ゲームに全力って、だめですか?

通称「ゲムだめ」です。
ゲーム、特に最近気になりだしたゲームデザインについて、
色々語るつもりなんですが、それだけじゃなくて日々の色々を書きそうです、多分。
ゲーム性あるいはゲームレビューについて
0
    JUGEMテーマ:ゲーム


    ゲームレビューと称しながら、ゲームの感想を書き続けること、早10年にもなろうかという、うたまんです。
    といっても、ズボラな私なので、レビューの数はそんなでもないんですが。

    最近の私のゲームのプレイ状況は、世間の波に漏れず、ソシャゲをプレイする時間も増えたんですが、意外にもアナログゲームのプレイ時間が増えています。
    そのアナログゲーム(主に人狼とドミニオンですが)をプレイしていて、つくづく思うのが、ゲームの面白さについてでした。

    今までのゲームレビューに関しては、この辺りを見てもらえれば分かる通り、漠然と100点満点中、そのゲームはどれぐらいか、というのを評点としてきました。
    ですが、時が経って改めてレビューの点数を自分で振り返ると、どうにも納得ができないという事態に。
    なんというか、こんな言い方もナンですけど、ファミ通レビューみたいになってるんですよね←


    そんなわけで、ちょっと改めてゲームの面白さを振り返るために、レビューの点数の付け方を改めようと思い立ちました。
    改めてプレイして、懐かしいゲームのレビューとか書いてみたいな、とか思ったのが切欠なんですが、これを機にかつてプレイできなかったゲームを、バーチャルコンソールなりゲームアーカイブなりでプレイできたらなぁ、なんて思う次第です。

    ゲームの点数付を、10点(最高)〜0点(最低)の11段階で、基本9段階(上の中が8点のように)にします。
    で、そのゲームの点数は、ゲームとしての面白さのみに変更します。
    グラフィックが良かろうが、音楽がどれだけ素晴らしかろうが、シナリオがどれだけ感動的だろうが無関係です。
    なので、例えば分かり易い例でいくと、ダンガンロンパというゲームは、個人的には大変好きなゲームなのですが、このゲームとしての面白さに関しては「3点」と付けたりします。
    で、レビューの詳細において、3点のくせに物凄い勢いでオススメする、というような感じにしようかと思います。

    つくづくゲームレビューというか、ゲームの面白さってなんだろう、というところに興味が出てきたので、ちょっとそういったところを重点的に考えてみようと思い立ち、こんなことをやってみることにしました。
    実際のレビューにおいては、ゲーム以外の部分に関しても、当然良かったとか色々書いていきます。
    が、それでもゲームとしての面白さを、これからいっそう追っていきたいなという所存です。


    ってのを書いてから、ゲームレビューに関する更新が全然されなかったりするんですが、それはまあいつものことということで……←
    | うたまん | ゲーム | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    2014年のゲームを振り返る
    0
      JUGEMテーマ:ゲーム


      気が付けば、2014年も最後の月がやってきてまして。

      振り返ってみると、過去二年に渡って、まさかの振り返りというのをやってませんでした。
      こういうの好きなのになぁ自分、と思ってよく考えたら、Facebookでやっていたという始末。

      しかしながら、ゲームについてはやっぱりここで、と思うところもありまして、12月の頭という比較的早い時期ではありますが、残しておこうかと思います。
      というのも、多分今年のゲーム、もうここから買わないだろうというのがはっきりしているので←


      2014年を振り返って、一番最初に出てくるのが、たまぁに記事を残している、千年戦争アイギスです。

      千年戦争アイギス (リンク先は一般版)

      元々はDMMの、他のエロソシャゲをプレイしていた僕が、比較的開始早々の段階で見つけた、タワーディフェンス型のブラウザゲーム。
      最初は多少なり、エロ要素への期待もあったんですが、今は完全にエロのイベントはスキップしてますからね←
      純粋に、ゲームとして面白すぎるという。

      それこそ去年の今頃に開始して(そう思うと、サービス開始から半月ほどで始めている自分にビックリですが)、しばらくは一人でプレイしていたのですが、現在はLINEでプレイヤーの友人たちのグループが出来るぐらいには、周りにプレイ人数も増えて、本当に楽しくプレイしています。
      ブラウザゲームと言った通り、ソーシャル要素はほとんどないんですが、一本のゲームをみんなで話し合いながらクリアするという、それこそ小中学校で昔やったような雰囲気になっておりまして、大変遊べています。

      そろそろ飽きるかなぁ、と思ったタイミングで、前例のないイベントなどなどが出てくる辺りも、大変有難い。
      個人的には無課金なので、グッズ課金しかしない流れなんですが、これからも頑張って頂きたいなと思います。
      (そういえば、あんまり運営に文句が出ないネットゲームというのも珍しいかな、とか思ったり)


      そして次に出てくるのが、カードゲームのドミニオン

       もうほんと、アホかというぐらいにハマりました。
      元々これも、去年の今頃に、閉店する本屋兼アナログゲーム屋での閉店セールで、海辺と基本カードセット(拡張版のみでプレイするために必要)を買ったのが始まりでした。

      そこからドハマリして、長らく暗黒時代と異郷という、後期の拡張版が手に入らなかったんですが、ようやく10月頃に再販されて、そちらも確保。
      現在全拡張版を揃えて、毎休日には黙々とプレイする流れが。

      元々、運と戦略の絡むゲームは好きなのですが、そもそもカードゲームというのはどうしたってお金がかかるので、ケチな私は比較的そういったものにハマらずな人生でした。
      それこそ、小学生の頃にポケモンカードが流行ったんですが、あまりに金を使うそのシステムに辟易して、ハマることを諦めました。(書いてて思ったけど、小学生の頃からケチというのはどうなのか)

      で、その代わりにハマったのが、カルドセプトだったわけなんですが、ドミニオンはアナログゲームにして、このカルドセプトと同様に、揃えればそこからお金はかからないんですよ、大変に経済的。
      ただし、ゲームそのものは、自分のデッキにカードを揃えていくというルールでして、なんというか本当に、このゲームの発想に未だに感心します。

      加えて、これは環境が本当に良かったと思うわけなんですが、一緒にプレイして、共に強くなっていく仲間がいたのもあってのドハマリでした。
      それぞれの性格が本当によく出るなぁと思うんですが、金貨厨がいたり、コンボ厨がいたり、アタックカードで妨害するのを好む人がいたり、圧縮に走る人がいたり、そして私は特に特殊勝利点が好きだったりするんですが、プレイヤーの数だけプレイする幅を作ってくれる、ドミニオンの懐の深さが凄いなと。
      広告も兼ねて載せた、オリジナルのドミニオンに関しては、発売から既に4年が経とうかというぐらいなので、全くもって旬ではないんですが、先人プレイヤーの教えを活用しながら、まだまだ楽しみたいと思います。
      しかも更なる拡張版が出るなんて話もあるので……いやしばらくはやってそうですねこれは。



      と、ここまであんまり当ブログらしくないゲームばかり上げていますが、正直いわゆる家庭用ゲーム機のゲームをほとんどやっていません。
      嫁の買ったものを合わせても、シェリーのアトリエと、ドリームクラブgogoぐらい…

       とはいえ、そのドリームクラブgogoに関しては、それなりにプレイしましたが。
      相変わらずぶっ飛んだキャラ設定とストーリー、そしてドリクラに通うことで「攻略されてる感」のあるプレイ感覚
      (人に依るんですけど、私としては褒めてます)
      新キャラになっても変わらずドリクラで一安心でした。

      しかしまぁなんというか、ある意味本当にキャラと歌が変わっただけという感じなので、比較的この後のゲーム展開が心配ですね……
      まぁでも、ドリクラの舞台のキャストでダンス、っていうのをゲームショウでも見たし、大丈夫なのかなとも思っていますが。

      そういえば、一番見た目の可愛らしい、ちりちゃんというキャラがあまりにもぶっ飛んでいるせいで、このゲーム、全員分のクリア前に投げたのを思い出しましたね、やらなければ。
      少なくとも、制服の可愛さ一つをとっても、こちらの方が私は好きです←


      で、シェリーのアトリエに関しては見てただけなので、特に書けることもなく……

      とはいえ、今年のゲームに限らなければ、ちょっとはプレイしてました。

      まずは龍が如く5
      ゲームショウで龍が如く0が気になったこともあって、改めてプレイ。
      現在未だに遥をプレイしている、物語半ばかな?といったところですが、それにしてもやっぱり龍が如くは面白いなぁと実感するわけで。
      4の多数主人公の後の、全員が集まる話が微妙だっただけに、今回も多少不安なところはありますが……それでも4より確実にストーリーも面白そうなので、これは着実にプレイしたいかなと。

      それ以外では、プレイステーションプラスの会員になっているお陰で、多少アーカイブのセールやら無料期間などなどがあり、今更東京魔人學園剣風帖をプレイしたりしてまして。
      むしろこういう懐かしいゲームをプレイすることが多いなぁ、なんていう次第です。
      改めてガンパレードマーチをプレイしてみたり……


      そんなわけで、ざっくりと自分の2014年のゲームを振り返ってみましたが、なんつーかゲームショウに行く前は、もうゲームやれないなぁとか思っていたので、ほとんど振り返ることもなく……
      でも考えてみれば、人狼にしてもドミニオンにしても、そしてアイギスにしてもゲームですからね、やっぱりやってんだなという次第です。

      来年は、本当に期待大の龍が如く0が出ますし、ドミニオンや人狼などなどのアナログゲームをプレイしているためか、ゲームデザインについて興味が沸いてきたので、その辺りのことを記録していけたらと思います。

      そうそう、何気に友人に「ゲーム探してたらゲムだめに辿り着いた」なんて言われてしまったので、過去の遺産と思わずに、ちょっとは更新しようかなぁと思ったのです。
      なので来年は、ちょっとは色々更新できたらいいなぁ←といってまた更新しなくなるのが目に見えてるんですけど
      | うたまん | ゲーム | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      TGS2014メモ
      0
        JUGEMテーマ:ゲーム


        というわけで、タイトル通りですが、東京ゲームショウ2014に参加してきたので、メモです。
        何気に去年参加していないので、2年ぶりということになったわけなんですが、全体的には楽しめたかなと思います。

        ・初日早々、空いてるという理由でやってみた「サンセットオーバードライブ」というXBOXONEの洋ゲーがなかなか面白い。ジェットセットラジオを思わせるような移動方法で、襲ってくるミュータントをボコスカやるゲームです。ライオットアクトのプレイ感覚に近かった気がする。なんとなく

        ・地球防衛軍4.1もなかなか面白い。まぁ、地球防衛軍が面白くないわけないんですけど、戦隊モノの合体後のロボット操って、ゴジラみたいなのと戦うシーンはなかなかの見応え。

        ・大逆転裁判は久々にタクシューこと巧舟がシナリオを書いているみたいだけど、明治維新の頃が舞台になっててシャーロックホームズが出てきたり、女体化ワトソンが出てきたりと、なかなか異色。ただ、そのこととは無関係にあんまり面白そうに見えなかったのは何故なのか…

        ・タップダンスを題材にした3DSのゲーム、ゲームはともかくタップダンスの演者はすんごかった

        ・カオスチャイルドのイベント、千代丸社長いなくてなんだか微妙な…あ、でもゲームは変わらず面白そうでしたね。XBOXONEが欲しいなぁと思うぐらいには期待のゲーム

        ・龍が如くゼロは面白そう過ぎてもう…絶対買おう、何ならPS4ごと買おう、となったぐらい。3ぶりぐらいに、シナリオの面白さが復活するのではないかと期待。何より主役の一人があの真島の兄さんですからね。

        ・コーエーテクモのコスプレコンテストが、まさかの2年ぶり復活とのことで。相変わらずヤングが面白かったです。そして意外にも男性陣が素晴らしかった。

        ・最終日の最後、チャリティオークションで、まさかの巧舟のサイン入りポストカードを落札。鷲崎と軽く会話したりと、なかなか刺激的でした


        大まかにはこんなもん?
        なんというか、あんまり手広く回らずに、一つの場所にずっといた、という印象が強いかもです。
        とりあえず龍が如くゼロのために、龍が如く5をやろうということで。
        そしてゲームショウ、なんだかんだ面白いので、来年も行こう、そうしよう
        | うたまん | ゲーム | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        人狼のゲームバランスについて考えてみる その11 奴隷と貴族
        0
          JUGEMテーマ:ゲーム


          またまた間が空きましたが、続けていきます、人狼のゲームバランスについて。
          今回はセットになっている、貴族と奴隷について、早速役職の詳細です。

          貴族 別名:人形使いなど
          投票権が2倍になっている。
          奴隷が誰かは分からないが、奴隷が生きている状態で人狼に襲撃されると、貴族の身代わりに奴隷が死ぬ。
          それ以外の点は、村人と変わらない

          奴隷 別名:人形など
          被投票権がマイナス1(誰かに一票入れられても、票数的には0)
          貴族が誰か分かり、自身が生きている状態で、貴族が人狼に襲撃されると、貴族の身代わりに死んでしまう。
          勝利条件は、村人陣営の勝利且つ貴族が死んでいること


          少し考えてもらうと分かるのですが、上記の通りでは奴隷が勝つのは相当難しいです。
          なので、サークルで採用の時には、基本的に村人陣営であり、奴隷の条件を満たすと、ボーナスポイントという形で採用しています。

          まず、何故奴隷が勝つのが難しいかと言えば、貴族の死が条件になっているにも関わらず、自身が身代わりとなって襲撃から守ってしまうという点です。
          これによって、人狼側に貴族である、というのを勘付かれるわけですが、だからといって人狼がわざわざ貴族を殺しに行く理由もありませんし、処刑されるのを待つしかないわけです。
          しかしながら、奴隷に命を狙われている以外は、ほぼただの村人です。
          処刑される可能性も高くないですし、その方向に話を持っていこうにも、自分は既に死んでいる……というわけです。

          そのため、奴隷が存命中に貴族の処刑を狙おうと、預言者などを騙り、貴族を人狼だと言ったりするのですが、当然霊媒師などによって偽物なのがバレると…

          初日昼:貴族処刑→初日夜:村人陣営が襲撃→二日目昼:奴隷処刑

          なんていう流れになり、途端に村人陣営がピンチになったりします。

          そんなわけで、どう動いても勝ちにくい、結構大変な役職だったりするんですが、その分自分は処刑で死ににくいようになっているので、なんとか長く生き残って、少しでも貴族を殺せるようにしたいところですね。

          逆に、貴族の方は、投票が2票分になっていることに注意すれば、あとはそれほど村人と変わるわけでもありません。
          自分の命を狙う奴隷の存在が気にかかるところですが…逆にやたらと処刑を訴えてくる奴に、「お前奴隷なんじゃないの?」とか言ってみたら面白いかもなんて。

          ちなみに、うちのサークルではほとんど採用したことがないこの役職(入れたいなぁとは思っているのです)ですが、ログなんかを見ていると、人外が貴族や奴隷を騙っていたりして面白いです。
          思えば貴族は、ほぼ村人と変わらないわけですからね、人狼も騙りやすいんだろうなぁという感じです。

          ちなみにちなみに、奴隷から見れば貴族が分かる、ということは、一方的に奴隷からすれば一人の村人陣営が分かるということでもあります。
          まぁ、「あいつは貴族だから村人だよ」なんて言った時点で、ボーナスポイントは取らせまいという流れになるので、あまりオープンにできない情報なんですが…
          そんなことが役に立つ可能性もあるよ、という感じですね。


          | うたまん | ゲーム | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          人狼のゲームバランスについて考えてみる その10 逃亡者
          0
            JUGEMテーマ:ゲーム


            今回は、ネット人狼でも、一部で採用されている、逃亡者です。
            まずはいつも通り、役職の詳細を!

            逃亡者
            毎晩、逃走先となる人物を選びます。
            逃走先が人狼であれば、翌日、逃亡者は死体となります。
            逃亡先が村人でも、その人がその日、人狼に襲撃されると、あなたが身代わりとなり、あなたの死体だけが翌日現れます。
            また、もし襲撃先の村人がボディガードに守られていても、あなたは翌日死体となります。
            ただし、あなたは人狼の襲撃先に直接選ばれたとしても、逃走しているので死にません(直接襲撃無効)
            加えて、ボディガードはあなたを護衛しても、襲撃から守れません(護衛無効)
            あなたは、村人陣営が勝利し、尚且つ自身が生存している時のみ、勝利となります。


            人狼ゲームというものの鉄則として、チーム戦であること、そして自分が死んでもチームが勝てば問題ないという点を、初期の頃に誰もが覚えることとなるのですが、それらの基本に反する、珍しいタイプの役職です。

            僕らのサークルでは、そもそも勝利条件が厳しいので、勝利ポイントを高めに設定しているんですが、それでもやはり割りに合わないぐらい勝てない、勝ちにくい役職です。
            そもそも何せ、人狼を逃走先に選んだ晩に即死なので、預言者並の人狼を探る能力が必要です。
            更に加えて、人狼の襲撃先を読まなければならない、ボディガードのような経験値も必要となります。

            更に更に、こんなことは稀ですか、逃亡者本人は直接狙われても人狼に襲撃されないので、妖狐と思われて処刑され、本物の妖狐が勝ってしまうという流れも。
            とにかく難易度の高い、本当に特殊な役職だと思います。

            とはいえ、村人陣営に与える情報は、かなり多く重要です。
            即死しなければ、逃亡先を伝えることで、預言者と同等の、村人確定を行えますし、身代わりになるとはいえ、人狼の襲撃から誰かを守ることもできます。
            それをやったところで、逃亡者本人にメリットがないのが悲しいところですが…
            とはいえ、情報を増やす意味合いでも、逃亡者を村人陣営の人は大事にするべきでしょう

            そんなところを突いて、人狼が逃亡者を騙る、なんて戦いが生まれたら面白いなぁとも思っているのですが、騙るのも大変でしょうしねぇ…
            ちなみに、上述の通り、妖狐が若干強くなってしまうので、この逃亡者についても、やはり少人数で入れるのはバランスブレイカーになってしまうかもしれません。

            とはいえ、役職多めのゲームに入れると、なかなか面白くなります。
            逃亡者本人は、大変ですが…


            | うたまん | ゲーム | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>
            + REVIEW
            + CONTENTS
            + NEW REVIEW
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + CATEGORIES
            + LINKS
            + PR