果は、獲得時効果のため、堀では防げないことに注意


    徴税
    イベントを購入した効果で、そのプレイヤーが選んで乗せる負債の数は『2』
    徴税が採用されたサプライの全てのカードに乗る負債の数は『1』
    サプライの山札全てに乗せるため、銅貨だろうが呪いだろうが乗るということに注意


    大地への塩まき
    墓標があるサプライの場合、合計で2VPを得られる点に注意


    制圧
    属州がない場合には9VPも得られない点に注意


    凱旋
    VPの対象となるカードは、このターンに獲得したカードである点に注意


    併合
    捨て札の5枚までのカードを除外し、その5枚までは捨て札、それ以外を山札とシャッフル、その後に公陵の獲得、という順番であることに注意


    凱旋門
    2番目に枚数の多いカードの数え方に注意
    村3枚、鍛冶屋3枚、市場3枚でも
    村7枚、鍛冶屋3枚、市場1枚でも、得られる勝利点は、3×3枚=9VP


    公会堂
    元手をプレイしたターン、何らかのカードを購入して、2金余らせた状態で2VPを獲得後、元手の効果で負債を返し、負債を減らせることに注意


    水道橋
    汚された神殿のある場で、初めて冠を購入する際に、乗っているVPが、汚された神殿と水道橋に移動する点に注意
    銀貨と金貨にのみVPを置くものの、水道橋の処理の対象は『財宝カード』であるため


    闘技場
    ヴィラを購入した際に、アクションフェイズに戻った後の購入フェイズ開始時に、プレイしなかったヴィラを捨てることでも2vpを得られる点に注意



    引き分けた全員が5VPを貰えることに注意


    墓標
    山賊の効果でVPを得られるのは、財宝を廃棄されたプレイヤーであることに注意


    列柱
    場に同じカードが複数プレイされていたとしても、獲得できるVPは2VPのみ
    ただし、村をプレイした状態で、村を同じターンに2回購入すれば、4VPを得られることに注意


    こんなもん?
    まだまだありそうなんで、気付いたら足していきます、というつもりでいますが、この辺で。
    というか、間違いあったらコメントください。じゃないと私やナベデンが日本選手権当日に間違えて、審判を呼ぶことになります←
    | うたまん | ドミニオン | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ドミニオン日本選手権のお話
    0

      JUGEMテーマ:ゲーム



      https://twitter.com/HobbyJAPAN_GAME/status/982103657226235905

      というわけで、ホビージャパンの速報からそのまま転載ですけど、今年のドミニオン日本選手権は、6/23、24に開催されるようですね。
      想定よりずっと早くてびっくり、という感じですが、例年のことを知らない(去年しか気にしてなかった)ので、まあこういうこともあるんだな、という印象です。
      会場も去年とは違うようなので、注意が必要ですね。

      それにしても、今年の大会のレギュレーションは何になるのか…(帝国が時間の問題でできないとすると、基本第二版のみとか…?)
      続報が気になる次第です。


      ついでなので、他のアナログゲームに関するニュースというか、私が気になってるものの動向をまとめます。

      アグリコラ リバイズドエディション再販

      最近LEDメンバーの間でも流行っている(私が一人ハマって、広報しているだけとも言う)、アグリコラのリバイズドエディション(リメイク版)の再販が行われるようです。

      アグリコラに関しては、最近購入した私も、オリジナル版をプレミア価格で買わなきゃ手に入らなかったぐらい、再販が待たれておりました。
      ので、ある意味ようやくの再販、なので、有り難いわけですが…

      相変わらず、泥沼からの出発というオリジナルの拡張に関しては、プレミア価格ですし、このリバイズドエディションに関しても、5,6人プレイ用の拡張があるんですが、こちらもプレミア価格という…
      アグリコラのプレイ環境が整うのはいつになるのか、というぐらいに品不足(逆に言えばそれだけ人気ということでしょうが)な状況は変わらないので、ホビージャパンには頑張っていただきたいところ。

      本国の方はというと、このリバイズドエディションでの拡張が準備中という話もあったりするので、こちらの日本語版の発売時期も気になるところですね。



      ドミニオン陰謀、再販

      こちらは時系列的には結構前の話になるんですが、ドミニオン陰謀の再販があったようです。

      で、これ注意しないといけないのは、陰謀の第二版ではなく、第一版の方だということで。
      本国アメリカではもう陰謀は第二版が発売されているんですが、再販のあった日本語版は、第一版の方とのことで。
      まあ、少し前の状態でも、この陰謀第一版の方は、プレミア価格になって1万円を超えていたので、順当な価格になってよかった、という感じなのですが…
      正直英語版をいち早く購入している私なんかからすると、早く第二版の日本語版出してくれ、という感じなので、本当にホビージャパンには頑張っていただきたい(いつものセリフ

      ただ、逆に今回の再販が、陰謀の第一版を手に入れるのには、確実に最後のチャンスになると思われます。
      第一版のみに収録されているカードの中にも、破壊工作員はともかく、秘密の部屋や銅細工師など、そのカードにしかできない(というのは大袈裟ですが)動きのあるカードも多いので、プレミア価格になる前に手に入れることをオススメします
      (まあでも、第二版出たあとに第一版のカードがプレミアつくとは思えないけどね…)

      そして陰謀もおそらく、新カードだけをまとめた、縮小パックは日本では発売されないので、第二版を丸ごと買うことになるんでしょうね…いいけどね、いいけどさ



      アナログゲームというより、LEDのアナゲ部会に関するニュースまとめ、みたいな感じですけど、今日はこの辺で。
      | うたまん | ドミニオン | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ドミニオンnocturneの話
      0

        JUGEMテーマ:ゲーム



        ドミニオンのnocturneが発売されて、しばらく経ったわけなんですが。

        サークルLEDはなぜか、アグリコラにハマっています。

        いやもう完全に間が悪かったんですけどね、最近アグリコラを紹介できて、ハマってしまったなという。
        みんな「ドミニオンより面白い…」とか言い出す始末。

        私もだよ!だけどドミニオンの方が時間短いでしょ!

        とか言いながら、夏コミに向けてレビュー本を書くことを忘れないようにしたいと思っています。

        一方で、まだ日本語版の発売がないこともあり、nocturneのカードについて書かれている記事を全然見ないので、とりあえず印象に残ったカードを書いてみようかと。
        この辺りの評価が夏コミまでにどう変化するか、ってのも面白いなと思いましてね。


        Tracker(追跡者)

        アクション Fate コスト2
        +1金
        Boonを得る。
        ---
        このカードが場にあるとき、カードを獲得したとき、それを山札の上に置いてもよい。
        (家宝:ポーチ)


        得られるboon次第ですけど、2コストにしては結構使い勝手が良いなと。
        というか、追跡者についてはそんな簡単な(良い意味の)印象ですが、これがサプライにある時に、銅貨と替わる「ポーチ」が地味に厄介で。
        銅貨と代わらない1金を生みつつ、+購入が付いているので、初手の引きから色々変わります。
        愚者の黄金があった場で、ポーチの引きが明暗を分けたのを見て、びっくりさせられましたよ。


        Secret cave(秘密の洞穴)

        アクション 持続 コスト3
        +1カードを引く
        +1アクション
        手札3枚を捨て札にしてもよい。捨て札にした場合、あなたの次のターンの開始時に、+3コイン

        (家宝:魔法のランプ)


        Magic Lamp(魔法のランプ)

        財宝 Heirloom コスト0
        1コイン
        場に1枚しかないカードが6種類以上ある場合、これを廃棄する。廃棄した場合、(Wishの山から)Wish3枚を獲得する。


        Wish(大願)

        アクション コスト0*
        +1アクション
        このカードをWishの山に戻す。そうした場合、コスト6までのカードを獲得して手札に入れる。


        説明が面倒なカードなんですが、秘密の洞穴を使っていると、初期デッキの銅貨のうち1つが、魔法のランプに変わります。
        さらにその魔法のランプを、場に1枚しかないカードを6種類並べると、大願3枚に変わります。

        場に1枚しかないカードを6種類、というのは難しいようで、そうでもなく、というのはこの魔法のランプも含めていいので、実質5種類。
        その5種類に、銅貨、銀貨、金貨など、財宝カードも並べられるので、狙えば可能ではあります。

        そしてその大願の強すぎること…単に金貨を手札に入れていっても、宝の地図に近い効果ですからね。
        多少ランプの廃棄に時間をかけたとしても、追いつける勢いでデッキが成長します。


        Sacred Grove(聖なる森)

        アクション Fate コスト5
        +1購入
        +3金
        Boonを得る。それが+1金を得るものでなかったとき、他のプレイヤーも同じBoonを得る。


        当初の効果を読んだ印象と、使ってみた印象の差が最も大きかったカード。
        boonの中に+1金の効果が2つだけなので、5/6で他のプレイヤーもboonを得ることに。
        これによって、ウィルオウィスプを全員に配るとか、金貨を全員に配る(3枚捨てなきゃですが)とか、そんなことが序盤から起き得るという、最高に展開の早くなるカード。
        議事堂の1ドローなんて比べ物にならないぐらい、全員の手が早くなるのは驚きますね。
        特に複数プレイヤーが使うと、聖なる森を使っていないプレイヤーがむしろ最速、みたいなことになるので注意したいところ。
        それでも、3金や4金と購入のおかげで、早々にデッキが整いますが。


        Tormentor(厄介者)

        アクション アタック Doom コスト5
        +2金
        場にこれ以外のカードがないとき、Impを獲得する。そうでないとき、他のプレイヤーはHexを得る。


        個人的には、悪いガチャの方のhexは、意外と大したことないな、という印象で、対策をしっかりしておけば、純粋な呪いまきや民兵の方が嫌だ、と思っています。
        が、こいつが出てきた時は、そんなこと言わずに、こちらもhexを配らないと押し負ける印象(まあつまり、この厄介者の打ち合いになるってことですが)

        結局他のhexを他のプレイヤーに与えるカードが、純粋にhexを与えるのではなく、なんらかの別の効果が付いてるので、使われる度にhexをもらう、ということにならないんですよね。
        ところがこの厄介者に関しては、まずそもそも2金生むのと、インプ獲得の頻度がそれほど高くないことから、使われる度にhexをまかれるという事態になりやすく…デッキも手札もひどいことに…
        hexは大したことないと言ったな、あれはウソだ、という感じ…


        並べてみたら、ナイトカードが一つも入っていなかった…
        純粋に使いやすくていいなぁと、あんまり特別なことを思っていないからかもしれません。
        が、まあこの印象が夏コミまでにどう変化するのか、私自身も楽しみにして、今回はこの辺で。
        | うたまん | ドミニオン | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        今日のドミニオン nocturne
        0

          JUGEMテーマ:ゲーム



          今日の、って言いながら全然今日じゃなくて先週末だったんですけどね。
          ようやく本国最新拡張である、Nocturne(以下は夜想曲とします)が届きまして、少しずつプレイしてるんですが、やはり最新拡張、実際にプレイすると、驚く展開になることがありますね。
          というわけでそんなメモです。


          ネクロマンサー
          アクション コスト4
          廃棄置き場にある、表向きの、持続でないアクションカードをプレイする。そのカードは廃棄置き場に残り、このターンの間裏向きにする。
          準備:3枚のZombieを廃棄置き場に置く。


          弟子ゾンビ
          アクション-ゾンビ コスト3
          手札からアクションカードを1枚廃棄し、+3カード・+1アクションを得てもよい。

          石工ゾンビ
          アクション-ゾンビ コスト3
          山札を1枚廃棄する。それよりコストが最大1高いカードを獲得してもよい。

          密偵ゾンビ
          アクション-ゾンビ コスト3
          +1カード
          +1アクション
          山札を1枚見て、捨てるか山札の上に戻す。



          いきなりカードの効果だけ出しても、という感じですが、Nocturneにはネクロマンサーというカードと、それにセットで付随する、ゾンビという種類のカードが出てきました。
          ネクロマンサーは上記カード効果の通り、廃棄置き場のカードをプレイできる、というものです。
          で、そのネクロマンサーが王国カードとして選ばれた際には、3種類のゾンビが最初から廃棄置き場に存在します。
          なので最低でも、ネクロマンサーはその3種類の効果を選べる、というわけです。
          事前のルールを読んだ時点で「騎士がいる場でネクロマンサーが騎士呼び出すとか面白そうだなぁ」とか「墓暴きとか盗賊で、ゾンビを廃棄置き場から取ると、ネクロマンサーが何もできないカードになったりするなぁ」とかは思ってたんです。

          が、この間、かっちゃんとかみゅさんというLEDメンバーでいつも通り宅飲みでプレイしている際に、王国カードに公爵夫人と行商人がおりまして。
          かっちゃんが私の前のターンにプレイした公爵夫人で、私のデッキトップに行商人がめくれました。
          当然捨てずにデッキトップに置いたままにしていたんですが、ふと見ると私の手札にはネクロマンサーが。
          で、気づいたんですけど。

          デッキトップに行商人がある状態で、ネクロマンサーで石工ゾンビを使うと、行商人廃棄からの属州獲得できるな、という。

          当然これ、行商人は7コストの何らかのカードでもいいですし、植民地場なら行商人廃棄から白金貨獲得もできますね。
          石工ゾンビ強い!とか思ったんですけど、実際はこれ行商人の特性だね、とも思うんですが、まあこういうことも起こるんだなぁと感心しました。
          こういう細かな(限られた)面白いことを探すためにも、しばらくNocturneをプレイしてそうです。
          | うたまん | ドミニオン | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          新年の挨拶とコミケのご報告
          0

            JUGEMテーマ:ゲーム



            年末年始のゴタゴタ(主に旅行と体調不良ですけども)で、全然更新できなかった(元からしてないけど)んですが、ようやく落ち着きましたので、とりあえず更新しようかなと。

            明けましておめでとうございます、今年もよろしくどうぞ


            取り急ぎ、前年からの報告ですが

            LED、コミケ初出展で、完売!

            となりました。


            いやぁ完売とは言うものの、30部しか出してないんですけど、正直「そんな売れないって」って出した30部だったので、結構素直に嬉しかったです。
            ドミニオン的にも繋がりができましたし、来年(つまり2018年ですけど)もドミニオン日本選手権も楽しみだ!となりました。
            本当に、いろいろな面で、コミケ初出展、充実してました、ありがとうございます。よかったよかった
            (とりあえず、LEDメンバーにも未だに「完売なの?」と驚かれること多々、という感じなので、改めてご報告でした)


            しかしまあ今回完売したこともありまして、いよいよ次回もコミケ出展は必須、となってくるとドミニオン以外の製作、創作もやりたくなってきますよね。
            思えばLED的にも棚上げしている案件が多々あるわけで…やりたいと思っていたことをよりいっそうやろう!やります!と宣言できる2018年になればいいなぁとか思っております。


            が、とりあえずは、またVRをいろいろ体験してきたのと、ドミニオンの最新拡張である「Nocturne」をプレイする日々なので、その辺りがブログに書けたらいいよね、ということで…何卒今年もよろしくどうぞ
            | うたまん | ドミニオン | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << June 2018 >>
            + REVIEW
            + CONTENTS
            + NEW REVIEW
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + PR