ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    さあ、才能に目覚めよう
    0




      社交性
      最上思考
      ポジティブ
      コミュニケーション
      包含

      以上が、この本の中に書いてある34の才能の中で、僕が突出している5つの才能なんだそうです。

      というのも、この本は、本のカバー内に書いてあるIDを使うことで、自分の才能を調べる、簡単なテストを受けることができます。
      そのテストをやってみて、出てきたのが、僕のこの5つ。
      おそらく僕をよく知っている人なら、あまりにも僕を表現でき過ぎていて、気持ち悪いと思えるほど、この5つは僕自身を形成していると思います。

      こんな感じで、自分の5つの才能が、他には有り得ない!と思えるほどの精度で出てくるため、就職活動を始める友人には、ほぼ例外なく薦めてきたわけなんですが、この本の凄さはそれだけではありません。

      まず、34の才能の設定の仕方。
      僕の持っているポジティブやコミュニケーション、あるいは社交性というものは、聞けば大体の意味を容易に掴むことができると思うのですが、中には「運命志向」、「自我
      」、「自己確信」、さらに言えば、僕の持っている「包含」というのも、分かりにくい才能かもしれません。
      しかし、その才能の説明を読み、それを理解すれば、これ以上ないほどのネーミングセンスだと思えるほど、才能そのものの、言葉が良いのです。

      そして、普段それが才能だということに気づいていないようなことが、一つの才能として表現されているのも、この本独特な気がします。
      共感性や親密性といった、発揮される対象が心の分野であることも、才能の一つとして扱っていて、こういうことも才能と呼んでいいんだ!という自信や、気づきに繋がる凄い本です。

      また才能の定義から始まって、それぞれの才能の解説、それぞれの才能の活かし方など、これはよくあるその手の本にもある部分なのですが、その部分でさえ、やはり他の本とは違います。
      というのも、この才能によって、人生の選択の幅が狭まるわけではないというのです。

      確かにそれぞれの才能、それぞれの個性があるわけなんですが、この本で表現されている「才能」というのは、物事のアプローチの仕方であって、ある才能があるからといって、何かになれるとか、あるいは逆に何かになれないということはない、と言うのです。
      もちろん、僕が思うに、営業マンにコミュニケーションがあった方が、それは良いのだろうと思います。
      しかし、身近にこの本で才能を調べ、コミュニケーションの才能はないものの、自分の営業トークの問題点を探す「分析思考」と、お客の心を攻める「戦略性」、相手の気持ちを理解する「共感性」を活かして、一人前の営業マンになっている人を知っています。

      つまり、この本で分かる才能とは、「どういうふうにやれば○○になれるか」という自分自身の戦い方、賢く生きる方法であって、「あなたは○○に向いています」というような、選択肢を狭める決め付けではないのです。

      それが、この本の凄さであり、独自性だと思います。
      ぜひ、自身のことを理解するために、己を知って戦いやすくするために、誰にでもオススメしたい本です。
      | うたまん | ビジネス書 | 00:05 | comments(0) | - | - | - |
      スローセックス 完全マニュアル
      0



        昔から(?)こういう類のエロ本が、結構好きな僕だったりするんですが(中学生の時に、複数の女友達に言われた「そういうの上手くないと!」という話が、きっかけな気がします)、本屋で見かけて、そのまま買いに走ったというのは初めてですし、なによりこの手の本を買ったのも初めてでした。
        それぐらい、他の本とは一線を画していた、と言えます。

        変態!というツッコミが出てくるのを覚悟のうえで、話を続けますが、他の本とどう違うかと言いますと、他のこの手の本というのは、「こういう時どうする」のような、Q&A方式になっていることが多い気がするんですが、この本はそんな細かな話はしません。
        いや、もちろんそういった細かな話もしてるんですが、この本はどちらかというと、一つの技術と考え方に重点を置いて、セックスを楽しもう、としています。

        その技術と考え方とは、「アダムタッチ」と「射精しない」というもの。

        アダムタッチというのは、この本の作者である、アダム徳永という人が考えた、性感マッサージの方法のようなものです。
        これを全身に行うことによって、女性の感度が上がる、というもので、凄い効果があります。
        あります、経験談です。

        さらに、そのアダムタッチを使うことによって、マッサージそのものが楽しくなり、男の方が射精を忘れてしまう、という流れを作るのが大事、ということを説いています。
        確かに色々と話を聞いていると、男の方が射精をしたら、それでセックスは終わり、としている人が結構多いことに気づきます。
        前戯の対義語である、後戯、という言葉があるにも関わらず、それはなんとも悲しいのではないかなと。

        というように、個人的には、この技術と考え方が気に入っていて、技術を知らないから女性が感じられない、考え方を知らないから女性を喜ばせられない、というのを解消してくれる一方、経験がないから喜ばせられない、ということはそれほどないんだよ、ということを教えてくれます。
        それが自信に繋がる人もいれば、過去を反省したくなる人もいるかと思いますが、とにかく今までのセックスに対する考え方を覆してくれる、凄い本だと思います。

        自分本位の「ジャンクセックス」をしないとか、女性の体を大切に扱うとか、安心感が大事とか、そういった考え方を根本から学べる辺り、セックスのテクニックを学ぶエロ本ではなく、ある種のモテ本の一つなのではないかとも思える本です。
        人によっては、かなり受け入れ難い話もあるかもしれませんし、自分本位のセックスがしたいだけの男にとっては、アダムタッチ云々は面倒と取られるかもしれません。
        しかし、僕の経験から、この本を通して得られる喜びは、それこそ射精以上のものだと自信も持っていえる辺り、凄い本なんじゃないかなぁと思います。
        にしても、全然ゲームに関係ないよなぁこれ・・・
        | うたまん | ビジネス書 | 06:31 | comments(0) | - | - | - |
        10年後あなたの本棚に残るビジネス書100
        0



          ユダヤ人大富豪を読み、金持ちに憧れ、
          金持ち父さん貧乏父さんを読み、自分のために働くビジネスの大切さを知り、
          オークション代行などなどを経験して、自分のビジネスに対する認識の甘さを実感した僕が、次に手にした本が、これでした。

          折しも世間は、不況の波もあって、勉強本ブーム(僕自身は、これをあまり実感したことはないのですが)らしく、どの本屋でもビジネス書の棚は広がって、何を読めばいいのか分からない状況でした。
          そんなときに、ちょうどこの本を手に入れて、学生時代も終わりそうな頃に、妙に時間だけはあったので、じゃぁこれを元にいろいろ読んでみようかな、と思い立ち、購入しました。

          結果的に、この本のおかげで、様々な本を読むことができたので、購入したのは正解だったんですが、おかげで読む本が多すぎて消化できない、という状況に。
          特に、これだけは読んでおけという10冊が、買ってからかなり時間が経っているのに読めていないというのは、自分の時間の作り方の下手さを実感してしまうようで、反省しなくてはと思います。

          しかしそれくらい、どの本も読む価値を感じずにはいられないものばかりです。
          まぁ、考えてみれば著者のお二人とも、話題のビジネス書ばかり出されている方々なので、そりゃまぁハズレはないかな、とも思うのですが。
          それにしても、絶対読むべき10冊の中に、マンガが入っていたり、なかなか面白い選出もされているので、その理由も合わせて読んでいくと、より面白いかなと思います。

          とりあえず、何かビジネスについて読みたいけど、何を読めばいいか分からない、という方にはオススメしたいです。
          この本をきっかけに、人によってはビジネス書に対する敷居が低くなるのではないかとも思います。
          | うたまん | ビジネス書 | 00:22 | comments(0) | - | - | - |
          金持ち父さん貧乏父さん
          0



            言わずもがな、ベストセラーでありますビジネス書です。
            ロバート・キヨサキという日系人が、二人の父親、実の父親でありずっと働き続けた貧乏な人と、友人の父親でありビジネスの何たるかを教えてくれた金持ちな人、その対比によって、僕たちがお金に対してどうするべきか、というのを教えてくれています。

            「ユダヤ人大富豪の教え」を読んで、金持ちって素晴らしいなぁ、なってみたいかもなぁ、そうでなくても、経済的に自由になりたいなぁ、と考えた僕は、しかしその方法については、まだ漠然とした方法しか、頭にありませんでした。
            ユダヤ人大富豪の方には、好きなことをしようと書いてあるけれど、それでも具体的にどうすればいいんだろう?という感じで。
            そんな中、手にしたこの本には、正にその具体的な方法へと続く考え方が書いてありました。

            というのは、どのようにしてお金を手にしているか、それぞれをクワドラントと言い、従業員、経営者、オーナー、投資家、の4つに区分けして、ほとんどの人間が、従業員や経営者として、誰かのために働いていると表現していました。
            そのうえで、誰かのために働くのではなく、自分のために働く、あるいはお金に働いてもらう、オーナーや投資家にならなければならない、ということを伝えていました。

            正直なところ、そうはいっても、そう簡単にそんなことができるわけはない、とは僕も思ったことなのですが、千里の道も一歩からではなく、ヨチヨチ歩きからでも、本当に少しずつでもいいから、自分のためのビジネスや、お金に働いてもらうことを考えなければならない、そんなふうに僕はこの本に教えてもらいました。

            確かに考えてみると、僕は漠然と、父親や、世の中のほとんどの人がそうするように、どこかの会社で定年まで仕事を続け、それまでは週休二日で頑張るんだろうなと、思っていました。
            しかしよくよく考えてみると、一週間のうちのたった2日しか、自分の自由になる時間がないというのは、果たして楽しい人生なのか。
            さらに言うなら、それを普通と見なしてしまっていいのか、それが当たり前の人生でいいのか、などなど、いろんなことを考えさせられました。

            そもそも、本の内容的にも、従業員として人のために働くのをやめて、自分のために働くという、世間の常識からは外れた、少し突飛な内容であるのは、否めないと思います。
            しかしながら、自分の人生や、お金の問題に、真っ正面から取り組む機会、考える機会を与えてくれるという点では、他のどの本よりも、優れているのではないかと思います。
            なぜなら、貧乏父さんと金持ち父さんの対比は、それを考えさせるのに、これ以上ないほど、分かりやすい事例だからです。

            さらに、著者は、金持ちになるために、そういった「考えること」そのものが大事だと伝えます。
            普段あまり考える機会のない、お金のこと、ビジネスのことを考えることは、自分の人生を設計することに繋がり、つまりはそれが、人生をより良くしていくことなのだと、この本を読んで思いました。

            タイトル的には、完全にお金に関する本なのですが、それだけに留まらず、ビジネスを、人生を考える人には、まず最初に読んでもらいたい、基本になる本だと思います。
            | うたまん | ビジネス書 | 23:01 | comments(0) | - | - | - |
            ユダヤ人大富豪の教え
            0



              大学3年の頃、わけあって、それなりに本格的にビジネスを始めた僕なんですが、その流れのきっかけを創ることになった本が二つありまして、そのうちの一つがこれです。

              元々、こういった本を読むことに、それほど抵抗のあるタイプの人間ではなかった僕なのですが、だからと言ってこの手の、言ってみれば金儲けを考えている人たちが読む本というのを、自ら好んで読むというわけではなかったです。
              そんな僕が、この本を読んだのは、そのビジネスを共に始めようと言い出した、友人のせいだったわけなんですが、この本が僕の予想以上にタメになる本だったので、僕は以降、ドンドンとビジネス書を読み進めることになるわけです。
              そんなわけで、言ってみればこの本は、僕の人生の中で一つの転機を与えてくれた、大切な本かなぁ、なんて思ったりします。

              かつての僕は漠然と、お金持ちに興味がありませんでした。
              それは、わりと子供の頃からお金に困ったことがない、恵まれた環境にいたということもありますし、自分で金運がいいので、将来困ることはないだろう、と何故か漠然と信じていたせいかもしれません。
              しかしとにかく、お金にそれほどの興味はありませんでした。
              なので、お金持ちになりたいという感情が分からず、なんとなくこれも漠然と、そう思う人に対して、がめつい人だなぁ、とか思ったり、実際金持ちの人を見て、そんなに稼いでどうするんだ、というような、どこか蔑んだ目で見ていた気がします。

              しかし、そんな感情が、この本を読んだ後に、一変しました。
              具体的には金持ちは人との勝負に勝った者、なのではなく、人に感謝され、その感謝のお礼として、お金を集めた人なのである、とか、確かにそういった悪い金持ちもいるかもしれないが、そういう金持ちになってはいけない、お金持ちだからといって幸せなわけではない、だからこそ、幸せな金持ちになるためにはどうしたらいいのか、という部分が、当時の僕には衝撃的でした。

              メインのテーマとして、経済的自由人という、お金に縛られない生活を送る人々=本当の金持ち、として扱っており、そこを目指そうというが強く読み取れるのは確かです。
              しかし、金持ちになるどうのこうの以前に、幸せに生きていくことに対する答えに近いものを読み取ることができました。
              そういう意味では、この本は厳密には金持ちになるための本ではなかったりするのですが、そこも良かったのかもしれません。

              なにせ、お陰で僕は、「そうか、じゃぁ僕は金持ちになる必要はなさそうだな」と、違った意味でこの本に勇気付けられたくらいですから。


              とにかく、お金持ちというものが、一体どんなものなのか、お金持ちに対する価値観を、根底から覆してくれた本です。
              以降に入ってくる情報が、この本と矛盾を起こしていないかどうか、というのを気にする辺り、僕の指針になってくれているようにも感じます。
              それくらい、僕にとっての衝撃の本でした。
              | うたまん | ビジネス書 | 01:59 | comments(0) | - | - | - |
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              << September 2017 >>
              + REVIEW
              + CONTENTS
              + NEW REVIEW
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              + CATEGORIES
              + LINKS
              + PR